Forms 中心の AEM ワークフロー - ステップリファレンス

ワークフローモデルを使用して、ビジネスロジックを、自動化された繰り返しプロセスに変換します。モデルは、一連の手順を定義して実行するのに役立ちます。ワークフローを一時的なものにするか、複数のリソースを使用するかなど、モデルのプロパティを定義することもできます。ビジネスロジックを達成するために、様々な AEM ワークフローステップをモデルに含めることができます

Forms 中心のステップ

Forms 中心のワークフローステップは、AEM ワークフローで AEM Forms 固有の操作を実行します。これらのステップを使用すると、OSGi でアダプティブフォームをベースとした Forms 中心のワークフローを迅速に構築できます。これらのワークフローは、基本的なレビューワークフローおよび承認ワークフローの開発、ファイアウォール内およびファイアウォール間のビジネスプロセスの開発に使用できます。また、フォームのワークフローステップを使用して、次のようなことも行えます。

  • 登録プロセスを管理するためのビジネスプロセス、送信後のワークフローおよびバックエンドワークフローを作成する。

  • タスクを作成し、ユーザーまたはグループに割り当てる。

  • AEM ワークフローで Adobe Sign を使用して署名用のドキュメントを送信する。

  • オンデマンドまたはフォーム送信時にレコードのドキュメントを生成する。

  • ワークフローモデルを様々なデータソースに接続し、データを容易に保存および取得する。

  • 電子メールステップを使用して、アクションの完了時やワークフローの開始時または完了時に、通知電子メールおよびその他の添付ファイルを送信する。

メモ

ワークフローモデルが外部ストレージ用にマークされている場合、すべての Forms ワークフローステップで、変数オプションのみを選択して、データファイルと添付ファイルを保存または取得できます。

タスクを割り当てステップ

タスクを割り当てステップは、作業項目を作成してユーザーまたはグループに割り当てます。このコンポーネントは、タスクの割り当てに加えて、タスクのアダプティブフォームまたは非インタラクティブ PDF を指定します。アダプティブフォームは、ユーザーからの入力を受け取るために必要です。また、非インタラクティブ PDF または読み取り専用のアダプティブフォームは、レビュー専用のワークフローに使用されます。

このコンポーネントを使用すると、タスクの動作を制御することもできます。例えば、レコードのドキュメントの自動作成、特定のユーザーまたはグループへのタスクの割り当て、送信済みデータのパスの指定、事前入力されるデータのパスの指定、デフォルトアクションの指定が対象になります。タスクを割り当てステップには、次のプロパティがあります。

  • タイトル:タスクのタイトル。タイトルは AEM インボックスに表示されます。

  • 説明:タスクで実行される操作の説明。この情報は、共有開発環境で作業している場合に他のプロセス開発者にとって有用です。

  • サムネールのパス:タスクサムネールのパス。パスを指定しない場合、アダプティブフォームではデフォルトのサムネールが表示され、レコードのドキュメントではデフォルトのアイコンが表示されます。

  • ワークフローステージ:1 つのワークフローに複数のステージを含めることができます。これらのステージは、AEM インボックスに表示されます。これらのステージは、モデルのプロパティ(サイドキック/ページ/ページのプロパティ/ステージ)で定義できます。

  • 優先度:選択した優先度が AEM インボックスに表示されます。使用可能なオプションは、「高」、「中」および「低」です。デフォルト値は「中」です。

  • 期限:タスクが期限切れとマークされるまでの日数または時間数を指定します。「オフ」を選択した場合、タスクが期限切れとマークされることはありません。タイムアウトハンドラーを指定して、タスクが期限切れになった後に特定のタスクを実行することもできます。

  • :タスクを完了するまでの日数。この日数は、タスクがユーザーに割り当てられた後にカウントされます。タスクが完了せず、「日」フィールドに指定された日数を過ぎると、期限後にタイムアウトハンドラー(選択した場合)が呼び出されます。

  • 時間:タスクを完了するまでの時間数。この時間数は、タスクがユーザーに割り当てられた後にカウントされます。タスクが完了せず、「時間」フィールドに指定された時間数を過ぎると、期限後にタイムアウトハンドラー(選択した場合)が呼び出されます。

  • 期限後にタイムアウト:このオプションを選択して、タイムアウトハンドラー選択フィールドを有効にします。

  • タイムアウトハンドラー: タスクを割り当てステップが期限切れになったときに実行するスクリプトを選択します。CRX リポジトリ([apps]/fd/dashboard/scripts/timeoutHandler)にあるスクリプトを選択できます。指定されたパスは crx リポジトリに存在しません。このパスは、使用する前に管理者が作成します。

  • タスクの詳細の最後のタスクからのアクションとコメントをハイライト表示: タスクの詳細セクションで最後に実行されたアクションと受け取ったコメントを表示するには、このオプションを選択します。

  • タイプ: ワークフローの開始時に入力するドキュメントのタイプを選択します。アダプティブフォーム、読み取り専用のアダプティブフォームまたは非インタラクティブ PDF ドキュメントを選択できます。

  • アダプティブフォームを使用:入力されたアダプティブフォームを検索する方法を指定します。このオプションは、「タイプ」ドロップダウンリストから「アダプティブフォーム」または「読み取り専用アダプティブフォーム」を選択した場合に使用できます。アダプティブフォームは、ワークフローに送信されたもの、絶対パスで利用できるもの、変数内のパスで利用できるものを使用できます。パスを指定するには、String 型の変数を使用します。
    複数のアダプティブフォームをワークフローに関連付けることができます。それにより、使用可能な入力メソッドを使用して、ランタイム上でアダプティブフォームを指定できます。

  • アダプティブフォームのパス:アダプティブフォームのパスを指定します。ワークフローに送信済み、または絶対パスで使用可能なアダプティブフォームを使用できます。または、文字列データ型の変数に保存されたパスからアダプティブフォームを取得できます。

  • 次を使用して入力 PDF を選択:非インタラクティブ PDF ドキュメントのパスを指定します。このフィールドは、「タイプ」フィールドで非インタラクティブ PDF ドキュメントを選択した場合に使用できます。入力 PDF は、ペイロードに対する相対パス、絶対パスで保存されたもの、またはドキュメントデータ型の変数を使用して選択できます。例えば、[Payload_Directory]/Workflow/PDF/credit-card.pdf となります。このパスは crx リポジトリに存在しません。このパスは、使用する前に管理者が作成します。「PDF のパス」オプションを使用する場合は、有効な「レコードのドキュメント」オプションか、フォームテンプレートベースのアダプティブフォームが必要です。

  • 完了したタスクのアダプティブフォームを次の形式でレンダリングする:​タスクが完了とマークされると、アダプティブフォームを読み取り専用のアダプティブフォームまたは PDF ドキュメントとしてレンダリングできます。アダプティブフォームをレコードのドキュメントとしてレンダリングするには、有効な「レコードのドキュメント」オプションか、フォームテンプレートベースのアダプティブフォームが必要です。

  • 埋め込み済み:以下のフィールドは、タスクへの入力として使用できます。

    • 次を使用して入力データファイルを選択:入力データファイルのパス(.json、.xml、.doc またはフォームデータモデル)。ペイロードに対する相対パスを使用して入力データファイルを取得したり、ドキュメント、XML、JSON データ型の変数に格納されたファイルを取得したりできます。例えば、ファイルには、AEM インボックスアプリケーションを介してフォームに送信されるデータが含まれています。一例として、[Payload_Directory]/workflow/data というパスを指定します。

    • 次を使用して入力添付ファイルを選択:指定した場所にある添付ファイルは、タスクに関連付けられたフォームに添付されます。パスは、ペイロードを基準とした相対パスにすることも、ドキュメントの変数に格納された添付ファイルを取得することもできます。一例として、[Payload_Directory]/attachments/ というパスを指定します。ペイロードを基準にして添付ファイルを指定するか、ドキュメントタイプ(配列リスト/ドキュメント)変数を使用して、アダプティブフォームの入力添付ファイルを指定できます。

    • 要求属性マッピング:要求属性マッピングセクションを使用して、要求属性の名前と値を定義します。リクエストで指定された属性名と値に基づいて、データソースから詳細を取得します。リテラル値または String データ型の変数を使用して、要求属性値を定義できます。

  • 送信済み情報:以下のフィールドは、タスクの出力先として使用できます。

    • 次を使用して出力データファイルを保存:データファイル(.json、.xml、.doc またはフォームデータモデル)を保存します。このデータファイルには、関連付けられたフォームを介して送信された情報が含まれます。ペイロードに対する相対パスを使用して出力データファイルを保存するか、ドキュメント、XML または JSON データ型の変数に保存できます。例えば、[Payload_Directory]/Workflow/data のように指定します。ここで、data はファイルです。
    • 次を使用して添付ファイルを保存:タスクに指定されたフォーム添付ファイルを保存します。ペイロードに対する相対パスを使用して添付ファイルを保存するか、ドキュメントデータタイプの配列リストの変数に保存できます。
    • 次を使用してレコードのドキュメントを保存:レコードのドキュメントファイルの保存先のパス。例えば、[Payload_Directory]/DocumentofRecord/credit-card.pdf のように指定します。レコードのドキュメントは、ペイロードに対する相対パスを使用して保存するか、ドキュメントデータ型の変数に格納できます。「ペイロードを基準とする」オプションを選択した場合、パスフィールドを空のままにすると、レコードのドキュメントは生成されません。このオプションは、「タイプ」ドロップダウンリストから「アダプティブフォーム」を選択した場合にのみ使用できます。
  • 割り当て先割り当てオプション:タスクをユーザーに割り当てる方法を指定します。参加者選択スクリプトを使用してタスクを動的にユーザーまたはグループに割り当てることも、タスクを特定の AEM ユーザーまたはグループに割り当てることもできます。

  • 参加者選択:このオプションは、「割り当てオプション」フィールドで「ユーザーまたはグループに動的に割り当て」オプションを選択した場合に使用できます。ユーザーまたはグループを動的に選択するには、ECMAScript またはサービスを使用できます。詳しくは、ワークフローを動的にユーザーに割り当てる方法および Adobe Experience Manager のカスタム動的参加者ステップの作成を参照してください。

  • 参加者:このオプションは、「参加者選択」フィールドで「com.adobe.granite.workflow.core.process.RandomParticipantChooser」オプションが選択されている場合に使用できます。このフィールドでは、「RandomParticipantChooser」オプションのユーザーまたはグループを選択できます。

  • 担当者:このオプションは、「参加者選択」フィールドで「com.adobe.fd.workspace.step.service.VariableParticipantChooser」オプションが選択されている場合に使用できます。このフィールドでは、String データ型の変数を選択して、担当者を定義できます。

  • 引数:このフィールドは、参加者選択フィールドで RandomParticipantChoose スクリプト以外のスクリプトが選択されている場合に使用できます。このフィールドでは、参加者選択フィールドで選択したスクリプトに渡すコンマ区切りの引数のリストを指定できます。

  • ユーザーまたはグループ:選択したユーザーまたはグループにタスクが割り当てられます。このオプションは、「割り当てオプション」フィールドで「特定のユーザーまたはグループに割り当て」オプションを選択した場合に使用できます。このフィールドには、workflow-users グループのすべてのユーザーとグループが一覧表示されます。
    ユーザーまたはグループ」ドロップダウンメニューには、ログインユーザーおよびグループがアクセスできるリストが表示されます。ユーザー名の表示は、その特定のユーザーの crx-repository の users ノードに対するアクセス権限があるかどうかによって異なります。

  • 通知メールを送信: 電子メール通知を担当者に送信するには、このオプションを選択します。この通知は、タスクがユーザーまたはグループに割り当てられたときに送信されます。「受信者の電子メールアドレス」オプションを使用して、電子メールアドレスを取得するメカニズムを指定できます。

  • 受信者の電子メールアドレス:電子メールアドレスは、変数に格納したり、リテラルを使用して永続的な電子メールアドレスを指定したり、担当者のプロファイルで指定したデフォルトの電子メールアドレスを使用したりできます。リテラルまたは変数を使用して、グループの電子メールアドレスを指定できます。変数オプションは、電子メールアドレスを動的に取得して使用する場合に便利です。「担当者のデフォルトの電子メールアドレスを使用する」オプションは、1 人の担当者に対してのみ使用できます。この場合、担当者のユーザープロファイルに保存されている電子メールアドレスが使用されます。

  • HTML 電子メールテンプレート: 通知電子メールの電子メールテンプレートを選択します。テンプレートを編集するには、crx リポジトリの /libs/fd/dashboard/templates/email/htmlEmailTemplate.txt にあるファイルを変更します。

  • 許可する委任先:AEM インボックスには、ログインユーザーが、割り当てられたワークフローを別のユーザーに委任するオプションが用意されています。同じグループ内または別のグループのワークフローユーザーに委任することができます。タスクが 1 人のユーザーに割り当てられていて、「担当者グループのメンバーへの委任を許可する」オプションが選択されている場合、そのタスクを別のユーザーまたはグループに委任することはできません。

  • 共有設定:AEM インボックスには、インボックス内の 1 人またはすべてのタスクを他のユーザーと共有するオプションが用意されています。

    • 担当者がインボックスで明示的に共有することを許可する」オプションが選択されている場合、ユーザーは AEM インボックスでタスクを選択し、別の AEM ユーザーと共有できます。
    • 担当者がインボックスの共有を使用して共有することを許可する」オプションを選択し、ユーザーがインボックス項目を共有したり、他のユーザーがインボックス項目にアクセスできるようにした場合、前述のオプションが有効になっているタスクのみが他のユーザーと共有されます。
    • 「担当者が「不在」設定を使用して委任することを許可する」が選択されている場合。担当者は、このタスクを他のユーザーに委任すると共に、その他の「不在」オプションも指定できます。不在タスクに割り当てられた新しいユーザーは、不在設定で指定されたユーザーに自動的に委任(割り当て)されます。

    これにより、不在時に割り当てられたタスクを作業できない場合に、他のユーザーが担当者のタスクを選択できるようになります。

  • アクションデフォルトのアクション:標準提供されている送信、保存およびリセットアクションを使用できます。デフォルトのアクションはすべて、デフォルトで有効になっています。

  • ルート変数:ルート変数の名前。ルート変数は、ユーザーが AEM インボックスで選択したカスタムアクションを取得します。

  • ルート:タスクは様々なルートに分岐することができます。AEM インボックスで選択すると、ルートから値が返され、選択したルートに基づいてワークフローが分岐します。ルートは、文字列データ型の配列の変数に格納するか、リテラル​を選択して手動でルートを追加できます。

  • ルートタイトル:ルートのタイトルを指定します。タイトルは AEM インボックスに表示されます。

  • Coral アイコン: Coral アイコンの HTML 属性を指定します。Adobe CoralUI ライブラリでは、多数のタッチファーストなアイコンを提供します。ルートのアイコンを選択して使用することができます。アイコンは、タイトルと共に AEM インボックスに表示されます。変数にルートを格納した場合、ルートにはデフォルトの「タグ」Coral アイコンが使用されます。

  • 担当者がコメントを追加することを許可: タスクのコメントを有効にするには、このオプションを選択します。担当者は、タスクの送信時に AEM インボックス内からコメントを追加できます。

  • 変数にコメントを保存:コメントを文字列データ型の変数に保存します。このオプションは、「担当者がコメントを追加することを許可」チェックボックスを選択した場合にのみ表示されます。

  • 担当者がタスクに添付ファイルを追加することを許可: タスクの添付ファイルを有効にするには、このオプションを選択します。担当者は、タスクの送信時に AEM インボックス内から添付ファイルを追加できます。添付ファイルの最大サイズ​(最大ファイルサイズ)​を制限することもできます。デフォルトサイズは 2 MB です。

  • 次を使用して出力タスクの添付ファイルを保存:添付ファイルフォルダーの場所を指定します。出力タスクの添付ファイルは、ペイロードに対する相対パスを使用するか、ドキュメントデータタイプの配列の変数に保存できます。このオプションは、「担当者がタスクに添付ファイルを追加することを許可」チェックボックスを選択し、「フォーム / ドキュメント」タブの「タイプ」ドロップダウンリストから、「アダプティブフォーム」、「読み取り専用アダプティブフォーム」または「非インタラクティブ PDF ドキュメント」を選択した場合にのみ表示されます。

  • カスタムメタデータを使用: カスタムメタデータフィールドを有効にするには、このオプションを選択します。カスタムメタデータは電子メールテンプレートで使用されます。

  • カスタムメタデータ: 電子メールテンプレートのカスタムメタデータを選択します。カスタムメタデータは、crx リポジトリの apps/fd/dashboard/scripts/metadataScripts にあります。指定されたパスは crx リポジトリに存在しません。このパスは、使用する前に管理者が作成します。また、カスタムメタデータ用のサービスを使用することもできます。さらに、WorkitemUserMetadataService インターフェイスを拡張してカスタムメタデータを提供することもできます。

  • 前のステップのデータを表示します:以前の担当者、タスクに対して既に実行されたアクション、タスクに追加されたコメントおよび完了したタスクのレコードのドキュメント(使用可能な場合)を担当者が表示できるようにするには、このオプションを選択します。

  • 以降のステップのデータを表示します: 後続の担当者が実行したアクションと追加したコメントを現在の担当者が表示できるようにするには、このオプションを選択します。また、このオプションを選択すると、完了したタスクのレコードのドキュメント(使用可能な場合)を現在の担当者が表示できるようになります。

  • データタイプの表示:デフォルトで、担当者は、レコードのドキュメント、担当者、実行されたアクションに加え、前の担当者および後続の担当者が追加したコメントを表示することができます。「データタイプの表示」オプションを使用すると、担当者に表示されるデータタイプが制限されます。

メモ

外部データストレージを使用するように AEM ワークフローモデルを設定する場合、「タスクを割り当て」ステップをドラフトとして保存するオプションと、「タスクを割り当て」ステップの履歴を取得するオプションは無効です。また、インボックスでは、保存するオプションは無効になっています。

PDF/A に変換ステップ

PDF/A は、フォントを埋め込み、ファイルを圧縮解除することで、ドキュメントのコンテンツを長期保存するためのアーカイブ形式です。 その結果、通常、PDF/A ドキュメントは標準の PDF ドキュメントよりも大きくなります。以下を使用して、 PDF/A に変換 AEM Workflow のステップを使用して、PDFドキュメントをPDF/A 形式に変換します。

「PDF/A に変換」の手順には、次のプロパティがあります。

入力ドキュメント:入力ドキュメントは、ペイロードを基準とした相対パス、絶対パス、ペイロードとして提供したり、Document データ型の変数に格納したりできます。

変換オプション:このプロパティを使用して、PDFドキュメントをPDF/A ドキュメントに変換する設定を指定します。 このタブで使用できる様々なオプションを次に示します。

  • 準拠:出力PDF/A ドキュメントが準拠する必要がある標準を指定します。 PDF/A-1b、PDF/A-2b、PDF/A-3b など、様々なPDF標準をサポートします。
  • 結果レベル:変換出力の結果レベルを PassFail、Summary、または Detailed と指定します。
  • カラースペース:事前に定義されたカラースペースを、出力PDF/A ファイルに使用できる S_RGB、COATED_FOGRA27、JAPAN_COLOR_COATED、SWOP のいずれかとして指定します。
  • オプションコンテンツ:指定した基準のセットを満たした場合にのみ、特定のグラフィックオブジェクトや注釈を出力PDF/A ドキュメントに表示できるようにします。

出力ドキュメント:出力ファイルを保存する場所を指定します。 出力ファイルは、ペイロードを基準とした場所に保存したり、ペイロードがファイルの場合はペイロードを上書きしたり、Document データ型の変数で保存したりできます。

電子メールを送信ステップ

電子メールのステップを使用して、レコードのドキュメント、アダプティブフォームのリンクまたは添付 PDF ドキュメントを含む電子メールを送信します。電子メールを送信ステップは、HTML 電子メールをサポートします。HTML 電子メールは、受信者の電子メールクライアントや画面サイズにレスポンシブに対応します。HTML 電子メールテンプレートを使用して、電子メールの外観、カラースキーム、動作を定義できます。

電子メールステップは、Day CQ Mail Service を使用して電子メールを送信します。電子メールステップを使用する前に、電子メールサービスが設定されていることを確認してください。電子メールは、デフォルトでは HTTP プロトコルおよび HTTPs プロトコルのみをサポートします。サポートチームに問い合わせて、電子メールの送信用のポートと、環境用の SMTP プロトコルを有効にします。この制限は、プラットフォームのセキュリティの向上に役立ちます。

電子メールステップには、次のプロパティがあります。

タイトル:ステップのタイトルは、ワークフローエディターでステップを識別するのに役立ちます。

説明:説明は、共通の開発環境で作業する他のプロセス開発者にとって有用です。

電子メールの件名:件名は、ワークフローメタデータから取得でき、手動で指定することも、変数に格納されている値から取得することもできます。次のいずれかのオプションを選択します。

  • リテラル - 件名を手動で指定します。
  • ワークフローメタデータから取得 - メタデータプロパティから件名を取得します。
  • 変数 - 文字列データ型の変数に格納された値から件名を取得します。

HTML 電子メールテンプレート:​電子メール用の HTML テンプレートです。電子メールテンプレート内で変数を指定することができます。電子メールステップは、入力のため、テンプレートに含まれるすべての変数を抽出して表示します。

電子メールテンプレートメタデータ:電子メールテンプレート変数の値は、ユーザー指定の値にすることも、オーサーサーバーまたはパブリッシュサーバー上のアセットのパスや、画像、ワークフローメタデータプロパティにすることもできます。

  • リテラル:指定する値が正確に分かっている場合は、このオプションを使用します。例えば、example@example.com と指定します。

  • ワークフローメタデータ:使用する値がワークフローメタデータプロパティに保存されている場合は、このオプションを使用します。このオプションを選択したら、「ワークフローメタデータ」オプションの下の空のテキストボックスにメタデータプロパティ名を入力します。例えば、emailAddress と指定します。

  • 画像:画像を電子メールに埋め込むには、このオプションを使用します。このオプションを選択したら、画像を参照して選択します。「画像」オプションは、E メールテンプレートで使用できる画像タグ (<img src="<span id=" translate="no" />「/>」) に対してのみ使用できます。*

送信者/受信者の電子メールアドレス: 電子メールアドレスを手動で指定するには、「リテラル」オプションを選択します。電子メールアドレスをメタデータプロパティから取得するには、「ワークフローメタデータから取得」オプションを選択します。
ワークフローメタデータから取得」オプションのメタデータプロパティ配列のリストを指定することもできます。「変数」オプションを選択して、文字列データ型の変数に格納されている値から電子メールアドレスを取得します。

  • 添付ファイル:指定された場所で使用可能なアセットが電子メールに添付されます。アセットのパスは、ペイロードに対する相対パスまたは絶対パスのどちらでもかまいません。一例として、[Payload_Directory]/attachments/ というパスを指定します。

変数」オプションを選択して、ドキュメント、XML、JSON データ型の変数に格納された添付ファイルを取得します。

ファイル名:電子メール添付ファイルの名前です。電子メールステップは、添付ファイルの元のファイル名を指定されたファイル名に変更します。この名前は、手動で指定することも、ワークフローメタデータのプロパティまたは変数から取得することもできます。指定する値が正確に分かっている場合は、「リテラル」オプションを使用します。「変数」オプションを使用して、文字列データ型の変数に格納された値からファイル名を取得します。使用する値がワークフローメタデータプロパティに保存されている場合は、「ワークフローメタデータから取得」オプションを使用します。

レコードのドキュメントを生成ステップ

フォームの入力時または送信時には、そのフォームを印刷物またはドキュメント形式で記録しておくことができます。このレコードは、レコードのドキュメント(DoR)と呼ばれる、レコードのドキュメントを生成ステップを使用して、アダプティブフォームの(読み取り専用またはインタラクティブの)PDF バージョンを作成することができます。PDF バージョンには、アダプティブフォームのレイアウトと共にフォームに入力された情報が含まれます。

レコードのドキュメントステップには、次のプロパティがあります。

アダプティブフォームを使用:入力されたアダプティブフォームを検索する方法を指定します。アダプティブフォームは、ワークフローに送信されたもの、絶対パスで利用できるもの、変数内のパスで利用できるものを使用できます。文字列データ型の変数を使用して、「変数を選択して解決」フィールドのパスを指定できます。
複数のアダプティブフォームをワークフローに関連付けることができます。それにより、使用可能な入力メソッドを使用して、ランタイム上でアダプティブフォームを指定できます。

アダプティブフォームのパス:アダプティブフォームのパスを指定します。このフィールドは、「アダプティブフォームを使用」フィールドから「絶対パスで使用可能」オプションを選択した場合に使用できます。

以下のオプションを使用して入力データを選択:アダプティブフォームの入力データのパス。データは、ペイロードに対する相対的な場所に保持したり、データの絶対パスを指定したり、ドキュメント、JSON または XML データ型の変数に格納されたデータを取得したりできます。入力データは、レコードのドキュメントを作成するためにアダプティブフォームと結合されます。

次を使用して入力添付ファイルのパスを選択:添付ファイルのパス。これらの添付ファイルは「レコードのドキュメント」に含まれます。添付ファイルは、ペイロードに対する相対的な場所に保持したり、添付ファイルの絶対パスを指定したり、ドキュメントデータ型配列の変数に格納された添付ファイルを取得したりできます。

フォルダーのパスを指定すると、添付ファイルなど、そのフォルダー内で直接使用可能なすべてのファイルがレコードのドキュメントに添付されます。指定された添付ファイルのパスに直接存在するフォルダー内に使用できるファイルがある場合、そのファイルはレコードのドキュメントに添付ファイルとして含まれます。直接存在するフォルダー内にフォルダーがある場合、それらはスキップされます。

以下のオプションを使用して生成されたレコードのドキュメントを保存:レコードのドキュメントファイルを保持する場所を指定します。ペイロードフォルダーを上書き、ペイロードディレクトリ内の任意の場所にレコードのドキュメントを配置、ドキュメントデータ型の変数にレコードのドキュメントを格納することを選択できます。

ロケール:レコードのドキュメントの言語を指定します。ドロップダウンリストからロケールを選択する場合は「リテラル」を選択し、文字列データ型の変数に格納されている値からロケールを取得する場合は「変数」を選択します。ロケールの値を変数に格納する際は、ロケールコードを定義する必要があります。例えば、英語は en_US、フランス語は fr_FR と指定します。

DDX を呼び出しステップ

Document Description XML (DDX) は、宣言的なマークアップ言語です。この言語の要素は、ドキュメントの構築ブロックを表します。 これらの構築ブロックには、PDFおよび XDP ドキュメントと、コメント、しおり、スタイル設定されたテキストなどのその他の要素が含まれます。 DDX は一連の操作を定義します。1 つ以上の入力ドキュメントに適用して、1 つ以上の出力ドキュメントを生成することができます。 1 つの DDX を様々なソースドキュメントと共に使用できます。 以下を使用して、 DDX を起動ステップ AEM Workflow での様々な操作 ( ドキュメントの分解、Acrobatと XFA Formsの作成と変更、およびその他の説明 ( DDX リファレンスドキュメント.

「Invoke DDX」ステップには次のプロパティがあります。

入力ドキュメント:入力ドキュメントのプロパティを設定するために使用します。 このタブで使用できる様々なオプションを次に示します。

  • 次を使用して DDX を指定:ペイロードを基準とした入力ドキュメントを指定します。絶対パスを持つか、ペイロードとして提供するか、Document データ型の変数に格納できます。
  • ペイロードからマップを作成:Assembler で呼び出し API 用に、ペイロードフォルダーの下のすべてのドキュメントを Input Document's Map に追加します。 各ドキュメントのノード名は、マップのキーとして使用されます。
  • 入力ドキュメントのマップ:オプションは、 追加 」ボタンをクリックします。 各エントリは、マップ内のドキュメントのキーとドキュメントのソースを表します。

環境オプション:このオプションは、呼び出し API の処理設定を設定するために使用されます。 このタブで使用できる様々なオプションを次に示します。

  • 検証のみ:入力 DDX ドキュメントの有効性を確認します。
  • エラー時に失敗:エラーの場合に呼び出し API サービスが失敗するかどうかを示すブール値。 デフォルトでは、この値は False に設定されています。
  • 最初の通し番号:自己増分する数を指定します。 この自己増分値は、連続する各ページに自動的に表示されます。
  • デフォルトのスタイル:出力ファイルのデフォルトのスタイルを設定します。
メモ

環境オプションは、HTTP API と同期が維持されます。

出力ドキュメント:出力ファイルを保存する場所を指定します。 このタブで使用できる様々なオプションを次に示します。

  • 出力をペイロードに保存:ペイロードフォルダーの下に出力ドキュメントを保存するか、ペイロードがファイルの場合はペイロードを上書きします。
  • 出力ドキュメントのマップ:ドキュメントごとに 1 つのエントリを追加して、各ドキュメントファイルを明示的に保存する場所を指定します。 各エントリは、ドキュメントと、その保存場所を表します。 出力ドキュメントが複数ある場合は、このオプションが使用されます。

フォームデータモデルサービスを呼び出しステップ

AEM Forms のデータ統合機能により、複数の異なるデータソースを設定して接続することができます。これらのデータソースには、web サービス、REST サービス、OData サービス、CRM ソリューションがあります。AEM Forms のデータ統合を使用すると、様々なサービスを実行するフォームデータモデルを作成できます。例えば、構成されたデータベースに対して、データの取得、追加、更新を実行できます。データモデルサービスの呼び出しステップ​を使用して、フォームデータモデル(FDM)を選択し、FDM のサービスを使用できます。例えば、各種データソースの取得、更新、追加を行うことができます。

ステップのフィールドの入力について説明するために、次のデータベーステーブルと JSON ファイルを例として使用します。

サンプル CustomerDetails テーブル

プロパティ

Sarah
Rose
Customer ID 1
電子メールアドレス
srose@we.info

サンプル JSON ファイル

  {
    customer: {
     firstName: "Sarah",
     lastName:"Rose",
     customerId: "1",
     emailAddress:"srose@we.info"
   },
    insurance: {
     customerId: "1",
    policyType: "Premium,
    policyNumber: "Premium-521499",
    customerDetails: {
     firstName: "Sarah",
     lastName: "Rose",
     customerId: "1",
     emailAddress: "srose@we.info"
    }
   }
  }

フォームデータモデルサービスを呼び出しステップには、以下に一覧されたフィールドがあり、フォームデータモデルの操作に役立ちます。

  • タイトル:ステップのタイトルです。ワークフローエディターでステップを識別するのに役立ちます。

  • 説明:説明は、共通の開発環境で作業する他のプロセス開発者にとって有用です。

  • フォームデータモデルのパス: サーバー上のフォームデータモデルを参照して選択します。

  • エラーと検証:このオプションを使用すると、エラーメッセージを取得し、データソースに取得して送信するデータの検証オプションを指定できます。これらの変更により、フォームデータモデルサービスを呼び出しステップに渡されたデータが、データソースで定義されているデータ制約に従っていることを確認できます。詳しくは、入力データの自動検証を参照してください

  • 検証レベル:検証には、基本、完全、オフの 3 つのカテゴリがあります。

    • 完全:すべての制約が検証されます。
    • 基本:必須および NULL 許容の制約のみ
    • オフ:検証は行われません。
  • 失敗時にワークフローを終了:制約の検証に失敗すると、ワークフローは停止します。

  • エラーコードを変数内に格納:エラーコードは、文字列型の変数に格納できます。

  • エラーメッセージを変数内に格納:エラーメッセージは、文字列型の変数に格納できます。

  • エラーの詳細を変数内に格納:エラーの詳細は、JSON 型の変数に格納できます

  • サービス:選択したフォームデータモデルのサービスのリストです。

  • サービスの入力リテラル、変数またはワークフローメタデータおよび JSON ファイルを使用して入力データを指定:サービスには複数の引数を持たせることができます。ワークフローメタデータプロパティ、JSON オブジェクト、変数からサービス引数の値を取得するか、用意されたテキストボックスに直接値を入力するには、このオプションを選択します。

    • リテラル:指定する値が正確に分かっている場合は、このオプションを使用します。例えば、srose@we.info と指定します。

    • 変数:変数に格納された値を取得するには、このオプションを使用します。

    • ワークフローメタデータから取得:使用する値がワークフローメタデータプロパティに保存されている場合は、このオプションを使用します。例えば、emailAddress と指定します。

    • ペイロードに相対的:ペイロードへの相対パスに保存された添付ファイルを取得するには、オプションを使用します。オプションを選択し、添付ファイルを含むフォルダー名を指定するか、テキストボックスで添付ファイル名を指定します。

      例えば、CRX リポジトリの「ペイロードに相対的」フォルダーの attachment\attachment-folder の場所にファイル添付ファイルが含まれている場合、「ペイロードに相対的」オプションを選択した後、テキストボックスで attachment\attachment-folder を指定します。

    • JSON ドット表記法:使用する値が JSON ファイル内にある場合は、このオプションを使用します。例えば、insurance.customerDetails.emailAddress と指定します。「JSON ドット表記法」オプションを使用できるのは、「入力 JSON からのマップ入力フィールド」オプションが選択されている場合だけです。

    • 入力 JSON からのマップ入力フィールド:JSON ファイルのパスを指定して、その JSON ファイルから一部のサービスの引数の入力値を取得します。JSON ファイルのパスは、ペイロードとの相対パス、絶対パスにするか、JSON またはフォームデータモデル型の変数を使用して入力 JSON ドキュメントを選択できます。

  • サービスの入力変数または JSON ファイルを使用して入力データを指定: 絶対パス、ペイロードに対する相対パスまたは変数に保存された JSON ファイルからすべての引数の値を取得する場合は、このオプションを選択します。

  • 次を使用して入力 JSON ドキュメントを選択:すべてのサービス引数の値が含まれる JSON ファイル。JSON ファイルのパスは、ペイロードに対する相対パス​または​絶対パス​のどちらでもかまいません。また、JSON またはフォームデータモデルデータ型の変数を使用して、入力 JSON ドキュメントを取得することもできます。

  • JSON ドット表記法:指定した JSON ファイルのすべてのオブジェクトをサービス引数の入力として使用するには、フィールドを空のままにします。指定した JSON ファイルからサービス引数の入力として特定の JSON オブジェクトを読み取るには、JSON オブジェクトにドット表記法を指定します。例えば、この節の冒頭に一覧表示されている JSON に似た JSON を使用している場合は、insurance.customerDetails を指定して、顧客のすべての詳細をサービスへの入力として提供します。

  • サービスの出力​マップして出力値を変数またはメタデータに書き込む: CRX リポジトリ内のワークフローインスタンスのメタデータノードのプロパティとして出力値を保存するには、このオプションを選択します。メタデータプロパティの名前を指定し、メタデータプロパティにマップされる対応するサービス出力属性を選択します。例えば、出力サービスが返す phone_number をワークフローメタデータの phone_number プロパティでマッピングします。同様に、出力は Long データ型の変数に格納できます。「マッピングする必要があるサービス出力属性」オプションのプロパティを選択すると、選択したプロパティのデータを保存できる変数のみが、「出力を次に保存」オプションに設定されます。

  • サービスの出力出力を変数または JSON ファイルに保存: 出力値を絶対パス、ペイロードに対する相対パス、または変数内の JSON ファイルに保存する場合は、このオプションを選択します。

  • 以下のオプションを使用して出力 JSON ドキュメントを保存する:出力 JSON ファイルを保存します。出力 JSON ファイルのパスは、ペイロードに対する相対パスまたは絶対パスのどちらでもかまいません。また、JSON またはフォームデータモデルデータ型の変数を使用して、出力 JSON ファイルを保存することもできます。

ドキュメントに署名ステップ

ドキュメントに署名ステップでは、Adobe Sign を使用してドキュメントに署名できます。Adobe Sign ワークフローステップを使用してアダプティブフォームに署名する場合、ワークフローステップの設定に応じて、フォームを順番に署名者に渡すか、すべての署名者に同時送信することができます。Adobe Sign が有効なアダプティブフォームは、すべての署名者が署名プロセスを完了した後にのみ、Experience Manager Forms サーバーに送信されます。

デフォルトでは、Adobe Sign スケジューラーサービスは、24 時間ごとに署名者の応答を確認(ポーリング)します。現在の環境に合わせて、このデフォルト値を変更することができます。

ドキュメントへの署名手順には、次のプロパティがあります。

  • 契約名:契約のタイトルを指定します。契約名は、署名者に送信される電子メールの件名と本文の一部として使用されます。名前は文字列データ型の変数に格納するか、リテラル​を選択して手動で追加できます。

  • ロケール:電子メールと検証オプションの言語を指定します。ロケールは文字列データ型の変数に格納するか、リテラル​を選択して、使用可能なオプションのリストからロケールを選択できます。ロケールの値を変数に格納する際は、ロケールコードを定義する必要があります。例えば、英語は en_US、フランス語は fr_FR と指定します。

  • Adobe Sign クラウド設定:Adobe Sign クラウド設定を選択します。Adobe Sign を AEM Forms 用に設定していない場合は、 Adobe Sign と AEM Forms の統合を参照してください。

  • 次を使用して署名するドキュメントを選択:ペイロードに対する相対的な場所からドキュメントを選択、ドキュメントとしてペイロードを使用、ドキュメントの絶対パスを指定、またはドキュメントデータ型の変数に格納されたドキュメントを取得できます。

  • 期限までの残り日数:「期限までの残り日数」フィールドに指定された日数の間にタスクのアクティビティがない場合、ドキュメントは期限切れとマークされます。日数は、ドキュメントが署名のためにユーザーに割り当てられた後にカウントされます。

  • リマインダー電子メールの頻度:リマインダー電子メールを日単位または週単位で送信できます。週のカウントは、ドキュメントが署名のためにユーザーに割り当てられた日から始まります。

  • 署名プロセス:​ドキュメントへの署名を順次おこなうか並列でおこなうかを選択できます。順次署名する場合、ドキュメントは署名のために一度に 1 人の署名者に送信されます。最初の署名者がドキュメントの署名を完了すると、ドキュメントは 2 人目の署名者に送信され、それ以降も同様です。並列で署名する場合、複数の署名者が同時に 1 つのドキュメントに署名することができます。

  • リダイレクト URL:リダイレクト URL を指定します。ドキュメントへの署名が完了したら、担当者を URL にリダイレクトすることができます。通常、この URL には、感謝のメッセージやその後の手順が含まれています。

  • ワークフローステージ:1 つのワークフローに複数のステージを含めることができます。これらのステージは、AEM インボックスに表示されます。これらのステージは、モデルのプロパティ(サイドキックページページのプロパティステージ)で定義できます。

  • 署名者を選択:ドキュメントの署名者を選択する方法を指定します。ワークフローを動的にユーザーまたはグループに割り当てることも、手動で署名者の詳細を追加することもできます。

  • 署名者を選択するスクリプトまたはサービス:このオプションを使用できるのは、「署名者を選択」フィールドで「動的」オプションが選択されている場合のみです。ECMAScript またはサービスを指定して、ドキュメントの署名者と検証オプションを選択することができます。

  • 署名者の詳細:このオプションを使用できるのは、「署名者を選択」フィールドで「手動」オプションが選択されている場合のみです。電子メールアドレスを指定し、オプションの検証メカニズムを選択します。2 段階認証メカニズムを選択する前に、設定済みの Adobe Sign アカウントに対して対応する認証オプションが有効になっていることを確認してください。文字列データ型の変数を使用して、「電子メール」、「国コード」、「電話番号」の各フィールドの値を定義できます。「国コード」と「電話番号」フィールドは、「2 段階認証」ドロップダウンリストから「電話の検証」を選択した場合にのみ表示されます。

このページ