通知プロファイル

最終更新日: 2023-11-17
  • トピック:
  • Onboarding
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Admin
    User
    Developer

Admin Console でユーザープロファイルを作成して重要なメール通知の受信を管理する方法を説明します。

概要

Adobeは、時々、AEMのas a Cloud Service環境に関するユーザーに連絡します。 アドビは、製品内通知に加えて、通知にメールを使用する場合もあります。 このようなメール通知には、次の 2 種類があります。

  • インシデント通知 - これらの通知は、インシデント発生時またはアドビが AEM as a Cloud Service 環境の可用性に関する潜在的な問題を特定した場合に送信されます。
  • 事前通知 - これらの通知は、アドビのサポートチームメンバーが、AEM as a Cloud Service 環境に役立つ、潜在的な最適化やレコメンデーションに関するガイダンスを提供したい場合に送信されます。
メモ

プロアクティブ通知へのグループの割り当てはサポートされていません。 代わりに、ユーザーを製品プロファイルに直接割り当てる必要があります。

これらの通知を正しいユーザーが受け取るには、ユーザープロファイルを設定して割り当てる必要があります。それについて、このドキュメントで説明しています。

前提条件

ユーザープロファイルの作成と管理は Admin Console で行われるので、通知用のユーザープロファイルを作成する前に以下が必要です。

  • プロファイルメンバーシップを追加および編集する権限があること。
  • 有効な Adobe Admin Console プロファイルがあること。

新しい Cloud Manager 製品プロファイルの作成

通知の受信を適切に設定するには、2 つのユーザープロファイルを作成します。 これらの手順は 1 回だけ実行されます。

  1. https://adminconsole.adobe.com で Admin Console にログインします。

  2. 自分が正しい組織に属していることを確認します。

  3. 概要​ページで、製品とサービス​カードから「Adobe Experience Manager as a Cloud Service」を選択します。

    Admin Console の製品およびサービスのリスト

  4. すべてのインスタンスのリストから Cloud Manager インスタンスを選択して、そこに移動します。

    Admin Console のインスタンスのリスト

  5. 設定済みのすべての Cloud Manager 製品プロファイルのリストを表示できます。

    Admin Console の製品プロファイル

  6. 新規プロファイル」をクリックし、次の詳細を入力します。

    • 製品プロファイル名Incident Notification - Cloud Service
    • 表示名Incident Notification - Cloud Service
    • 説明:インシデント発生時またはアドビが AEM as a Cloud Service 環境の可用性に関する潜在的な問題を特定した場合に通知を受け取るユーザーの Cloud Manager プロファイル
  7. 保存」をクリックします。

  8. 新規プロファイル」をもう一度クリックし、次の詳細を入力します。

    • 製品プロファイル名Proactive Notification - Cloud Service
    • 表示名Proactive Notification - Cloud Service
    • 説明:アドビのサポートチームメンバーが、AEM as a Cloud Service 環境設定で行う潜在的な最適化やレコメンデーションに関するガイダンスを提供したい場合に通知を受け取るユーザーの Cloud Manager プロファイル
  9. 保存」をクリックします。

2 つの新しい通知プロファイルが作成されます。

メモ

Cloud Manager 製品プロファイル名​が指定されたものとまったく同じであることが重要です。エラーを避けるために、指定された製品プロファイル名をコピー&ペーストしてください。逸脱や入力ミスがあれば、通知が意図したとおりに送信されません。

エラーが発生した場合やプロファイルが定義されていない場合、アドビはデフォルトで Cloud Manager 開発者​または​デプロイメントマネージャー​プロファイルに割り当てられた既存のユーザーに通知します。

通知プロファイルにユーザーを割り当てる

プロファイルが作成されたら、適切なユーザーを割り当てる必要があります。これは、新規ユーザーの作成時または既存ユーザーの更新時に実行できます。

プロファイルに新規ユーザーを追加する

Federated ID がまだ設定されていないユーザーを追加するには、次の手順に従います。

  1. インシデントまたは事前通知を受け取るユーザーを特定します。

  2. まだログインしていない場合は、https://adminconsole.adobe.com で Admin Console にログインします。

  3. 適切な組織が選択されていることを確認します。

  4. 概要​ページで、製品とサービス​カードから「Adobe Experience Manager as a Cloud Service」を選択します。

    ユーザー

  5. チームメンバーの Federated ID がまだ設定されていない場合は、上部のナビゲーションから「ユーザー」タブを選択し、「ユーザーを追加」を選択します。それ以外の場合は、プロファイルに既存ユーザーを追加するの節にスキップします。

    ユーザー

  6. チームにユーザーを追加​ダイアログで、追加するユーザーのメール ID を入力し、「ID タイプ」に Adobe ID を選択します。

  7. 製品を選択​見出しの下にあるプラスボタンをクリックして、製品の選択を開始します。

  8. Adobe Experience Manager as a Cloud Service」を選択し、新しいプロファイルの一方または両方をユーザーに割り当てます。

    • インシデント通知 - Cloud Service
    • 事前通知 - Cloud Service
  9. 保存」をクリックすると、追加したユーザーにウェルカムメールが送信されます。

招待されたユーザーに通知が届くようになります。 通知を受信するチームのユーザーに対して、これらの手順を繰り返します。

プロファイルに既存ユーザーを追加する

Federated ID が既に存在するユーザーを追加するには、次の手順に従います。

  1. インシデントまたは事前通知を受け取るユーザーを特定します。

  2. まだログインしていない場合は、https://adminconsole.adobe.com で Admin Console にログインします。

  3. 適切な組織が選択されていることを確認します。

  4. 概要​ページで、製品とサービス​カードから「Adobe Experience Manager as a Cloud Service」を選択します。

  5. 上部のナビゲーションから「ユーザー」タブを選択します。

  6. 通知プロファイルに追加するチームメンバーの Federated ID が既に存在する場合は、そのユーザーをリスト内で見つけて、クリックします。それ以外の場合は、プロファイルに新規ユーザーを追加するの節にスキップします。

  7. ユーザー詳細ウィンドウの「製品」セクションで、省略記号ボタンをクリックし、「編集」を選択します。

  8. 製品を編集​ウィンドウで、製品を選択​見出しの下にある鉛筆ボタンをクリックして、製品の選択を開始します。

  9. Adobe Experience Manager as a Cloud Service」を選択し、新しいプロファイルの一方または両方をユーザーに割り当てます。

    • インシデント通知 - Cloud Service
    • 事前通知 - Cloud Service
  10. 保存」をクリックすると、追加したユーザーにウェルカムメールが送信されます。

招待されたユーザーに通知が届くようになります。 通知を受信するチームのユーザーに対して、これらの手順を繰り返します。

その他のリソース

オンボーディングジャーニーのコンテンツの範囲を超えてさらに詳しく知りたい場合に役立つ、追加のオプションリソースを次に示します。

  • アクションセンター — アクションセンターを活用して、インシデントやその他の重要な情報に便利に対応します。

このページ