コアコンポーネントの AMP サポート

コアコンポーネントのリリース 2.11.0 以降で、AMP(Accelerated Mobile Pages)は完全にサポートされます。

このドキュメントでは、AMP のサポート方法の概要と、サイトで AMP を有効にする方法を説明します。ただし、技術的な詳細については、GitHub 開発者ドキュメントを参照してください。

AMP とは

Accelerated Mobile Pages(AMP)は、元々 Google がモバイルブラウジング用にページを最適化するために設計したオープンソースフレームワークです。通常、AMP ページは、標準の Web ページよりもさらに速く読み込まれ、優れたモバイルエクスペリエンスを提供します。

コアコンポーネントの AMP

コアコンポーネントでの AMP サポートは、完全に設定可能です。ページの AMP バージョンは、標準 HTML バージョンと一緒に排他的に提供する、またはまったく提供しないかを設定できます。

コアコンポーネントは、AMP ページをレンダリングするために Sling セレクターとして amp を使用します。例えば、example.html は通常のページをレンダリングし、example.amp.html は AMP バージョンになります。

個々のプロジェクトで AMP を活用するかどうかを決定できます。さらに、AMP と標準の HTML ページは並行して提供できるので、プロジェクトの特定のページでのみ AMP を使用するように選択できます。

プロジェクトでの AMP サポートの使用の手引き

AMP サポートは高い柔軟性を提供しますが、これを使い始めるには、いくつかの簡単な手順が必要です。

  1. 必要に応じて、AMP サポート拡張機能をインストールします。
    • AEM as a Cloud Service プロジェクトの場合、拡張機能はコアコンポーネントで自動的に使用でき、インストールは必要ありません。
    • On-Premise および AMS プロジェクトの場合、コアコンポーネントのインストール時に、拡張機能を明示的にインストールする必要があります。
  2. AMP 拡張機能がインストールされたら、コンポーネント作成者は、単に拡張機能内のスーパータイプを示すだけで済みます。
  3. テンプレートレベルまたは個々のページで、AMP サポートを有効にします
  4. 必要に応じて、インライン CSS をデプロイします

ページに対する AMP の有効化

ページに対して AMP を有効にするには、ページポリシーAMP モード​が選択されている必要があります。

AMP ページポリシーのオプション

  • AMP なし - ページは標準の HTML としてのみ提供されます。
  • ペア AMP - ページは、AMP および HTML として配信されます。
  • AMP のみ - ページは AMP としてのみ提供されます。

ページの AMP 設定は、個々のページのページプロパティで上書きすることもできます。

AMP ページプロパティ

  • ページテンプレートから継承 - これはデフォルト値で、ページテンプレートのポリシーから設定を取得できます。
  • AMP なし - ページは標準の HTML としてのみ提供されます。
  • ペア AMP - ページは、AMP および HTML として配信されます。
  • AMP のみ - ページは AMP としてのみ提供されます。

CSS の要件

AMP をコアコンポーネントと共に使用する場合、主な違いは、AMP では、<head> 要素内ですべての CSS をインライン化および最適化する必要があるということです。

これをサポートするために、カスタマイズされたページコンポーネントが使用され、ページに存在するコンポーネントの AMP 固有の CSS のみが読み込まれます。

メモ

AMP デザインの制約により、アドビは、ページの AMP バージョンでレスポンシブグリッドを使用することをサポートしません。

その他の要件および技術的な詳細については、GitHub 開発者ドキュメントを参照してください。

このページ