スタイルシステムの使用

Adobe Experience Managerのスタイルシステムを使用すると、バックエンド開発を行わずにコンポーネントを視覚的にバリエーションでき、AEMコンポーネントをより良く再利用し、より多用途で効率的なコンテンツオーサリングを実現できます。 スタイルシステムをAEMコアコンポーネント、テンプレートエディター、レスポンシブレイアウトと組み合わせて使用すると、豊富なエクスペリエンスをすばやく作成する強力な機能を利用できます。

このビデオでは、CSSのみを使用して、1つのコンポーネントに対してスタイルシステムを活用して、大幅に異なる外観を作成する方法を説明します。

表示されるスタイルは、WKNDアプリケーションによって提供されます。 これらのスタイルはCSSとして定義され、コンポーネントのバックエンドロジック、HTLスクリプトまたはSlingモデルを変更する必要はありません。

その他のリソース

スタイルシステムを使用した開発方法を学びたい場合は、 次のチュートリアルをチェックアウトします。

このページ