Forms 中心の AEM ワークフロー - ステップリファレンス

ワークフローモデルを使用して、ビジネスロジックを、自動化された繰り返しプロセスに変換します。モデルは、一連の手順を定義して実行するのに役立ちます。ワークフローを一時的なものにするか、複数のリソースを使用するかなど、モデルのプロパティを定義することもできます。ビジネスロジックを達成するために、様々な AEM ワークフローステップをモデルに含めることができます

Forms 中心のステップ

Forms 中心のワークフローステップは、AEM ワークフローで AEM Forms 固有の操作を実行します。これらのステップを使用すると、OSGi でアダプティブフォームをベースとした Forms 中心のワークフローを迅速に構築できます。これらのワークフローは、基本的なレビューワークフローおよび承認ワークフローの開発、ファイアウォール内およびファイアウォール間のビジネスプロセスの開発に使用できます。また、フォームのワークフローステップを使用して、次のようなことも行えます。

  • 登録プロセスを管理するためのビジネスプロセス、送信後のワークフローおよびバックエンドワークフローを作成する。

  • タスクを作成し、ユーザーまたはグループに割り当てる。

  • AEM ワークフローで Adobe Sign を使用して署名用のドキュメントを送信する。

  • オンデマンドまたはフォーム送信時にレコードのドキュメントを生成する。

  • ワークフローモデルを様々なデータソースに接続し、データを容易に保存および取得する。

  • 電子メールステップを使用して、アクションの完了時やワークフローの開始時または完了時に、通知電子メールおよびその他の添付ファイルを送信する。

メモ

ワークフローモデルが外部ストレージ用にマークされている場合、すべての Forms ワークフローステップで、変数オプションのみを選択して、データファイルと添付ファイルを保存または取得できます。

タスクを割り当てステップ

タスクを割り当てステップは、作業項目を作成してユーザーまたはグループに割り当てます。このコンポーネントは、タスクの割り当てに加えて、タスクのアダプティブフォームまたは非インタラクティブ PDF を指定します。アダプティブフォームは、ユーザーからの入力を受け取るために必要です。また、非インタラクティブ PDF または読み取り専用のアダプティブフォームは、レビュー専用のワークフローに使用されます。

このコンポーネントを使用すると、タスクの動作を制御することもできます。例えば、レコードのドキュメントの自動作成、特定のユーザーまたはグループへのタスクの割り当て、送信済みデータのパスの指定、事前入力されるデータのパスの指定、デフォルトアクションの指定が対象になります。タスクを割り当てステップには、次のプロパティがあります。

  • タイトル:タスクのタイトル。タイトルは AEM インボックスに表示されます。

  • 説明:タスクで実行される操作の説明。この情報は、共有開発環境で作業している場合に他のプロセス開発者にとって有用です。

  • サムネールのパス:タスクサムネールのパス。パスを指定しない場合、アダプティブフォームではデフォルトのサムネールが表示され、レコードのドキュメントではデフォルトのアイコンが表示されます。

  • ワークフローステージ:1 つのワークフローに複数のステージを含めることができます。これらのステージは、AEM インボックスに表示されます。これらのステージは、モデルのプロパティ(サイドキック/ページ/ページのプロパティ/ステージ)で定義できます。

  • 優先度:選択した優先度が AEM インボックスに表示されます。使用可能なオプションは、「高」、「中」および「低」です。デフォルト値は「中」です。

  • 期限:タスクが期限切れとマークされるまでの日数または時間数を指定します。「オフ」を選択した場合、タスクが期限切れとマークされることはありません。タイムアウトハンドラーを指定して、タスクが期限切れになった後に特定のタスクを実行することもできます。

  • :タスクを完了するまでの日数。この日数は、タスクがユーザーに割り当てられた後にカウントされます。タスクが完了せず、「日」フィールドに指定された日数を過ぎると、期限後にタイムアウトハンドラー(選択した場合)が呼び出されます。

  • 時間:タスクを完了するまでの時間数。この時間数は、タスクがユーザーに割り当てられた後にカウントされます。タスクが完了せず、「時間」フィールドに指定された時間数を過ぎると、期限後にタイムアウトハンドラー(選択した場合)が呼び出されます。

  • 期限後にタイムアウト:このオプションを選択して、タイムアウトハンドラー選択フィールドを有効にします。

  • タイムアウトハンドラー: タスクを割り当てステップが期限切れになったときに実行するスクリプトを選択します。CRX リポジトリー([apps]/fd/dashboard/scripts/timeoutHandler)にあるスクリプトを選択できます。指定されたパスは crx リポジトリーに存在しません。このパスは、使用する前に管理者が作成します。

  • タスクの詳細の最後のタスクからのアクションとコメントをハイライト表示: タスクの詳細セクションで最後に実行されたアクションと受け取ったコメントを表示するには、このオプションを選択します。

  • タイプ: ワークフローの開始時に入力するドキュメントのタイプを選択します。アダプティブフォーム、読み取り専用のアダプティブフォームまたは非インタラクティブ PDF ドキュメントを選択できます。

  • アダプティブフォームを使用:入力されたアダプティブフォームを検索する方法を指定します。このオプションは、「タイプ」ドロップダウンリストから「アダプティブフォーム」または「読み取り専用アダプティブフォーム」を選択した場合に使用できます。アダプティブフォームは、ワークフローに送信されたもの、絶対パスで利用できるもの、変数内のパスで利用できるものを使用できます。パスを指定するには、String 型の変数を使用します。
    複数のアダプティブフォームをワークフローに関連付けることができます。それにより、使用可能な入力メソッドを使用して、ランタイム上でアダプティブフォームを指定できます。

  • アダプティブフォームのパス:アダプティブフォームのパスを指定します。ワークフローに送信済み、または絶対パスで使用可能なアダプティブフォームを使用できます。または、文字列データ型の変数に保存されたパスからアダプティブフォームを取得できます。

  • 次を使用して入力 PDF を選択:非インタラクティブ PDF ドキュメントのパスを指定します。このフィールドは、「タイプ」フィールドで非インタラクティブ PDF ドキュメントを選択した場合に使用できます。入力 PDF は、ペイロードに対する相対パス、絶対パスで保存されたもの、またはドキュメントデータ型の変数を使用して選択できます。例えば、[Payload_Directory]/Workflow/PDF/credit-card.pdf となります。このパスは crx リポジトリーに存在しません。このパスは、使用する前に管理者が作成します。「PDF のパス」オプションを使用する場合は、有効な「レコードのドキュメント」オプションか、フォームテンプレートベースのアダプティブフォームが必要です。

  • 完了したタスクのアダプティブフォームを次の形式でレンダリングする:​タスクが完了とマークされると、アダプティブフォームを読み取り専用のアダプティブフォームまたは PDF ドキュメントとしてレンダリングできます。アダプティブフォームをレコードのドキュメントとしてレンダリングするには、有効な「レコードのドキュメント」オプションか、フォームテンプレートベースのアダプティブフォームが必要です。

  • 埋め込み済み:以下のフィールドは、タスクへの入力として使用できます。

    • 次を使用して入力データファイルを選択:入力データファイルのパス(.json、.xml、.doc またはフォームデータモデル)。ペイロードに対する相対パスを使用して入力データファイルを取得したり、ドキュメント、XML、JSON データ型の変数に格納されたファイルを取得したりできます。例えば、ファイルには、AEM インボックスアプリケーションを介してフォームに送信されるデータが含まれています。一例として、[Payload_Directory]/workflow/data というパスを指定します。

    • 次を使用して入力添付ファイルを選択:指定した場所にある添付ファイルは、タスクに関連付けられたフォームに添付されます。パスは、ペイロードを基準とした相対パスにすることも、ドキュメントの変数に格納された添付ファイルを取得することもできます。一例として、[Payload_Directory]/attachments/ というパスを指定します。ペイロードを基準にして添付ファイルを指定するか、ドキュメントタイプ(配列リスト/ドキュメント)変数を使用して、アダプティブフォームの入力添付ファイルを指定できます。

    • 要求属性マッピング:要求属性マッピングセクションを使用して、要求属性の名前と値を定義します。リクエストで指定された属性名と値に基づいて、データソースから詳細を取得します。リテラル値または String データ型の変数を使用して、要求属性値を定義できます。

  • 送信済み情報:以下のフィールドは、タスクの出力先として使用できます。

    • 次を使用して出力データファイルを保存:データファイル(.json、.xml、.doc またはフォームデータモデル)を保存します。このデータファイルには、関連付けられたフォームを介して送信された情報が含まれます。ペイロードに対する相対パスを使用して出力データファイルを保存するか、ドキュメント、XML または JSON データ型の変数に保存できます。例えば、[Payload_Directory]/Workflow/data のように指定します。ここで、data はファイルです。
    • 次を使用して添付ファイルを保存:タスクに指定されたフォーム添付ファイルを保存します。ペイロードに対する相対パスを使用して添付ファイルを保存するか、ドキュメントデータタイプの配列リストの変数に保存できます。
    • 次を使用してレコードのドキュメントを保存:レコードのドキュメントファイルの保存先のパス。例えば、[Payload_Directory]/DocumentofRecord/credit-card.pdf のように指定します。レコードのドキュメントは、ペイロードに対する相対パスを使用して保存するか、ドキュメントデータ型の変数に格納できます。「ペイロードを基準とする」オプションを選択した場合、パスフィールドを空のままにすると、レコードのドキュメントは生成されません。このオプションは、「タイプ」ドロップダウンリストから「アダプティブフォーム」を選択した場合にのみ使用できます。

このページ