AEMヘッドレスチュートリアル

Adobe Experience Manager(AEM)には、ヘッドレスエンドポイントを定義し、そのコンテンツをJSONとして配信する複数のオプションがあります。 実践チュートリアルを使用して、様々なオプションの使用方法を学び、何が適切かを選択します。

ヒント

このチュートリアルのコレクションは、を行って​学びたい人向けに設計されています。 詳しくは、AEMヘッドレス開発者ジャーニーを参照してください。 この一連のチュートリアルとジャーニーは互いを補完し合っています。

APIによるTutorials

GraphQL API

アプリケーションでAEM GraphQL APIを使用してコンテンツをクエリする方法を説明します。

トークンベースの認証

アプリケーションがAEMで安全に認証される方法を説明します。

コンテンツサービス

アプリケーションでREST APIを使用してコンテンツを使用する方法を説明します。

Tutorials(フレームワーク別)

使用するテクノロジーに基づく次のチュートリアルを参照します。 コンテキスト内オーサリングとエクスペリエンス管理のオプションを使用して、AEMが純粋なヘッドレスの使用例を超える方法を説明します。

React — ヘッドレス

純粋なヘッドレスシナリオでGraphQLを使用してReact JSアプリを構築します。

React — リモートエディター

リモートでホストされたReactアプリケーションの一部をコンテキスト内で作成する。

React - SPA Editor

AEM SPAエディターを使用して、Reactアプリの完全なエクスペリエンスを管理します。

React — ヘッドレス

AEM SPAエディターを使用して、Angularアプリの完全なエクスペリエンスを管理します。

Angular — コンテンツサービス

Content ServicesとRESTを使用して、モバイルAndroidアプリケーションを強化します。

Node.js — 認証

認証には、開発者とサービストークンを使用してNode.jsアプリを構築します。

このページ