Adobe Experience Manager デスクトップアプリケーションのトラブルシューティング

Adobe Experience Manager デスクトップアプリケーションは、Experience Manager デプロイメントのデジタルアセット管理(DAM)リポジトリーに接続します。デスクトップアプリケーションは、ユーザーのコンピューター上でリポジトリー情報と検索結果を取得し、ファイルやフォルダーをダウンロードおよびアップロードします。また、Assets ユーザーインターフェイスとの競合を管理する機能も備えています。

デスクトップアプリケーションのトラブルシューティング、ベストプラクティス、制限事項について説明します。

ベストプラクティス

一般的な問題の回避やトラブルシューティングを図るには、次のベストプラクティスに従います。

  • デスクトップアプリケーションの動作の仕組みを理解する:使用を開始する前に、少し時間を割いてデスクトップアプリケーションの動作の仕組みを理解してください。Experience Manager の Web インターフェイスとデスクトップの連携、リポジトリーマッピング、アセットキャッシング、ローカルでの保存、バックグラウンドでのアップロードについて把握します。動作の仕組みを参照してください。

  • サポートされていない文字をフォルダー名に使用しない:フォルダーの作成やアップロードの際には、空白や無効な文字を使用しないでください。該当する文字の一覧については、 Experience Manager Assets でのフォルダーの作成を参照してください。Experience Manager の一部の使用例では、サポートされていない文字がフォルダー名に使用されていた場合、影響を受ける可能性があります。

  • 競合を回避するためのベストプラクティス:複数のアセットに対する共同作業で競合が発生する可能性を避けるには、編集上の競合の回避を参照してください。

  • 大きな階層フォルダーにはフォルダーアップロードを使用する:Assets Web インターフェイスなどの方法を使用するのではなく、Experience Manager デスクトップアプリケーションを使用して大きなフォルダーをアップロードしてください。デスクトップアプリケーションでは、ログ記録と監視をおこないながら、アセットをバックグラウンドでアップロードします。アセットのバルクアップロードを参照してください。

  • 最新バージョンを使用する:常にデスクトップアプリケーションの最新バージョンを使用します。デスクトップアプリケーションの新しいバージョンをインストールする場合や Experience Manager の新しいバージョンにアップグレードする場合は、その前に必ず互換性を確認してください。リリースノートを参照してください。

  • 同じドライブ文字を使用する:組織全体で同じドライブ文字を使用して、Experience Manager DAM にマッピングします。他のユーザーが配置したアセットを表示するには、同じパスを使用する必要があります。同じドライブ文字を使用することで、DAM アセットのパスが一定になります。別のユーザーが異なるドライブ文字を使用した場合でも、アセットはそのまま残り、削除されません。

  • ネットワークに注意を払う:Experience Manager デスクトップアプリケーションのパフォーマンスには、ネットワークのパフォーマンスが重要です。ファイル転送や一括操作に対する応答が遅くなった場合は、大量のネットワークトラフィックを発生させる可能性のある機能やアプリを無効にしてください。

  • デスクトップアプリケーションでサポートされていない使用例:Assets の移行(計画ツールなどのツールが必要)や負荷の高い DAM 操作(大きなフォルダーの移動、大容量のアップロード、高度なメタデータ検索を使用したファイル検索など)にはデスクトップアプリケーションを使用しません。また、同期クライアントとしても使用しないでください(Microsoft OneDrive や Adobe Creative Cloud デスクトップ同期などの同期クライアントとは設計原則や使用パターンが異なります)。

  • タイムアウト:現在、デスクトップアプリケーションには、一定時間の経過後に Experience Manager サーバーとデスクトップアプリケーションの間の接続を切断するための設定可能なタイムアウト値がありません。サイズの大きいアセットをアップロードする際に、しばらくして接続がタイムアウトした場合、アプリケーションはアップロードタイムアウトを長くして、アセットのアップロードを数回再試行します。デフォルトのタイムアウト設定を変更するお勧めの方法はありません。

トラブルシューティング方法

デスクトップアプリケーションの問題をトラブルシューティングするには、以下の情報を把握しておいてください。また、それにより、サポートを依頼する場合にも、アドビカスタマーケアに問題を伝えやすくなります。

ログファイルの場所

Experience Manager デスクトップアプリケーションでは、オペレーティングシステムに応じて、次の場所にログファイルを保存します。

Windows の場合: %LocalAppData%\Adobe\AssetsCompanion\Logs

Mac の場合: ~/Library/Logs/Adobe\ Experience\ Manager\ Desktop

多数のアセットをアップロードする際に一部のファイルをアップロードできなかった場合は、backend.log ファイルを参照して、アップロードに失敗したファイルを特定します。

メモ

サポート依頼やサポートチケットに基づいてアドビカスタマーケアと共同でトラブルシューティングをおこなう場合は、カスタマーケアチームが問題を理解しやすいように、ログファイルの提供を求められることがあります。Logs フォルダー全体をアーカイブして、カスタマーケアの担当者と共有します。

ログファイルの詳細レベルの変更

ログファイルの詳細レベルを変更するには:

  1. アプリケーションが動作していないことを確認します。

  2. Windows システムの場合:

    1. コマンドウィンドウを開きます。

    2. 次のコマンドを実行して、Adobe Experience Manager デスクトップアプリケーションを起動します。

    set AEM_DESKTOP_LOG_LEVEL=DEBUG&"C:\Program Files\Adobe\Adobe Experience Manager Desktop.exe
    

    Mac システムの場合:

    1. ターミナルウィンドウを開きます。

    2. 次のコマンドを実行して、Adobe Experience Manager デスクトップアプリケーションを起動します。

    AEM_DESKTOP_LOG_LEVEL=DEBUG open /Applications/Adobe\ Experience\ Manager\ Desktop.app
    

有効なログレベルは、DEBUG、INFO、WARN、ERROR のいずれかです。ログの詳細度は DEBUG で最も高く、ERROR で最も低くなります。

デバッグモードの有効化

トラブルシューティングをおこなう場合、デバッグモードを有効にして、ログに詳細情報を取得できます。

メモ

有効なログレベルは、DEBUG、INFO、WARN、ERROR のいずれかです。ログの詳細度は DEBUG で最も高く、ERROR で最も低くなります。

Mac でアプリケーションをデバッグモードで使用するには:

  1. ターミナルウィンドウまたはコマンドプロンプトを開きます。

  2. 次のコマンドを実行して、Experience Manager デスクトップアプリケーションを起動します:

    AEM_DESKTOP_LOG_LEVEL=DEBUG open /Applications/Adobe\ Experience\ Manager\ Desktop.app

Windows でデバッグモードを有効にするには:

  1. コマンドウィンドウを開きます。

  2. 次のコマンドを実行して、Experience Manager デスクトップアプリケーションを起動します:

AEM_DESKTOP_LOG_LEVEL=DEBUG&"C:\Program Files\Adobe\Adobe Experience Manager Desktop.exe.

Adobe Experience Manager デスクトップアプリケーションのバージョンの把握

バージョン番号を確認するには:

  1. アプリケーションを起動します。

  2. 右上隅の三点リーダーアイコンをクリックし、「Help」にマウスポインターを置いて、「About」をクリックします。

    この画面にバージョン番号が表示されます。

キャッシュのクリア

以下の手順を実行します。

  1. アプリケーションを起動し、Experience Manager インスタンスに接続します。

  2. 右上隅の三点リーダーアイコンをクリックし「Preferences」を選択して、アプリケーションの環境設定を開きます。

  3. 「Current Cache Size」を表示しているエントリを見つけます。この要素の横にあるごみ箱アイコンをクリックします。

キャッシュを手動でクリアするには、次の手順に進みます。

注意

これは、悪影響を及ぼす可能性がある操作です。ローカルファイルの変更内容が Adobe Experience Manager にアップロードされていない場合、これらの変更内容はこの操作を続行すると失われます。

アプリケーションの環境設定にあるアプリケーションのキャッシュディレクトリを削除すると、キャッシュはクリアされます。

  1. アプリケーションを起動します。

  2. 右上隅の三点リーダーアイコンを選択し「Preferences」を選択して、アプリケーションの環境設定を開きます。

  3. 「Cache Directory」の値をメモしておきます。

    このディレクトリには、エンコードされた Adobe Experience Manager エンドポイントにちなんだ名前のサブディレクトリがあります。これらの名前は、ターゲットとなる Adobe Experience Manager URL のエンコード済みバージョンです。例えば、アプリケーションのターゲットが localhost:4502 の場合、ディレクトリ名は localhost_4502 となります。

キャッシュをクリアするには、エンコードされた目的の Adobe Experience Manager エンドポイントディレクトリを削除します。または、環境設定で指定したディレクトリ全体を削除すると、アプリケーションで使用されているすべてのインスタンスのキャッシュがクリアされます。

Adobe Experience Manager デスクトップアプリケーションのキャッシュのクリアは、トラブルシューティングの予備的作業で、これによりいくつかの問題を解決できます。キャッシュのクリアは、アプリの環境設定からおこないます。環境設定の指定を参照してください。キャッシュフォルダーのデフォルトの場所は次のとおりです。

配置されたアセットが表示されない

サポートファイル(INDD ファイルなど)に自分自身または他のクリエイティブプロフェッショナルが配置したアセットが表示されない場合は、次の点を確認してください。

  • サーバーへの接続。信頼性の低いネットワーク接続では、アセットのダウンロードが停止するおそれがあります。

  • ファイルサイズ。サイズの大きいアセットは、ダウンロードと表示に時間がかかります。

  • ドライブ文字の一貫性。Experience Manager DAM を別のドライブ文字にマッピングしている間に、自分自身または他の共同利用者がアセットを配置した場合、配置されたアセットは表示されません。

  • 権限。配置されたアセットを取得する権限があるかどうかを確認するには、Experience Manager 管理者に問い合わせてください。

デスクトップアプリケーションのユーザーインターフェイスでおこなったファイルの編集は Adobe Experience Manager にすぐには反映されません

Adobe Experience Manager デスクトップアプリケーションでは、ファイルに対するすべての編集が完了するタイミングをユーザーが決定できます。ファイルのサイズと複雑さに応じて、ファイルの新しいバージョンを Adobe Experience Manager に戻すには、かなりの時間がかかります。ファイルの編集が完了して自動的にアップロードされるタイミングを推測するのではなく、ファイルの転送回数を最小限に抑えるようにアプリケーションが設計されています。ファイルの変更内容のアップロードを選択して、Adobe Experience Manager へのファイルの転送を開始するようにお勧めします。

macOS でアップグレードする際の問題

macOS で Experience Manager デスクトップアプリケーションをアップグレードするときに問題が発生することがあります。これは、Experience Manager デスクトップアプリケーションの古いシステムフォルダーによって、Experience Manager デスクトップアプリケーションの新しいバージョンが正しく読み込まれなくなるからです。この問題を修正するには、以下のフォルダーおよびファイルを手動で削除します。

以下の手順を実行する前に、Adobe Experience Manager Desktop アプリケーションを macOS のアプリケーションフォルダーからゴミ箱にドラッグします。次に、ターミナルを開き、以下のコマンドを実行します。パスワードを求められたら入力します。

sudo rm -rf ~/Library/Application\ Support/com.adobe.aem.desktop
sudo rm -rf ~/Library/Preferences/com.adobe.aem.desktop.plist
sudo rm -rf ~/Library/Logs/Adobe\ Experience\ Manager\ Desktop

sudo find /var/folders -type d -name "com.adobe.aem.desktop" | xargs rm -rf
sudo find /var/folders -type d -name "com.adobe.aem.desktop.finderintegration-plugin" | xargs rm -rf

ファイルをアップロードできない

デスクトップアプリケーションを Experience Manager 6.5.1 以降で使用している場合は、S3 または Azure コネクタをバージョン 1.10.4 以降にアップグレードします。これで、OAK-8599 に関連するファイルアップロード失敗の問題が解決されます。インストール手順を参照してください。

Experience Manager デスクトップアプリケーションの接続の問題

接続に関する一般的な問題が発生した場合は、Experience Manager デスクトップアプリケーションの処理内容に関する詳しい情報を以下のいずれかの方法で入手できます。

リクエストログの確認

Experience Manager デスクトップアプリケーションでは、送信したすべてのリクエストと各リクエストの応答コードが専用のログファイルに記録されます。

  1. アプリケーションのログディレクトリで request.log を開いて、これらのリクエストを確認します。

  2. ログの各行は、リクエストか応答のどちらかを表しています。リクエストには、> 文字に続いて、リクエストされた URL が含まれます。応答には、< 文字に続いて、応答コードとリクエストされた URL が含まれます。各行の GUID を使用して、リクエストと応答を照合できます。

読み込まれたリクエストをアプリケーションの組み込みブラウザーで確認

アプリケーションのリクエストの大部分は、リクエストログに記録されています。ただし、そこで有用な情報が得られない場合は、送信されたリクエストをアプリケーションの組み込みブラウザーで調べると役立ちます。これらのリクエストの表示方法については、SAML に関する節を参照してください。

SAML ログイン認証が機能しない

Experience Manager デスクトップアプリケーションは、SSO 対応(SAML)Adobe Experience Manager デプロイメントに接続できない場合があります。SSO 接続およびプロセスのバリエーションと複雑さに対応するようにアプリケーションを設計します。ただし、設定については、追加のトラブルシューティングが必要になる可能性があります。

最初に要求されたパスに SAML プロセスがリダイレクトされない場合や、Adobe Experience Manager デスクトップアプリケーションで設定されたものとは異なるホストに最終的にリダイレクトされる場合があります。それに該当しないことを確かめるには:

  1. Web ブラウザーを開きます。https://[aem_server]:[port]/content/dam.json の URL にアクセスします。

  2. Adobe Experience Manager デプロイメントにログインします。

  3. ログインが完了したら、アドレスバーでブラウザーの現在のアドレスを確認します。このアドレスが、最初に入力した URL と正確に一致している必要があります。

  4. また、/content/dam.json より前の部分がすべて、Adobe Experience Manager デスクトップアプリの設定で指定されたターゲット Adobe Experience Manager 値と一致していることを確認してください。

上記の手順に従ってログイン SAML プロセスは正常に動作するが、ユーザーはまだログインできない

ログインプロセスを表示する Adobe Experience Manager デスクトップアプリケーション内のウィンドウは、ターゲット Adobe Experience Manager インスタンスの Web ユーザーインターフェイスを表示する Web ブラウザーにすぎません。

  • Mac 版では WebView が使用されます。

  • Windows 版では、Chromium ベースの CefSharp が使用されます。

SAML プロセスでこれらのブラウザーがサポートされていることを確認します。

さらにトラブルシューティングをおこなうために、ブラウザーが読み込もうとしている正確な URL を表示できます。次の情報を参照するには:

  1. 指示に従って、デバッグモードでアプリケーションを起動します。

  2. ログインの試行を再現します。

  3. アプリケーションのログディレクトリに移動します。

  4. Windows の場合:

    1. 「aemcompanionlog.txt」を開きます。

    2. 「Login browser address changed to」で始まるメッセージを検索します。これらのエントリには、アプリケーションが読み込んだ URL も含まれています。

    Mac の場合:

    1. com.adobe.aem.desktop-nnnnnnnn-nnnnnn.logn は、最新のファイル名の数字に置き換えられます)。

    2. 「loaded frame」で始まるメッセージを検索します。これらのエントリには、アプリケーションが読み込んだ URL も含まれています。

読み込まれる URL シーケンスを調べると、SAML の終わりでトラブルシューティングして、何が悪いかを判断するのに役立ちます。

SSL 設定の問題

Experience Manager デスクトップアプリケーションが HTTP 通信に使用するライブラリでは SSL を厳格に適用します。ブラウザーでは成功する接続が、Experience Manager デスクトップアプリケーションでは失敗することがあります。SSL を適切に設定するには、不足している中間証明書を Apache にインストールします。中間 CA の証明書を Apache にインストールするにはを参照してください。

Experience Manager デスクトップアプリケーションが HTTP 通信に使用するライブラリでは SSL を厳格に適用します。そのため、ブラウザーで成功した SSL 接続でも、Adobe Experience Manager デスクトップアプリケーションでは失敗する場合があります。これは、SSL の正しい設定を推奨しセキュリティを強化するので、良いことですが、アプリケーションが接続できないことによって不満が生じる可能性があります。

このような場合の推奨されるアプローチは、ツールを使用してサーバーの SSL 証明書を分析し、問題を特定して修正できるようにすることです。URL を提供するとサーバーの証明書を検査する Web サイトがあります。

一時的な対策として、Adobe Experience Manager デスクトップアプリケーションで厳密な SSL の強制を無効にすることができます。SSL の設定が正しくないという根本原因を隠すことでセキュリティが低下するため、長期的な解決策としては推奨されません。厳密な強制を無効にするには:

  1. 任意のエディターを使用して、アプリケーションの JavaScript 設定ファイルを編集します。このファイルは、オペレーティングシステムに応じて(デフォルトでは)次の場所にあります。

    Mac の場合: /Applications/Adobe Experience Manager Desktop.app/Contents/Resources/javascript/lib-smb/config.json

    Windows の場合: C:\Program Files (x86)\Adobe\Adobe Experience Manager Desktop\javascript\config.json

  2. ファイル内の次のセクションを探します。

    ...
    "assetRepository": {
        "options": {
    ...
    
  3. 次のように "strictSSL": false を追加して、このセクションを変更します。

    ...
    "assetRepository": {
        "options": {
            "strictSSL": false,
    ...
    
  4. ファイルを保存し、Adobe Experience Manager デスクトップアプリケーションを再起動します。

別のサーバーに切り替える際のログインの問題

Experience Manager サーバーを使用した後、別のサーバーへの接続を変更しようとすると、ログインの問題が発生する場合があります。これは、古い cookie が新しい認証に干渉しているためです。Clear Cookies に対するメインメニューのオプションが役立ちます。アプリの現在のセッションからログアウトし、「Clear Cookies」を選択してから接続を続行します。

サーバーの切り替え時に cookie をクリア

デスクトップアプリケーションが応答しない

まれに、デスクトップアプリケーションが応答しなくなって、白い画面だけが表示されたり、インターフェイスにオプションが表示されずにインターフェイスの下部にエラーが表示されたりする場合があります。このような場合には、以下をこの順に試します。

  • デスクトップアプリケーションインターフェイスを右クリックし、「Refresh」を選択します。
  • アプリケーションを終了して、再度開きます。

どちらの方法でも、DAM のルートフォルダーがデスクトップアプリケーションの初期状態として表示されます。

期限切れのアセットを非表示にする

Experience Manager ユーザーインターフェイス内からアセットを参照すると、期限切れのアセットは表示されません。デスクトップアプリと Assets リンクからアセットを参照する際に、期限切れのアセットが表示、検索、および取得される防ぐために、管理者は次の設定をおこなうことができます。この設定は、管理者権限に関係なく、すべてのユーザーで機能します。

このページ