エクスペリエンスフラグメントとAdobe Target統合の設定

Adobe Experience Manager 6.4では、AEMとTargetの間のパーソナライゼーションワークフローが再設計されました。 AEM内で作成されたエクスペリエンスを、HTMLオファーとしてAdobe Targetに直接配信できるようになりました。 これにより、マーケターは様々なチャネルをまたいでコンテンツをシームレスにテストし、パーソナライズできます。

メモ

at.jsクライアントライブラリの使用をお勧めします。ベストプラクティスは、Launch by Adobe、AdobeDTM、またはサードパーティのタグ管理ソリューションなどのタグ管理ソリューションを使用して、サイトページにターゲットライブラリを追加することです

  • エクスペリエンスフラグメントフォルダーに適用されたTarget Cloudサービス設定は、親フォルダーの直下に作成されたすべてのエクスペリエンスフラグメントを継承します。 子フォルダーは親クラウドサービスの構成を継承しません。
  • Targetクライアントコードは、 Adobe Experience Cloud / LaunchのTarget /「セットアップ」タブ/実装/ at.js設定を編集から取得できます。
  • Target APIのユーザー名とパスワードは、エクスペリエンスフラグメントのTarget統合機能を有効にするリクエストを含むチケットをClientCareに送信することで取得できます。

その他のリソース

このページ