Cloud Manager 環境変数

標準環境変数は、Cloud Manager を介して設定および管理できます。これらは実行時環境に提供され、OSGi 設定で使用できます。環境変数には、環境固有の値または環境シークレットを変更内容に応じて指定できます。

概要

環境変数は、AEM as a Cloud Service のユーザーに次のような多くの利点を提供します。

  • コードやアプリケーションの動作を、コンテキストや環境に応じて変化させることができます。例えば、実稼動環境やステージング環境と比較して開発環境で異なる設定を有効にして、コストのかかるミスを避けることができます。
  • 設定とセットアップは 1 回だけで済み、必要に応じて更新や削除が可能です。
  • 値は任意の時点で更新でき、コードの変更やデプロイメントを行う必要なく、即座に有効になります。
  • 設定からコードを分離でき、バージョン管理に機密情報を含める必要がありません。
  • コードの外部に存在するので、AEM as a Cloud Service アプリケーションのセキュリティが向上します。

環境変数を使用した一般的なユースケースを次に示します。

  • 別の外部エンドポイントを使用した AEM アプリケーションの接続
  • パスワードをコードベースに直接格納する代わりに、参照を使用する場合
  • 1 つのプログラムに開発環境が複数あり、環境によって一部の設定が異なる場合

環境変数の追加

  1. my.cloudmanager.adobe.com で Adobe Cloud Manager にログインします。

  2. Cloud Manager に、使用可能な様々なプログラムのリストが表示されます。管理するものを選択します。

  3. 選択したプログラムの「環境」タブを選択し、左側のナビゲーションパネルで環境変数を作成する環境を選択します。

  4. 環境の詳細で「設定」タブを選択し、「追加」を選択して 環境設定 ダイアログを開きます。

    • 初めて環境変数を追加する場合、ページの中央に「設定を追加」ボタンが表示されます。このボタンまたは「追加」を使用して、環境設定​ダイアログを開くことができます。

    「設定」タブ

  5. 変数の詳細を入力します。

    • 名前
    • 適用されるサービス - 変数をどのサービス(作成者/公開/プレビュー)に適用するか、またはすべてのサービスに適用するかを定義します
    • 種類 - 変数が通常の変数かシークレットかを定義します

    変数の追加

  6. 新しい変数を入力した後、新しい変数を含む行の最後の列で「追加」を選択する必要があります。

    • 新しい行を入力して「追加」を選択すると、一度に複数の変数を入力できます。

    変数の保存

  7. 保存」を選択して、変数を保持します。

表の上部と新しく追加された変数の横に、ステータスが 更新中 のインジケーターが表示され、環境が設定で更新されていることを示します。完了すると、新しい環境変数がテーブルに表示されます。

変数の更新

ヒント

複数の変数を追加する場合は、最初の変数を追加してから、環境設定​ダイアログの「追加」ボタンを使用してその他の変数を追加することをお勧めします。これにより、1 回の更新で環境に追加できます。

環境変数の更新

環境変数を作成したら、「追加/更新」ボタンを使用して環境変数を更新すると、環境設定​ダイアログを起動できます。

  1. my.cloudmanager.adobe.com で Adobe Cloud Manager にログインします。

  2. Cloud Manager に、使用可能な様々なプログラムのリストが表示されます。管理するものを選択します。

  3. 選択したプログラムの「環境」タブを選択し、左側のナビゲーションパネルで環境変数を作成する環境を選択します。

  4. 環境の詳細で「設定」タブを選択し、右上の「追加/更新」を選択して 環境設定 ダイアログを開きます。

    変数の「追加/更新」ボタン

  5. 変更する変数の行の最後の列にある省略記号ボタンを使用して、「編集」または「削除」を選択します。

    変数を編集または削除

  6. 必要に応じて環境変数を編集します。

    • 編集時には、省略記号ボタンが、元の値に戻すか、変更を確定するかの選択ボタンに変わります。
    • シークレットを編集する場合、値は更新のみ可能で、表示はできません。

    変数の編集

  7. 必要な設定の変更をすべて行ったら、「保存」を選択します。

変数を追加する場合と同様に、 ステータスが 更新中 のインジケーターがテーブルの上部と新しく更新された変数の横に表示され、環境が設定で更新されていることを示します。完了すると、更新された環境変数がテーブルに表示されます。

ヒント

複数の変数を更新する場合は、環境設定​ダイアログを使用して、必要なすべての変数を一度に更新してから、「保存」をタップまたはクリックすることをお勧めします。これにより、1 回の更新で環境に追加できます。

このページ