マルチサイトマネージャーによる翻訳の強化

AEMの堅牢な翻訳フレームワークを使用すると、AEMコンテンツをサポートされている翻訳ベンダーによってシームレスに翻訳できます。

AEM 6.5の翻訳の機能強化

AEM 6.5の翻訳機能の強化には、次のものが含まれます。

翻訳ジョブの自動承認:翻訳ジョブの承認フラグはバイナリプロパティです。標準のレビューおよび承認ワークフローを実行したり、それと統合したりすることはありません。 翻訳ジョブのステップ数を最小限に抑えるには、翻訳プロジェクトの詳細プロパティで、デフォルトで「自動承認」に設定されています。 組織で翻訳ジョブの承認が必要な場合は、翻訳プロジェクトの詳細プロパティで「自動承認」オプションをオフにできます。

翻訳ローンチを自動的に削除:後でローンチ管理で翻訳ローンチを手動で削除する代わりに、昇格後に翻訳ローンチを自動的に削除できるようになりました。

翻訳オブジェクトをJSON形式で書き出す:AEM 6.4以前のバージョンは、翻訳オブジェクトのXMLおよびXLIFF形式をサポートしています。システムコンソール設定マネージャーを使用して、書き出し形式をJSON形式に設定できるようになりました。 翻訳プラットフォーム設定を探して、書き出し形式をJSONとして選択できます。

翻訳メモリ(TMS)内の翻訳済みAEMコンテンツを更新します。AEMへのアクセス権を持たないローカルの作成者は、AEMに直接取り込まれた翻訳済みコンテンツをTMSに直接取り込み、AEMで翻訳ジョブをTMSからAEMに再送信して翻訳を更新できます。

AEM 6.4の翻訳の機能強化

作成者は、サイト管理者またはプロジェクト管理者から直接多言語翻訳プロジェクトをすばやく簡単に作成でき、自動的にローンチをプロモーションするようにプロジェクトを設定したり、自動化のスケジュールを設定したりできます。

その他のリソース

このページ