Adobe Experience Manager as a Cloud Service の概要

Adobe Experience Manager(AEM)は as a Cloud Service として利用可能になりました。

Adobe Experience Manager(AEM)as a Cloud Service は、AEM 製品ラインの最新製品です。お客様が、パーソナライズされたコンテンツ主導のエクスペリエンスを引き続き提供できるよう支援します。クラウドネイティブな俊敏性により、価値実現までの時間を短縮でき、それぞれのビジネス要件を満たすように拡張することができます。すべてのユースケースと機能を保持および拡張することで、過去の投資やイノベーションをベースに構築することができます。

AEM as a Cloud Service を使用すると、クラウドネイティブな方法で AEM アプリケーションを活用できるので、次のことが可能になります。

  • Cloud Manager での DevOps 作業のスケーリング:CI/CD フレームワーク、自動スケーリング、API 接続、柔軟なデプロイメントモード、コード品質ゲート、サービス配信の透明性、ガイド付き更新。

  • 開発者がアプリケーション開発プラクティスに自動化を追加できるようにします。

  • 組み込みのコンテンツ配信ネットワーク(CDN)や他のネットワーク層のベストプラクティスを使用して、コンテンツを世界中に迅速かつ効率的に配信します。

  • 自動スケーリングできる動的なアーキテクチャを活用することで、インフラストラクチャに関する考慮事項をなくすことができます。

  • 自動テストを使用して一般的な脆弱性をスキャンすることで、脅威とセキュリティリスクの軽減に常に取り組みます。

  • 最適化されたパフォーマンストポロジーによって、耐障害性と効率性を最大限に高めます。

  • AEM as a Cloud Service と Adobe Experience Cloud の深い統合を活用して、オンラインマーケティングおよび Web 分析製品のカスタマーエクスペリエンスを向上させます。

  • コードリファクタリングやコンテンツ転送など、移行タスクを促進するツールを利用します。

AEM as a Cloud Service のメリットは次のとおりです。

  • 開発者は、新しいクラウドベースの開発パターンにより AEM の設定と拡張に専念できます。

  • コンテンツ作成者は、定期的に提供される最新のイノベーションを活用できます。

  • システム管理者は、設定とインフラストラクチャのメンテナンスに関する手動タスクを最小限に抑えることができます。

  • マーケティング担当者は、迅速な価値創出を実現できます。

メモ

AEM as a Cloud Service で導入された新しい用語の一部については、用語を参照してください。

as a Cloud Service としての付加価値

AEM は、最新のクラウドサービスの主な特徴を取り入れることで、次の目標を達成します。

  • 常に稼動:

    • コンテンツ管理機能でもコンテンツ配信機能でもダウンタイムが発生しないように、サービスアーキテクチャ全体が見直されました。
  • 常に適切な規模に設定:

    • AEM as a Cloud Service のインスタンスはすべて同じように作成されるので、サービスアーキテクチャは、ニーズに応じて規模を自動的に拡大/縮小できます。
  • 常に最新の状態を維持:

    • AEM as a Cloud Service には、AEM コードベースの新しい継続的配信パイプラインと、1 か月に数回までの自動更新が実装されています。これにより、常に最新のバージョンに保つことで、AEM アプリケーションの主な課題の 1 つを解決できます。
  • 常に進化:

    • AEM as a Cloud Service は、ユーザーが実装したプロジェクトに基づいて日々進化します。コンテンツ、コード、設定が、ベストプラクティスに照らして常に見直され検証されるので、ユーザーのビジネス目標の達成方法に関して適切にガイドできます。

Adobe Experience Manager as a Cloud Service の理解

ヒント

AEM as a Cloud Service の概要を把握したら、 オンボーディングジャーニー を確認して、すばやくオンボードできます。

すでにオンボード済み、または AEM の機能のテストに取り掛かる準備できている場合AEM Reference Demos Add-On をインストールし、豊富な例を使用して AEM の強力な機能を調べてみましょう。

このページ