新機能

Adobe Experience Manager (AEM) as a Cloud Service は、Web コンテンツおよびデジタルアセット管理機能を含め、コンテンツのライフサイクル全体にわたってマーケティング担当者と開発者のワークフローを最適化するクラウドネイティブなプラットフォームです。クラウドネイティブなので、拡張性の高いパフォーマンスを実現し、インフラストラクチャのセキュリティが確保され、俊敏な更新で常に最新の状態に保たれ、手間のかからないデプロイメントと管理を可能にします。

Adobe Experience Manager as a Cloud Service の概要については、次を参照してください。

AEM Assets as a Cloud Service の概要については、AEM Assets as a Cloud Service の概要を参照してください

AEM の以前のバージョンに習熟している場合は、以下で AEM as a Cloud Service の主な変更点の概要を参照してください。

このページ