コレクションを共有

コレクションは、Adobe Experience Managerアセットブランドポータルにまとめて保存される、関連アセットのグループを表します。 ユーザーは、Omnisearchまたはファセット検索を適用してスマートコレクションを作成し、関連アセットをフィルターで除外し、一緒に保存して、簡単にアクセスし、他のBrand Portalユーザーと共有できます。

管理者は、許可されたBrand Portalユーザーとコレクションを共有および共有解除できます。 エディターとビューアは、自分が作成したコレクション、共有したコレクション、公開コレクションに表示して共有できます。

メモ

編集者はパブリックコレクションを非パブリックコレクションに変更できないため、コレクション設定​ダイアログで使用できる「パブリックコレクション」チェックボックスはありません。

コレクションの共有

承認されたBrand Portalユーザーとコレクションを共有する手順は次のとおりです。

  1. Brand Portalテナントにログインします。 デフォルトでは、ファイル​表示が開き、発行済みのすべてのアセットとフォルダーが含まれます。

  2. 上部のクイックナビゲーションで、「コレクション」をクリックします。

  3. コレクション​コンソールで、以下のいずれかの手順を実行します。

    • 共有するコレクションの上にマウスポインターを置きます。そのコレクションで使用できるクイックアクションサムネールから、設定​アイコンをクリックします。

    • 共有するコレクションを選択します。上部のツールバーの「設定」をクリックします。

  4. コレクション設定​ダイアログボックスで、コレクションを共有するユーザーを選択し、グローバルロールに一致するユーザーのロールを選択します。 例えば、グローバルエディタにエディタロールを割り当て、グローバルビューアにビューアロールを割り当てます。

    また、グループのメンバーシップと役割に関係なく、すべてのユーザーがコレクションを利用できるようにするには、「公開コレクション」チェックボックスをオンにして、コレクションを公開にします。

    メモ

    ただし、公開コレクションが大量に作成されてシステムの容量に影響しないように、管理者以外のユーザーによる公開コレクションの作成を制限できます。組織は、管理ツールパネルの​一般的な​設定から、パブリックコレクションの作成を許可​設定を無効にできます。

    編集者はパブリックコレクションを非パブリックコレクションに変更できないため、コレクション設定​ダイアログで使用できる「パブリックコレクション」チェックボックスはありません。

  5. 追加​ボタンをクリックしてユーザーを追加し、「保存」をクリックします。 コレクションはユーザーと共有されます。

    メモ

    コレクション内のアセットやフォルダーへのアクセスは、ユーザーの役割によって決まります。アセットへのアクセス権を持たないユーザーは、空のコレクションを共有します。また、コレクションに対して実行できるアクションも、ユーザーの役割によって決まります。

コレクションの共有解除

コレクションの共有を解除するには、以下の手順を実行します。

  1. コレクション​コンソールで、共有を解除するコレクションを選択します。

    上部のツールバーの「設定」をクリックします。

  2. コレクション設定​ダイアログボックスの「メンバー」セクションで、ユーザーの横の​x​記号をクリックして、コレクションにアクセスしているユーザーのリストから削除します。

  3. 警告メッセージが表示されます。 ​確認<a1/>」をクリックして、コレクションの共有を解除します。

  4. 保存」をクリックして変更を適用します。

    ユーザーが共有リストーから削除されると、非共有コレクションはユーザーの​コレクション​コンソールから削除されます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now