AEM as a Cloud Service のキャッシュ

最終更新日: 2024-01-29
  • 作成対象:
  • Intermediate
    Developer

AEM as a Cloud Service では、キャッシュの理解が重要です。キャッシュには、システム効率を向上させ、読み込み時間を短縮するために、以前に取得したデータの保存と再利用が含まれます。このメカニズムにより、コンテンツ配信が大幅に高速化され、web サイトのパフォーマンスが向上し、ユーザーエクスペリエンスが最適化されます。

AEM as a Cloud Service には複数のキャッシュレイヤーがあり、オーサーサービスとパブリッシュサービスで異なる戦略があります。

AEM as a Cloud Service のキャッシュの概要

AEM のキャッシュ

AEM as a Cloud Service には、CDN、AEM Dispatcher およびオプションで顧客の管理による CDN を含む、堅牢で設定可能なマルチレイヤーキャッシュ戦略があります。レイヤー全体のキャッシュを微調整してパフォーマンスを最適化し、AEM が最高のエクスペリエンスのみを提供できるようにします。AEM では、オーサーサービスとパブリッシュサービスに対してキャッシュの問題が異なります。各サービスのキャッシュ戦略については、以下で詳しく説明します。

AEM パブリッシュサービスのキャッシュ

AEM パブリッシュサービスは、管理による CDN と AEM Dispatcher を使用して、エンドユーザーの web エクスペリエンスを最適化します。

学ぶ

AEM オーサーサービスのキャッシュ

AEM オーサーサービスは、管理による CDN を使用して、最適化されたオーサリングエクスペリエンスを提供します。

学ぶ

このページ