AEM as a Cloud Service へのアクセスの設定

AEM as a Cloud ServiceはAEMアプリケーションを利用するクラウドネイティブな方法です。そのため、Adobe IMS(Identity Management System) を利用して、管理者と通常のユーザーの両方を AEM Author サービスにログインしやすくします。

Adobe Admin Console

Adobe IMSのユーザー、グループ、製品プロファイルをAEMグループおよび権限と連携させて使用し、AEM オーサーサービスへの詳細なアクセスを提供する方法について説明します。

Adobe IMSユーザー

AEM オーサーサービスへのアクセスを必要とするユーザーは、次のように管理されます。 Adobe IMSユーザー in Adobeの AdminConsole. ユーザーのAdobe IMS、およびユーザーがAdmin Consoleでアクセスおよび管理される方法について説明します。

Adobe IMSユーザーの詳細

Adobe IMSのユーザーグループ

AEM オーサーサービスにアクセスするユーザーは、 Adobe IMSのユーザーグループ in Adobeの AdminConsole. Adobe IMSのユーザーグループは、AEMへの直接の権限やアクセス権を提供しません ( これは、 Adobe IMS製品プロファイルただし、AEMグループと権限を使用して、AEM オーサーサービス内の特定のレベルのアクセスに変換できる、ユーザーの論理グループを定義する優れた方法です。

ユーザーグループのAdobe IMSの詳細

Adobe IMS製品プロファイル

Adobe IMS製品プロファイル、で管理 Adobeの AdminConsoleは、が提供するメカニズムです。 Adobe IMSユーザー 基本レベルのアクセス権を持つ AEM オーサーサービスにログインするためのアクセス権。

  • この AEM Users 製品プロファイルを使用すると、AEM寄稿者グループのメンバーシップを介してAEMに対して読み取り専用アクセス権をユーザーに付与できます。
  • この AEM Administrators 製品プロファイルを使用すると、ユーザーはAEMに対して完全な管理者アクセス権を持ちます。

製品プロファイルのAdobe IMS

AEMユーザーグループと権限

Adobe Experience Managerは、Adobe IMSユーザー、ユーザーグループおよび製品プロファイルに基づいて構築され、AEMへのカスタマイズ可能なアクセスをユーザーに提供します。 AEMのグループと権限を構築する方法、およびAdobe IMSの抽象概念と連携して、AEMへのシームレスでカスタマイズ可能なアクセスを提供する方法について説明します。

AEMのユーザー、グループ、権限について説明します

アクセスおよび権限のウォークスルー

Adobeの AdminConsole でのAdobe IMSユーザー、ユーザーグループ、Adobe IMSプロファイルの設定に関する簡潔な説明と、AEM Author でこれらの製品の抽象概念を活用して特定のグループベースの権限を定義および管理する方法。

AEMアクセスと権限のウォークスルー

その他のAdobe Admin Consoleリソース

以下のドキュメントカバー Adobe Admin ConsoleAdobe Admin Consoleをより深く理解し、それを使用してユーザーやExperience Cloud製品間のアクセスを管理するのに役立つ、具体的な詳細や懸念事項。

このページ