Dynamic Media Classicベストプラクティスチュートリアル

このガイドは、Dynamic Media Classicの現在および新規ユーザーが、Adobeの強力なリッチメディアソリューションで実行できる操作をより深く理解できるようにすることを目的としています。 それには、次の手順を実行します。

  • Dynamic Media Classicの概要とその概要、および主な機能とユーザーインターフェイス (UI) の概要を説明します。
  • ソリューションでアセットを操作する際に従う一般的な作成、作成、配信ワークフローについて説明する。
  • ソリューションを使用し始める前に設定する重要な項目について説明します。
  • ソリューションのコア機能のいくつかの使用について詳しく説明します。

このガイド全体を通して、例、ヒント、ベストプラクティスを紹介します。 また、Dynamic Media Classicを使用する際に知っておくべき重要な用語や概念についても説明します。 特定のトピックに関して利用可能な場合は、関連するウェビナー、ブログ投稿、オンラインドキュメントを参照します。

このガイドでは、Dynamic Media Classicソリューションから大きな価値を引き出すために必要な情報を提供していただけることを願っています。 このガイドの各章をより簡単に移動するには、ガイドの左側にあるブックマークアイコンをクリックして、内容を確認します。

Dynamic Media Classicの概要

Dynamic Media Classicは、リッチメディアコンテンツの作成、作成、配信をおこなう顧客のハブです。 Dynamic Media Classicは、統合されたリッチメディア管理、公開、および提供環境です。 リッチメディアは、Web、印刷資料、電子メールキャンペーン、Web アプリケーション、デスクトップ、デバイスを含む、すべてのマーケティングチャネルとセールスチャネルに配信できます。

画像サービングは、おそらくDynamic Media Classicで最も使用されている機能です。 実際、ほとんどのお客様はDynamic Media Classicを使用して、ズーム用やリッチメディア用の画像を含め、Web サイト上のすべての画像を提供します。 ただし、ビデオの配信や、配信される画像を最適化する AI の使用など、他の多くの目的にも使用できます。

Dynamic Media Classicの主な機能

このガイドでは、Dynamic Media Classicの次の主要機能について説明します。

  • ダイナミックイメージング. リアルタイムの編集、書式設定とサイズ設定、インタラクティブなズームとパンを指す包括的な用語。色とテクスチャのスウォッチ360 度スピン;画像テンプレート;マルチメディアビューア
  • ビデオ. 最終的なビデオをアップロードし、公開し、設定可能なビデオビューアに順次ダウンロードします。
  • スマートイメージング. Adobe Sensei AI 機能を利用し、既存の「画像プリセット」と連携して、クライアントのブラウザー機能に基づいて画像の形式、サイズ、画質を自動的に最適化することで画像配信のパフォーマンスを向上させるテクノロジー。

このソリューションのその他の機能については、 Dynamic Media Classicのドキュメント.

Dynamic Media Classicユーザーインターフェイス (UI)

Dynamic Media Classicのメイン UI は、次の 3 つの主な領域で構成されます。グローバルナビゲーションバー、アセットライブラリ、参照パネル/ビルドパネル

画像

Dynamic Media Classic UI

グローバルナビゲーションバー. 画面の上部にあるこのバーのボタンを使用して、ソリューションの主な領域や機能にアクセスできます。 例えば、この機能を使用してアップロード機能にアクセスし、様々なアセット作成領域(画像セット、スピンセットなど)を開き、画像プリセットやビューアプリセットの設定などの重要なタスクを実行し、アセットを公開します。 ここから、ジョブを監視したり、最近のアクティビティを表示したり、様々なヘルプオプションから選択したりできます。

アセットライブラリ. 画面の左下にあるのがアセットライブラリパネルです。アセットライブラリは、作成するフォルダーとサブフォルダーにアセットを整理するために使用するパネルです。 パネルの上部には、アセットを見つけるのに役立つ検索とフィルターが表示されます。 詳細検索では、複数のオプションを検索条件として指定し、そのアセットに添付されている非表示のメタデータフィールドを含めて検索することができます。 パネルの下部で、ごみ箱アイコンをクリックすると、削除された項目を表示できます。 最初は、最上位のフォルダー(アカウント名と同じ名前)を除き、どのフォルダーでも開始しません。

メモ

ごみ箱に入れたアセットは、復元しない限り、配置後 7 日後に自動的に完全に削除されます。

パネルを参照/作成します。 これは UI の中央部で、参照モードでアセットを参照するか、ビルドモードの場合は、アセットをワークフローの一部として作成するためのキャンバスとして使用します。 最初にログインすると、参照パネルが表示されます。 画面の中央には、グリッド表示の画像のサムネールバージョンが表示されます。 リスト表示に変更したり、アセットを選択して詳細表示を使用してその詳細を表示することができます。

重要

各アセット ID の横に、 公開用にマーク スイッチ 切り替えがオン(緑)の場合は、アセットが公開用にマークされていることを示します。

画像

ヒント

を選択します。 アップロード後に公開 チェックボックス(アップロード時にアセットを自動的に公開するために使用)

詳細情報: Dynamic Media Classicの UI の操作.

このページ