リポジトリーへのアクセス

Cloud Manager UI のセルフサービス Git アカウント管理を使用して、Git リポジトリーにアクセスし、管理できます。

セルフサービス Git アカウント管理の使用

Cloud Manager UI から利用できる「リポジトリー情報にアクセス」ボタンを使用します。このボタンはパイプラインカードで最も目立つ場所にあります。

  1. プログラムの概要​ページから​パイプライン​カードに移動します。

  2. Git リポジトリーにアクセスして管理するための「リポジトリー情報にアクセス」オプションが表示されます。

    さらに、「実稼動以外」パイプラインタブを選択すると、そこにも「リポジトリー情報にアクセス」オプションが表示されます。

    メモ

    リポジトリー情報にアクセス」オプションは、デベロッパーまたはデプロイメントマネージャーの役割を持つユーザーに表示されます。このボタンをクリックすると、Cloud Manager Git リポジトリーへの URL およびユーザー名とパスワードを確認できるダイアログが開きます。

    Cloud Manager で Git を管理するうえで重要な考慮事項は次のとおりです。

    • URL:リポジトリーの URL

    • ユーザー名:ユーザー名

    • パスワード:「パスワードを生成」ボタンをクリックしたときに表示される値。

      メモ

      ユーザーは、自分のコードのコピーをチェックアウトし、ローカルコードリポジトリーで変更を行うことができます。準備ができたら、ユーザーはコードの変更内容を Cloud Manager のリモートコードリポジトリーにコミットして戻すことができます。

このページ