Adobe Analytics と Experience Cloud 設定自動化の統合

Experience Cloud 設定自動化を使用すると、シンプルな UI ウィザードインターフェイスを介したわかりやすく自動化された方法で、Experience Manager Sites を Experience Platform Launch および Adobe Analytics と統合してツール化することができます。

Adobe Analytics と AEM Sites の統合は、かつてないほどシンプルになりました。Experience Cloud 設定自動化を使用すると、顧客のエンゲージメントとコンバージョンの状況を把握するパフォーマンス分析をキャプチャするためのサイトの設定、統合、ツール化を、数回のクリックですべて行うことができます。

このビデオでは、Experience Cloud 設定自動化を使用して AEM Site を Experience Platform Launch および Analytics と統合する方法について説明します。

要件

Adobe クライアントデータレイヤー を有効にして AEM コアコンポーネント を使用して構築した AEM Site では、自動化設定はデフォルトで動作するように設計されています。AEM プロジェクトアーキタイプ を使用するか、 サイトテンプレート を使用してサイトを作成することにより、これらの機能が自動的に有効になる新しいサイトを生成できます。

前提条件

この機能を使用する前に、次の手順に従って、お使いの環境で前提条件のサービスが正しく設定されていることを確認することが重要です。

  1. Adobe Admin Console(https://adminconsole.adobe.com/) にログインします。
  2. 右上隅で適切な IMS Org ID が選択されていることを確認します。
  3. 「製品」ナビゲーションオプションをクリックします。
  4. 「Adobe Experience Manager as a Cloud Service」が IMS Org 用にプロビジョニングされていることを確認します。
  5. 「Adobe Analytics」が IMS Org 用にプロビジョニングされていることを確認します。
  6. Cloud Manager(https://experience.adobe.com/cloud-manager) に移動します。
  7. 適切なプログラムを選択します。
  8. 環境が最新バージョンのCloud Serviceであることを確認します(存在しない場合は、メニューオプションの「更新」を選択します)。
  9. Cloud Manager でフルスタックパイプラインを実行します。

これで、環境のセットアップ自動化のExperience Cloud準備が整いました。

設定方法

  1. Sites に移動して、Adobe Analytics と統合するサイトのルートを選択します。

  2. サイドパネルメニューを展開して、 Analytics を設定 をタップします。

    これはサイドレールの新しいオプションであり、Experience Cloud 設定自動化のコントロールとステータスを提供するパネルが開きます。

  3. Analytics の統合 」ボタンをタップします。

  4. 表示されたダイアログで、レポートスイート ID の名前を入力します。

    この文字列は、選択した AEM サイトの分析データのデータストアとして、Adobe Analytics に新しい レポートスイート ID を作成するために使用されます。提供された文字列には、一意性を確保するために環境および層の識別子が追加されます。

  5. ページとパネルを更新し、 統合ステータスの確認 をタップして、自動化のステータスを確認します。

    自動化の設定は非同期で実行されます。統合ステータスの確認 には、統合の現在のステータスが表示されます。

    • 処理中 - ジョブが実行中であることを示します。
    • 統合完了 - ジョブが Analytics と Launch の統合、Launch の拡張機能と Launch ルールの設定、Adobe Analytics での新しいレポートスイートの作成を完了したことを示します。
    • 失敗 - 自動ジョブを正常に完了できなかったことを示します。「ログ」リンクをクリックして、このジョブのログファイルを確認します。

AEM 設定の検証

自動化が完了したら、サイトで Analytics イベントが発生していることを検証します。

  1. サイトエディター を使用してサイトのページを開きます。
  2. 公開済みとして表示 オプションを使用して、公開されたバージョンのページを読み込みます。
  3. ブラウザーの開発者ツールを使用して、ネットワークトラフィックを検査し、起動 および AppMeasurement.js ファイルを読み込み中であることを確認します。
  4. ブラウザーのコンソールを検査し、ページおよびコンポーネントレベルのイベントが発生し、Adobe クライアントデータレイヤーによって収集されることを確認します。

Analytics 設定の検証

次に、Adobe Analytics に移動して、AEM サイト上のイベントから流入するデータを表示します。

  1. AEM サイトと同じ IMS 組織の Adobe Analytics に移動します。

  2. レポートエンゲージメントAdobe Experience Managerサイトのパフォーマンスの概要 に移動して、AEM Sites の新しい概要レポートを作成します。

  3. レポートを開く をタップします。

  4. 前の演習で使用したレポートスイート名と一致する レポートスイート ID を選択します。

  5. 新しいテンプレートに流入する分析データを経時的に表示します。

    メモ

    新しい統合では、レポートにデータが入力されるまでに数時間かかる場合があります。

このページ