スタイルシステムの使用

最終更新日: 2024-01-29
  • トピック:
  • Style System
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Intermediate
    User

Edge 配信サービスを使用して AEM Sites から公開するには、こちらをクリックしてください。

Adobe Experience Manager のスタイルシステムを使用すると、バックエンドの開発をしなくてもコンポーネントの視覚的なバリエーションが可能になり、AEM コンポーネントの再利用性が向上し、より多用途で効率的なコンテンツのオーサリングが可能になります。 スタイルシステムを AEM コアコンポーネント、テンプレートエディター、レスポンシブレイアウトと組み合わせて使用すると、豊富なエクスペリエンスをすばやく作成するための強力な機能が提供されます。

このビデオでは、CSS のみを使用して、スタイルシステムを活用し、単一のコンポーネントに対して劇的に異なる外観を作成する方法を説明します。

表示されるスタイルは、WKND アプリケーションによって提供されています。これらのスタイルは CSS として定義され、コンポーネントのバックエンドロジック、HTL スクリプトまたは Sling モデルを変更する必要はありません。

その他のリソース

スタイルシステムを使用した開発方法を学びたい場合は、 次のチュートリアルをチェックアウトしてください。

このページ