概要

Cloud Manager では、セルフサービス機能を使用して、Cloud Manager UI から SSL 証明書をインストールできます。Cloud Managerは、SSL証明書と顧客が所有する秘密鍵を管理するためにプラットフォームTLSサービスを使用します。通常は、Let’s Encrypt​のように、サードパーティの証明機関から取得します。

重要な検討事項

  • Cloud Manager では、SSL 証明書や秘密鍵は提供されません。これらは、サードパーティの証明機関から入手する必要があります。詳しくは、SSL証明書の取得を参照してください。

  • AEMは、セキュアなhttpsサイトのみをサポートします。 複数のカスタムドメインがある場合、ドメインを追加するたびに証明書をアップロードしたくはありません。したがって、複数のドメインを持つ 1 つの証明書を取得することで、顧客にはメリットが得られます。

Cloud Manager では、次の顧客向け SSL 証明書の要件をサポートしています。

  • SSL 証明書は複数の環境で使用できます。つまり、1 回追加すれば複数回使用できます。
  • 各 Cloud Manager 環境は、複数の証明書を使用できます。
  • 秘密鍵は、複数の SSL 証明書を発行する場合があります。
  • 通常、各証明書には複数のドメインが含まれます。
  • プラットフォーム TLS サービスは、終了に使用された SSL 証明書と、そのドメインをホストする CDN サービスに基づいて、リクエストを顧客の CDN サービスにルーティングします。

権限を持つユーザーは、Cloud Manager UI SSL 証明書ページを使用して、次のようなタスクを実行してプログラムの SSL 証明書を管理できます。

このページ