AEM ドキュメントのジャーニー

ドキュメントジャーニーは、複雑で異なる機能を組み合わせ、ベストプラクティス方式でビジネス目標を解決することで、AEM ドキュメント内のナレーション構造を提供します。AEM の初心者を念頭に置いて設計されたジャーニーでは、A から Z の目標を達成するための概念と機能を紹介しています。

ドキュメントジャーニーとは

ドキュメントジャーニーは、AEM を初めて使用するユーザーが、以前のトピックや AEM の 知識が最小限のものだという前提で、最初から最後までビジネス上の問題を理解して解決するのに役立つ物語を提供し、様々な複雑なトピックや機能をつなぎ合わせて説明しています。

ドキュメントジャーニーは、AEM の既存の技術ドキュメントが、AEM に慣れていることを前提に、主にタスクの単一の機能と文書化に焦点を当てているのとは対照的です。 概念に焦点を当て、詳細な説明は既存の技術ドキュメントに任せることで、ドキュメントジャーニーは、AEM を初めて利用するユーザーが、一般的なビジネスニーズやワークフローに対応するベストプラクティスを使用して、プラットフォームの活用方法を理解できるようにしています。 このため、ドキュメントジャーニーは AEM の既存の技術ドキュメントの補完として機能し、置き換えるものではありません。

物語で学ぶ

AEM には、豊富で強力な機能セットがありますが、初めてのユーザーは(または経験豊富なユーザーでも)圧倒されてしまうかもしれません。 技術的な要件ではなく、明確なビジネス上の目的を持って各ジャーニーを開始することで、ビジネス目標を達成するために連携する AEM の概念と機能をユーザーに物語として説明します。

物語を語ることで、AEM の様々な部分がどのように連携して現在の問題を解決し、どのように全体像が維持されるかをより深く理解できます。 これによりユーザーは、機能の木々ではなく、ビジネス目標の森を見ることができます。

機能ではなく概念に焦点を当てる

物語に焦点を当てるため、ドキュメントジャーニーでは、技術的な機能に重点を置く代わりに、AEM の概念を重視しています。 どのチェックボックスをクリックするべきかを気にかけるよりも、AEM が具体的な問題をどのように解決するかをユーザーに理解してもらうことが重要だとの認識に立ち、ジャーニーでは、全体的な目標を達成するために複数の重要な概念をどうリンクするかを説明しながら、ユーザーが物語を進めていけるようになっています。

ジャーニーは、ユーザーが、各オプションをクリックするべきか悩むのではなく、AEM がどのように問題を解決するかを確実に理解できるようにします。 さらに深く掘り下げて技術的な詳細を知りたい場合や、他のオプションで何が出来るかについて知りたい場合は、関連する包括的な技術ドキュメントにジャーニーのあらゆる部分からリンクできます。

ベストプラクティスの方向性

ドキュメントジャーニーは、アドビの最新の調査、Adobe サービスによる実証済みの実装経験、お客様のプロジェクトからのフィードバックをもとに、ベストプラクティスの原則に基づいて設計されています。

AEM を使用してビジネス事例を解決するためにアドビが推奨する方法を知りたい場合は、ドキュメントジャーニーから開始してください。

ドキュメントジャーニーの構造

ドキュメントジャーニーは、AEM が一般的なビジネス上の問題をどのように解決するのかを、ベストプラクティスに基づいて紹介するものです。 そのため各ジャーニーは、AEM を初めて使用するユーザーを念頭に置いて設計されており、ビジネス上の問題を提起し、必要な理論を説明した上で、AEM が問題をどのように解決するかを段階的に説明しています。 ジャーニーは包括的に作られているので、AEM を初めて使用するユーザーと経験豊富なユーザーのどちらにも役に立ちます。

典型的なドキュメントジャーニーは、次のような部分で構成されています。

  • ジャーニーの目標と対象オーディエンスの概要
  • ビジネス上の問題の説明
  • 問題解決に必要な理論の説明
  • 前提条件と必要条件
  • 対象オーディエンスの説明
  • 実装の手順

ドキュメントジャーニーの目標は、AEM が様々な機能やツールを使用して、一つのビジネス上の問題をどのように解決するかについて、その基本をユーザーに知ってもらうことです。 このため、実装の手順では、最も一般的な使用パターンと、最も重要な機能およびオプションを説明しています。 詳細な設定オプションについては、リンクされている技術ドキュメントを参照してください。

ドキュメントジャーニーの対象オーディエンス

AEM ドキュメントジャーニーの主な目的は、AEM を初めて使用するユーザーが、システムの様々な強力な機能を組み合わせて、一般的なビジネス上の問題をどのように解決できるかを、物語形式で理解できるようにすることです。

AEM を初めて使用し、特定のビジネス事例を念頭に置いていて、AEM がその事例をどう解決するかの概要を知りたい場合は、ドキュメントジャーニーを開始してください。

ただし、AEMのユーザーには様々なタイプがいて、ニーズや期待も異なります。 次に例を示します。

  • 管理者
  • デベロッパー向け
  • コンテンツ作成者
  • 翻訳スペシャリスト
  • コンテンツアーキテクト

各ジャーニーは、ジャーニーの対象オーディエンスを明確に示す文章から始まります。 他の人から孤立して働く人はいないので、システムユーザーやペルソナの入力を必要とする場合は、ジャーニー内で明確に説明されます。

ドキュメントジャーニーは、AEMドキュメントにどのように適合しますか?

ドキュメントジャーニーは、既存の AEM の技術ドキュメントおよびチュートリアルを補完することを目的としています。 例えば、ジャーニーでは概念を紹介し、技術ドキュメントでは必要とされる詳細な設定オプションを、そしてチュートリアルでは特定の設定手順を説明しています。

ドキュメントタイプ 目的 対象者 前提 省略 コンテンツタイプ 長さ
ドキュメントジャーニー ジャーニーは、複雑で相互に関連するプロセスや機能を、ユーザーに説明する物語を通じて、AEM が一般的なビジネス上の問題をどのように解決できるかを明らかにします。 これは、どのように複数の機能が連携してビジネスニーズを解決するかを、ベストプラクティス形式で示しています。 AEM を初めて使用するユーザー 一般的な CMS の使いやすさ 詳細なオプションと設定 テキスト およそ1 時間
技術ドキュメント 技術ドキュメントは、個々の機能に焦点を当て、その機能の技術的な動作とユーザーが使用できるすべてのオプションの詳細を説明しています。 経験豊富な AEM ユーザー AEM エクスペリエンス コンテキストと背景 テキスト 可変
チュートリアル チュートリアルは、技術的な目標(一般的にはプログラミングやシステム設定)を達成するための方法を、開発者または管理者に対して、具体的な例やサンプルコードを用いて段階的に説明するもので、通常は限られた機能について説明しています。 AEM 開発者または管理者 AEM エクスペリエンス 背景と理論 ビデオ 1 時間以上
入門ガイド 入門ガイドは、 AEM の特定の新機能を簡単に紹介するものです。 個々の機能の概要を簡単に説明し、単純なユースケースを設定して使用するための重要な手順(すべてではありません)をユーザーに説明します。 AEM 管理者 AEM エクスペリエンス 背景、理論、詳細なオプション テキスト 1 時間未満

どのようなジャーニーがありますか?

既に利用可能なドキュメントジャーニーが多数あります。 各ジャーニーは物語として設計されているので、AEM のコンテキストでトピックを完全に理解するには、概要から順を追ってお読みください。

ジャーニー 説明
ヘッドレスデベロッパージャーニー ここから、AEM がヘッドレス開発モデルをサポートする方法、およびプロジェクトの計画、実装、運用開始を行う方法を確認します。
ヘッドレスオーサリングジャーニー AEM の強力かつ柔軟なヘッドレス機能とその特長、および初めてのヘッドレス開発プロジェクトでコンテンツをモデル化する方法を紹介するガイド付きのジャーニーを、ここから始めましょう。
ヘッドレスアーキテクトジャーニー Adobe Experience Manager as a Cloud Service の強力で柔軟なヘッドレス機能と、プロジェクトのコンテンツをモデル化する方法の入門的解説が必要であれば、ここから始めてください。
ヘッドレス翻訳ジャーニー AEM でヘッドレス翻訳プロジェクトを設定および管理する方法については、ここから始めてください。
AEM オンボーディングジャーニー 新しい AEM as a Cloud Service 環境をすぐに使い始めるには、ここから始めてください。
AEM クイックサイト作成ジャーニー 使いやすい AEM クイックサイト作成ツールを使用して AEM サイトのフロントエンド開発を合理化し、AEM のバックエンドに関する知識がなくてもサイトをすばやくカスタマイズする、ガイド付きのジャーニーを参照するには、ここから始めてください。
AEM Commerce ジャーニー 準備中
AEM as a Cloud Service 移行ジャーニー オンプレミスまたはアドビが管理する AEM インストールから完全なクラウドベースの AEM as a Cloud Service に移行し、その多くのメリットを導入する方法について、ステップバイステップのジャーニーを参照するには、ここから始めてください。

利用可能な新しいジャーニーがないか、定期的に確認してください。

このページ