AEM Sites UIとナビゲーション

次のビデオでは、AEMオーサー環境を使用する際の基本操作の概要を説明します。 これはサイトコンソールを基礎として使用します。

このビデオでは、次の機能を紹介します。

  • タッチ操作対応UI
  • グローバルナビゲーションパネルは、次の要素で構成されます。
    • ナビゲーション - コンパスと、

      コンソール 目的
      Assets これらのコンソールを使用して、画像、ビデオ、ドキュメント、オーディオファイルなどのデジタルアセットを読み込み、管理できます。同じAEMインスタンス上で実行されているどのWebサイトでも、これらのアセットを使用できます
      エクスペリエンスフラグメント エクスペリエンスフラグメントは、チャネル間で再利用でき、バリエーションがあるスタンドアロンエクスペリエンスで、エクスペリエンスやエクスペリエンスの一部を繰り返しコピー&ペーストする手間を省きます
      フォーム このコンソールを使用すると、フォームとドキュメントを作成、管理、および処理できます
      パーソナライズ機能 このコンソールには、ターゲットとなるコンテンツをオーサリングし、パーソナライズされたエクスペリエンスを提示するためのツールのフレームワークが用意されています
      プロジェクト プロジェクトコンソールでは、プロジェクトに直接アクセスできます。プロジェクトは仮想ダッシュボードです。チームを構築し、そのチームがリソース、ワークフローおよびタスクにアクセスできるので、共通の目標に取り組むことができます
      Sites サイトコンソールでは、AEM インスタンス上で実行される Web サイトを作成、参照および管理できます。これらのコンソールを通じて、Webサイトページの作成、編集、コピー、移動および削除、ワークフローの開始、ページの公開を行うことができます
    • ツール - ハンマーで表される

  • オムニサーチ
  • ソリューション切り替え
  • ヘルプ
  • 通知
  • ユーザーのプロパティ
  • パネルセレクター
  • AEM Site Consoleの表示
    • リスト表示
    • 列表示
    • カード表示

その他のリソース

このページ