更新 Workfront for Experience Manager enhanced connector

最終更新日: 2022-08-22

Experience Manager Assets as a Cloud Service を使用すると、以前のバージョンから最新のバージョンに Workfront for Experience Manager enhanced connector をアップデートできます。

ヒント

Workfront for Experience Manager enhanced connector の AEM 6.5 向けドキュメントをお探しですか?ここをクリックしてください。

Workfront for Experience Manager enhanced connector を最新バージョンにアップデートするには:

  1. アドビのソフトウェア配布から拡張コネクタの最新バージョンをダウンロードします。

  2. Cloud Manager から AEM as a Cloud Service リポジトリーにアクセスし、クローンを作成します。

  3. 任意の IDE を使用して、Experience Manager as a Cloud Service リポジトリーのクローンを開きます。

  4. 手順 1 でダウンロードした拡張コネクタの zip ファイルを次のパスに配置します。

       /ui.apps/src/main/resources/<zip file>
    
    メモ

    resources フォルダーが存在しない場合は作成します。

  5. pom.xml.の拡張コネクタのバージョンを更新します。

       <dependency>
          <groupId>digital.hoodoo</groupId>
          <artifactId>workfront-tools.ui.apps</artifactId>
          <type>zip</type>
          <version> updated enhanced connector version number</version>
          <scope>system</scope>
          <systemPath>${project.basedir}/ui.apps/src/main/resources/workfront-tools.ui.apps.zip</systemPath>
       </dependency>
    
  6. all module pom.xml の依存関係を更新します。

       <dependency>
          <groupId>digital.hoodoo</groupId>
          <artifactId>workfront-tools.ui.apps</artifactId>
          <type>zip</type>
          <scope>system</scope>
          <systemPath>${project.basedir}/../ui.apps/src/main/resources/workfront-tools.ui.apps.zip</systemPath>
       </dependency>
    
    メモ

    手順 5 と手順 6 の依存関係に、<scope> および <systemPath> を追加します。

  7. pom.xml 埋め込みを更新します。すべてのサブプロジェクトの pom.xmlembeddeds セクションに Workfront for Experience Manager enhanced connector パッケージを追加します。すべてのモジュール pom.xml に更新を組み込みます。

    <!-- Workfront Tools -->
    <embedded>
       <groupId>digital.hoodoo</groupId>
       <artifactId>workfront-tools.ui.apps</artifactId>
       <type>zip</type>
       <target>/apps/<path-to-project-install-folder>/install</target>
    </embedded>
    

    埋め込みセクションのターゲットが /apps/<path-to-project-install-folder>/install に設定されます。JCR パス /apps/<path-to-project-install-folder> を、all/src/main/content/META-INF/vault/filter.xml ファイルのフィルタールールに含める必要があります。リポジトリーのフィルタールールは、通常、プログラム名から派生します。フォルダーの名前を既存ルールのターゲットとして使用します。

  8. Hoodoo 配布ポイントの依存関係を削除します(存在する場合)。

  9. 変更をリポジトリーにプッシュします。

  10. パイプラインを実行して、変更内容を Cloud Manager にデプロイします。

このページ