パーソナライゼーション用のContextHubの設定

ContextHub は、コンテキストデータを保存、操作および表示するためのフレームワークです。ContextHub JavaScript API を使用してストアにアクセスし、必要に応じてデータを作成、更新および削除できます。したがって、ContextHub はページ上のデータレイヤーに相当します。 このページでは、AEMサイトページにContext Hubを追加する方法について説明します。

メモ

このビデオではWKNDリファレンスサイトを使用していますが、AEMリリースには含まれていません。 最新バージョンはからダウンロードできます。

ContextHub機能を有効にし、ContextHub JavaScriptライブラリにリンクするには、ContextHubをページに追加します。 ContextHub JavaScript APIを使用すると、ContextHubが管理するコンテキストデータにアクセスできます。

ページコンポーネントへの ContextHub の追加

ContextHub機能を有効にし、ContextHub JavaScriptライブラリにリンクするには、Webページの<head>セクションにcontexthubコンポーネントを含めます。 ページコンポーネントのHTLコードは、次の例のようになります。

<!--/* Include Context Hub */-->
<sly data-sly-resource="${'contexthub' @ resourceType='granite/contexthub/components/contexthub'}"/>
*/-->

サイト設定とContextHubセグメント

ContextHub には、セグメントの管理や、現在のコンテキストで解決されるセグメントの判断をするセグメント化エンジンが含まれています。いくつかのセグメントが定義されています。JavaScript API を使用して、解決されたセグメントを判断できます。設定ブラウザーで、サイトのContextHubセグメントを有効にします。

セグメントの作成

ティーザーのルールとして機能するAEMセグメントを作成します。 つまり、ティーザー内のコンテンツがWebページに表示されるタイミングを定義します。 一致するセグメントに基づいて、訪問者のニーズと関心に特化したコンテンツを表示できます。

サイトへのクラウド設定、セグメントパス、ContextHubパスの割り当て

クラウド設定のパス、セグメント化のパス、ContextHubのパスをサイトのルートノードに割り当てて、オーディエンスに合わせてパーソナライズされたエクスペリエンスを作成できます。 ContextHubを使用すると、コンテキストデータを操作し、解決されたセグメントをテストできます。

CRXDE Lite

ContextHubとセグメント化について詳しくは、以下を参照してください。

このページ