エクスペリエンスフラグメントと Adobe Target の統合のセットアップ

最終更新日: 2023-04-28
  • 作成対象:
  • Intermediate
    Admin
    Developer

Adobe Experience Manager 6.4 は、AEM と Target の間のパーソナライズ機能ワークフローを新たに認識します。AEM 内で作成されたエクスペリエンスは、HTML オファーとして Adobe Target に直接配信できるようになりました。これによりマーケターは、様々なチャネルをまたいでコンテンツをシームレスにテストし、パーソナライズできます。

メモ

at.js クライアントライブラリの使用をお勧めします。また、ベストプラクティスは、Experience Platform Launch、Adobe DTM、サードパーティのタグ管理ソリューションなどのタグ管理ソリューションを使用して、サイトページにターゲットライブラリを追加することです。

  • エクスペリエンスフラグメントフォルダーに適用される Target のクラウドサービス設定は、親フォルダーの直下に作成されたすべてのエクスペリエンスフラグメントに継承されます。子フォルダーは親クラウドサービス設定を継承しません。
  • Target クライアントコードは、Adobe Experience Cloud/Launch Target/「設定」タブ/実装/at.js 設定を編集から取得できます。
  • Target API のユーザー名とパスワードを取得するには、エクスペリエンスフラグメントと Target の統合機能を有効にすることを求めるリクエストを含んだチケットをクライアントケアに送信します。

その他のリソース

このページ