SLA レポート

AEM as a Cloud Service での SLA レポートについては、以下の節を参照してください。

はじめに

お客様は、契約されたサービスレベル契約(SLA)に対する AEM の実稼動環境のパフォーマンスを確認できます。これは、メインヘッダーからアクセスできる「レポート」タブのメニューで使用できます。

次の例は、2021 年の月別の SLA 達成度を示すグラフです。

データポイントにマウスのポインターを置くと、その月の特定の値が表示されます。

メモ

これらのレポートは、逐次、顧客に提供されます。メインナビゲーションに「レポート」オプションが表示されない場合は、アドビ担当者に連絡して、レポートがいつ使用可能になるかを把握してください。

このグラフの「イベント分析」セクションには、現在選択されている年の中でプログラムに発生した一連のインシデントが表示されます。

各インシデントには、時間範囲、原因および一連のコメントが含まれています(下図を参照)。

SLA 指標

  • パブリッシュ階層(契約):これは、アドビとの契約で定義されるパブリッシュ層用の SLA です。

  • パブリッシュ階層(実際):これは、アドビまたはアドビのベンダーが原因となって発生したインシデントを組み込んだ、実稼動パブリッシュ層の測定稼動時間です。

  • オーサー階層(契約):これは、アドビとの契約で定義される作成者層用の SLA です。

  • オーサー階層(実際):これは、アドビまたはアドビのベンダーが原因となって発生したインシデントを組み込んだ、実稼動作成者層の測定稼動時間です。

このページ