コンテンツのプレビュー

AEMオファーの Sites プレビューサービスを使用すると、開発者やコンテンツ作成者は、Web サイトがパブリッシュ環境に到達する前に Web サイトの最終的なエクスペリエンスをプレビューし、公開できます。

ページトランジションや他のパブリッシュ側のみのコンテンツなど、オーサー環境からは表示されないページエクスペリエンスのプレビューを容易にします。

プレビュー環境について詳しくは、ドキュメントを参照してください。 環境の管理。.

メモ

エクスペリエンスフラグメントをプレビューに公開する手順は、エクスペリエンスフラグメントコンソールまたはエディターからですが、基本的にはページの場合と同じです。

プレビュー用のコンテンツの公開

コンテンツをプレビューサービスに公開するには、 管理された公開 UI

  1. サイトコンソールで、プレビュー用に送信する 1 つ以上のページを選択し、 公開を管理 ボタン

  2. 次のウィザードで、宛先として「プレビュー」を選択します

    管理対象公開

  3. 次へ」をクリックし、「公開」をクリックして確定します。

  4. プレビュー環境でコンテンツにアクセスするための URL がダイアログに表示されます。

また、ウィザードに表示される URL を使用してプレビューコンテンツを確認する場合は、の前にを追加することもできます preview- を実稼動インスタンスのパブリッシュ URL に追加します。

https://preview-p<programID>-e>environmentID>.adobeaemcloud.com/<pathtopage>.html

ドキュメントを参照 環境の管理 環境の URL を取得する方法に関する詳細。

また、 コンテンツツリーの公開ワークフローagentId パラメータをに設定 preview または、 レプリケーション APIAgentFilter プレビュー用に設定されました。

プレビュー層の OSGi 設定の指定

プレビュー層の OSGi プロパティ値は、パブリッシュ層から継承されます。 ただし、 service 値に対するパラメータ preview. 次の OSGi プロパティの例では、統合エンドポイントの URL を決定します。

[
{
"name":"INTEGRATION_URL",
"type":"string",
"value":"http://s2.integrationvendor.com",
"service": "preview"
}
]

詳しくは、OSGi 設定ドキュメントのこの節を参照してください。

開発者コンソールを使用したプレビューのデバッグ

開発者コンソールを使用してプレビュー層をデバッグするには、次の手順に従います。

  • 開発者コンソールで、「– すべてのプレビュー –」または名前に prev を含む実稼動環境を選択します。
  • プレビューインスタンスの関連情報を生成します。
    お使いの環境の URL を取得する方法の詳細については、環境の管理を参照してください。

このページ