Adobe Target 内でのエクスペリエンスフラグメントオファーの使用

最終更新日: 2024-01-29
  • 作成対象:
  • Beginner
    User

Adobe Experience Manager は、AEM と Target の間のパーソナライズ機能ワークフローを新たに認識します。 AEM 内で作成されたエクスペリエンスは、HTML オファーとして Adobe Target に直接配信できるようになりました。これによりマーケターは、様々なチャネルをまたいでコンテンツをシームレスにテストし、パーソナライズできます。

メモ

at.js クライアント ライブラリを使用することをお勧めします。ベストプラクティスは、Experience Platform Launch、Adobe DTM やサードパーティのタグ管理ソリューションなどのタグ管理ソリューションを使用して、ターゲットライブラリをサイトページに追加することです。

  • Adobe Experience Manager の使いやすく強力なコンテンツ作成メカニズムと、Adobe Target の人工知能(AI)および機械学習を組み合わせて使用すると、コンテンツ作成者はすべてのチャネルのコンテンツを一元的に作成および管理することができます。 エクスペリエンスフラグメントを HTML オファーとして Adobe Target に書き出す機能により、マーケターはこれらのオファーを使用して、高度にパーソナライズされたエクスペリエンスをより柔軟に作成できるようになり、作成した各エクスペリエンスをテストおよびスケールできるようになりました。
  • HTML オファーとエクスペリエンスフラグメントオファーの主な違いは、後者の編集は AEM でのみ行なえ、その後 Adobe Target と同期できることです
  • エクスペリエンスフラグメントフォルダーに適用される Target のクラウドサービス設定は、親フォルダーの直下に作成されたすべてのエクスペリエンスフラグメントに継承されます。子フォルダーは親クラウドサービス設定を継承しません。
  • パーソナライズされたオファーを作成するために、AEM 内に保存されたコンテンツを簡単に活用できるようになりました。
  • 自動割り当て、自動ターゲット、Automated Personalization などの Adobe Sensei を利用したアクティビティを含む、様々な種類の Target アクティビティを作成できます

その他のリソース

このページ