Adobe Experience Manager 6.5.7.0

Adobe Experience Manager 6.5.7.0 は、2019年4月に 6.5 が一般リリースされた後にリリースされた新機能、お客様から要望のあった主な機能強化、パフォーマンスや安定性、セキュリティの改善が含まれる重要なアップデートです。サービスパックは Adobe Experience Manager 6.5 にインストールされています。

Adobe Experience Manager 6.5.7.0 に導入された主な機能および機能強化は次のとおりです。

  • ページ移動や MSM ロールアウトを非同期操作として実行すると、実行時のパフォーマンスに対する影響を軽減できます。

  • デジタルアセットをカード表示と列表示で並べ替えることができます。

  • Assets および Dynamic Media では、複数のアクセシビリティを強化しています。機能強化は、キーボードナビゲーション、スクリーンリーダーの使用、類似の支援テクノロジー (AT) を使用できるようにすることに関連しています。詳しくは、Assets 機能強化および Dynamic Media 機能強化を参照してください。

  • パフォーマンスを最適化するためのフォームデータモデルの HTTP クライアント設定

  • レイアウトモードでの各コンポーネントのリセットオプションの可用性

  • Experience Manager 6.5 サービスパック 7 の Forms では、次のパフォーマンスが改善されています。

    • アダプティブフォームを送信する際に、サーバー上のフィールド値を検証する。

    • Automated Forms Conversion service を使用して PDF フォームをアダプティブフォームに変換する。

  • Experience Manager Forms での Microsoft SQL Server 2019 のサポート。

  • OSGi デプロイメントの高可用性のための Microsoft SQL Server 2016 の Always On 可用性グループのサポート。

  • 組み込み型のリポジトリ(Apache Jackrabbit Oak)をバージョン 1.22.5 に更新。

Experience Manager 6.5.7.0 リリースで提供される修正は、次のリストのとおりです。

Sites

  • ページの「タイムワープ」オプションを開き、「タイムラインサイドレール」オプションを開いたままにして、Sites コンソールに移動すると、Failed to Load エラーが発生します(NPR-34951)。

  • 選択した日付と時間範囲の画像が「タイムワープ」オプションで表示されません(NPR-34951)。

  • コンテンツフラグメントを含むページからフィルターが getHeader() を呼び出すと、java.lang.AbstractMethodError エラーが発生します(NPR-34942)。

  • ページのパスに複数のコンテンツサブ文字列が含まれている場合、プレビューがレンダリングに失敗し、バージョン比較関数も失敗します(NPR-34740)。

  • コンポーネントの String タイプのラベルプロパティに数値を設定すると、コンポーネントを削除して削除操作を元に戻すことができます。ただし、削除を元に戻すと、ラベルプロパティが String から Long に変わります(NPR-34739)。

  • レイアウトがロックされたテンプレートに基づくエクスペリエンスフラグメントをページに追加すると、次の例外が発生します(NPR-34632)。

    org.apache.sling.api.SlingException: Cannot get DefaultSlingScript: org.apache.sling.api.SlingException: Cannot get DefaultSlingScript: org.mozilla.javascript.EcmaError: TypeError: Cannot call method "getChildren" of null
    
  • フォルダーを移動すると、トラバーサルの問題が発生し、次のエラーが発生します(NPR-34554)。

    org.apache.sling.api.SlingException: Cannot get DefaultSlingScript. org.apache.jackrabbit.oak.query.RuntimeNodeTraversalException: The query read or traversed more than 100000 nodes. To avoid affecting other tasks, processing was stopped
    
  • 新しいアセットを作成して公開し、新しい場所に移動すると、Request to complete move operation ワークフローが作成されて「中止」状態になります。新しいアセットをアップロードして move 操作を実行すると、保留状態の Request to complete move operation ワークフローが作成されます(NPR-34543)。

  • Experience Manager 6.5.2 環境から Target 標準にエクスペリエンスフラグメントをエクスポートすると、ワークスペースのプロパティが Target 標準で使用できないため、API 呼び出しが失敗します(NPR-34557)。

  • 「公開を管理」オプションを使用するとき、「公開」オプションが表示されなくなるため、ユーザーがページを公開できません(NPR-34542)。

  • テキストにスタイルを追加する場合、 <div> タグがテキストに追加され、そのスタイルはもはやテキストに適用できない (NPR-34531)。

  • ポップアップメニューで項目を選択して必要なファイルを更新した場合、他のメニューの必須フィールドが空のため、ダイアログ値の保存が許可されません(NPR-34529)。

  • カスタムテンプレートからページを作成し、ブループリント階層内に移動すると、そのページから以前に削除されたコンポーネントがライブコピー階層内のページに表示され始めます(NPR-34527)。

  • 記事のスタイルがコンテンツに適用されると、そのコンテンツが削除できなくなります(NPR-34486)。

  • すべてのライブコピーとエクスペリエンスフラグメントのコピーが、Adobe Target の同じオファー ID を指します(NPR-34469)。

  • 箇条書きリスト項目が、番号付きリストに加えて表示される (NPR-34455)。

  • 「ソースと比較」オプションで、ソースページとページの編集バージョンとの違いが表示されません(NPR-34285)。

  • ページを削除すると、バージョン管理の詳細が設定できません(NPR-34159)。

  • ユーザーが「選択を開く」ダイアログオプションを選択すると、キーボードのフォーカスがページ上に存在する非表示のコントロールに移動します(CQ-4307779、CQ-4293601)。

  • オーサー環境で公開済みフォルダーを移動すると、それに応じてパブリッシュインスタンスでフォルダーパスが更新されません(CQ-4305144)。

  • ユーザーが「すべてを選択」オプションで Enter キーを選択しても、キーボードのフォーカスが「コントロールの作成」オプションに移動しません(CQ-4293599)。

  • Esc キーを選択すると、フォーカスが親コントロールに復元されません(CQ-4293593、CQ-4293590)。

  • Sites の UI コンポーネントとコアコンポーネントで WCAG コンプライアンスを改善しました(CQ-4293448)。

  • Sites Editor ページで、ズーム機能とスケール機能が無効になります(CQ-4282353)。

  • 「右に回転」オプションを使用すると、スクリーンリーダーが現在の回転または反転状態についてのナレーションを停止します(CQ-4282128)。

  • 「完了」および「設定をキャンセル」のダイアログボタンに、多くのタブストップがあります(CQ-4274601)。

  • 同じレベルで同じ名前のページを移動することは許可されない (NPR-35041)。

  • 「クリア(x)」オプションを選択した後、キーボードのフォーカスが「フィルター」フィールドに移動しません(CQ-4293581)。

  • Experience Manager 6.5.6.0 にアップグレードすると、継承された段落システムの動作が変更され、正しく機能しなくなります(NPR-35117)。

  • キーボードユーザーが AEM Sites ページで「アクション」セクションを選択した後、タブのフォーカスを適切な順序でシフトしません(CQ-4307786)。

  • コンテンツフラグメントの編集時に、RTE ツールバーのリンクターゲットのメニューリストでオプションを選択すると、コンテンツフラグメントの作成者ダイアログがちらつき始めます(CQ-4305532)。

  • 「コンポーネントを追加」ドロップダウンリストのオプションを、キーボードユーザーが下向き矢印キーを使用して選択できません(CQ-4295097)。

  • Sites ページの「アセット」タブでカレンダーメニューから日付を選択するとき、タブフォーカスが適切な順序で移動しない(CQ-4293600)。

  • サイトページの編集時に使用できる「リンク」オプションまたは「テキスト」オプションを削除した後、キーボードユーザーの次のオプションまたは前のオプションにタブフォーカスが移動しない(CQ-4293597)。

  • キーボードユーザーが、使用可能なオプションを表示して Esc キーを押した後、「アクション」セクションの「その他」オプションにタブフォーカスを戻すことができない(CQ-4293592)。

  • 編集モードで画像の「回転」オプションをアクティブにすると、タブフォーカスが、「回転」のままではなく、キーボードユーザーの「やり直し」オプションに移動する(CQ-4293587)。

  • 「リンクとアクション」タブで使用できる「選択ダイアログを開く」オプションで、タブフォーカスが「キャンセル」オプションの後にページ内の非表示要素に移動する(CQ-4293579)。

  • キーボードユーザーが画像を編集する際に、「完了」オプションに移動して Enter キーを押しても、スクリーンリーダーで完了が読み上げられない(CQ-4282351)。

  • リンクとアクションダイアログで使用できる「上に移動」オプションと「下に移動」オプションが、スクリーンリーダーとキーボードのユーザーには使用できない(CQ-4281120)。

  • キーボードユーザーが、プロパティページで「閉じる(X)」オプションに移動した後、タブフォーカスを復元できない(CQ-4293581、NPR-34653)。

Assets

Adobe Experience Manager 6.5.7.0 Assets で修正された問題と実施された機能強化は、次のとおりです。

  • このリリースでは、Experience Manager Assets のアクセシビリティに関する次の機能強化が行われています。詳しくは、 Assets のアクセシビリティ機能を参照してください。

    • キーボードを使用してタイムラインのナビゲーションを行う際に、Esc キーを押すと、フォーカスを失わずに「すべて表示」オプションを折りたたむことができる(CQ-4293598)。
    • キーボードの Tab キーを使用してナビゲーションを行う際に、追加したタグから最後のタグを削除した後も、フォーカスがそのタグフィールドにとどまる(NPR-35109)。
    • スクリーンリーダーで使用される名前、役割、値の適切な情報が Experience Manager コンポーネントに含まれるようになった(NPR-34255)。
    • 「種類 / サイズ」コンボボックス、「リンク」コンボボックス、「言語」コンボボックス、または「テキスト」編集ボックスを削除すると、キーボードフォーカスが次または前のユーザーインターフェイス要素、またはより関連性の高いユーザーインターフェイス要素に戻る(CQ-4293585)。
    • オプションの上にポインターを置くと、「選択」や「ダウンロード」などのヒントが表示されます。拡大鏡を使用している場合は、これらのヒントが原因でファイルのサムネールが表示されないことがあります。Escape キーを使用してオプションを削除した後、フォーカスを保持できるようになった。(CQ-4293554)。
    • ページ内にあるグリッドからグリッドセルを選択すると、画面に表示されるアクションバーにフォーカスが移動する(CQ-4282127)。
    • Experience Manager ホームページですべてのソリューションへのリンクに視覚的な手がかり(下線や山形アイコン)が表示されるので、視覚に障碍のないユーザーは通常のテキストとリンクを区別できる(CQ-4282072)。
  • ユーザーエクスペリエンスに関する次の機能強化が Assets で行われている。

    • カード表示と列表示でのアセットの並べ替えが可能(NPR-35097)。
  • 6.5 へのアップグレード後に、Assets HTTP API を使用して JSON ファイルが生成された場合、ファイルで使用されているエンコーディングに問題がある(NPR-35129)。

  • コレクションを作成する権限が与えられていないグループのユーザー(「コレクションを作成」オプションを使用できない)でも、URL https://[aem_server]:[port]/mnt/overlay/dam/gui/content/collections/createcollectionwizard.html/content/dam/collections?contentPath=/content/dam/collections に直接アクセスしてコレクションを作成できる(NPR-35115)。

  • 名前で並べ替えられた場合、検索されたアセットは大文字と小文字が区別されて並べ替えられる。 この結果、検索結果で順序付きで表示される大文字と小文字の違いに基づいて、2 つの異なる並べ替えリストが作成される(NPR-35068)。

  • コンテンツフラグメントをエディターで開くと、警告メッセージ(Invalid value specified for a metadata property)がエラーログに記録される(NPR-35012)。

  • 管理者権限を持たないユーザーが、[Experience Manager] デスクトップアプリケーションを使用して期限切れのアセットを編集できる。(NPR-34993)。

  • 同じアセットを Assets ユーザーインターフェイス上でドラッグして、新しいバージョンを作成した場合、メタデータの変更が保持されない(NPR-34940)。

  • コレクションの編集時に、ユーザーがコレクションのタイトルを削除し、変更を正常に保存できる(NPR-34889)。

  • 重複画像をアップロードすると、削除オプションが表示される。「削除」を選択すると、画像をアップロードできる。 DAM アセットの更新ワークフローもトリガーされる(NPR-34744)。

  • Adobe InDesign で Adobe Asset Link を使用すると、検索結果にはフォルダーとコレクションは含まれず、アセットのみが含まれる(NPR-34699、CQ-4303666)。

  • カード表示にカーソルを重ねると、カードで利用できるクイックアクションに(自動的に)フォーカスされた結果、画面がスクロールする(NPR-34514)。

  • 複数のアセットのプロパティを一括編集する際、「保存」オプションを選択すると、バルクエディター表示が閉じて、メインの Assets ページにリダイレクトされる。この動作は「保存して閉じる」オプションの動作と同じであり、予期されていない(NPR-34546)。

  • 保存後、スマートコレクションに正しいユーザーインターフェイス設定が表示されない。クエリは正しく保存されるが、インターフェイスには、常に最後に追加されたオプションの述語が表示される(NPR-34539)。

  • Experience Manager にアセットを追加する際、名前空間のないメタデータがインポートされない(NPR-34530)。

  • アセットをフォルダーにドラッグして移動すると、ユーザーインターフェイスに「Lightbox にドロップ」オプションと「コレクションにドロップ」オプションも表示される。移動操作がキャンセルされても、ユーザーインターフェイスには後の 2 つのオプションが引き続き表示される(NPR-34526)。

  • 記号 %> がコレクションページに表示される (NPR-34499)。

  • 列表示では、すべてのアセットが表示される前に上下にスクロールすると、重複したフォルダー名やアセット名が Assets に表示される(NPR-34464)。

  • 公開フォルダーを作成した直後に非公開フォルダーを作成した場合、その公開フォルダーはプライベートフォルダー設定を使用する (NPR-34415)。

  • カード表示でカードがアルファベット順に表示されず、アルファベット順に並べ替えることもできません(NPR-34234)。

  • カスケードルールを再度開いたとき、ユーザーインターフェイス上で選択肢が変わっている (CQ-4301452)。

Dynamic Media

  • Dynamic Media でアクセシビリティの向上のため、次の機能強化が行われました(CQ-4290306)。詳しくは、「アクセシビリティ機能 Dynamic Media」を参照してください。

    • 「埋め込みサイズ」メニューオプションのメニュー項目の名前、ロール、状態を、スクリーンリーダー(JAWS、ナレーター)が読み上げます(CQ-4290927)。
    • ユーザーは Tab キーを使用してメールリンクダイアログ内を移動できます(CQ-4290926)。
    • スクリーンリーダーの機能が強化されたことで、ビデオエンコーディングプロファイルを作成するワークフローがより使いやすくなりました(CQ-4290623、CQ-4290622)。
    • インタラクティブビデオを作成するワークフローで Tab キーを使用して移動するとき、適切なユーザーインターフェイス要素にフォーカスが移動します(CQ-4290621、CQ-4290620、CQ-4290619)。
    • 「公開」、「アセットを編集」、「スマート切り抜きを編集」、「画像セットエディター」の各ページが、web 標準に準拠するように改善されました。支援テクノロジー (AT) を使用すると、これらのページを簡単に移動し、画像の切り抜きなどのアクションを実行できるようになりました (CQ-4290617、CQ-4290616、CQ-4290613、CQ-4290612、CQ-4290610、CQ-4290614)。
    • ビューアが改善され、ユーザーがキーボードを使用して操作できるようになりました(CQ-4290615)。
    • キーボードとスクリーンリーダーのユーザーが、切り抜き機能を使用できます(CQ-4290609)。
    • キーボードユーザーによるホットスポットの管理が向上しました (CQ-4290604, CQ-4290603).。
  • 会社名とフォルダー名が同じ場合、リモートのイメージセットは Experience Manager で編集できません(NPR-31340)。

  • ホットスポットを Dynamic Media 画像に追加した後や、Dynamic Media ビデオを編集した後、画像を含む Experience Fragment を編集した後に出力をプレビューしようとすると、z-index の順序が正しくありません(CQ-4307267)。

  • 混在メディアセットが再処理されると、Dynamic Media の同期が失敗します(CQ-4307184)。

  • Dynamic Media への自動同期が設定されているフォルダーにアセットを移動しても、アセットが同期しません(CQ-4307122)。

  • iOS デバイスでネイティブの HTML5 ビデオコントロールを使用すると、Dynamic Media ビデオが再生されません(CQ-4306977、CQ-4306727)。

  • スマート切り抜きが適用されている画像をダウンロードできません(CQ-4304558)。

  • Dynamic Media にフォルダーを選択的に公開できません(CQ-4304526)。

  • Experience Manager のビデオファイルを非公開にしても、設定済みの Scene7 デプロイメントからアダプティブビデオのセットを非公開にできません(CQ-4304405)。

  • パノラマメディアコンポーネントでパノラマ画像アセットを追加し、ページを更新すると Uncaught ReferenceError: $ is not defined エラー が発生した (CQ-4302810)。

  • ビューアプリセットエディターで PanoramicImage/PanoramicImage_VR プリセットを編集するとき、PanoramicView コンポーネントの PANORAMICVIEW_AUTOROTATE 修飾子のラベルを使用できません(CQ-4302443)。

  • ビデオが混在メディアセットの最初にない場合、ビデオのキャプションが表示されません(CQ-4298161)。

  • iPhone モバイルデバイスの HTML5 eCatalog ビューアで、ページをめくることができません(CQ-4296611)。

  • モバイルデバイスでスウォッチをスクロールすると、スウォッチが右にスクロールして表示領域の外に出て、数秒たってからスクロールが元に戻り表示されます(CQ-4296439)。

  • ビューアプリセットのマスターレコードを作成したとき、CSS とアートワークが公開されず、ビューアプリセットのみが公開されます(CQ-4262205)。

  • エクスペリエンスフラグメントをインタラクティブなビデオ/画像コンポーネント内の特定のホットスポットにリンクしようとすると、選択したエクスペリエンスフラグメントのパスが表示されません。代わりに、パスフィールドから空の値が返ります(NPR-35146、CQ-4298136)。

  • IVV エディターでエクスペリエンスフラグメントをプレビューできません(CQ-4308560)。

  • 画像にホットスポットを追加してエクスペリエンスフラグメントを選択する場合、エクスペリエンスフラグメントのサブフォルダーと変数を選択することはできません (CQ-4307455)。

  • 画像以外のアセットが、アップロード後に公開済みとして表示されません(CQ-4306415)。

Experience Manager 3D アセット

  • DAM CQ MIME Type サービスが 3D アセットに間違った MIME タイプを適用し、誤ったレンダリングが発生します(NPR-34731)。

Commerce

  • コマース製品コレクションのユーザーインターフェイスで、1 つのコレクション内に 15 個を超える製品が表示されません(NPR-34502)。

Platform

  • HTTPS を使用した HTTP セッションが無効化されない (NPR-35083)。
  • ユーザーインターフェイスから日別または週別のメンテナンスタスクを開始するときに A NullPointerException が返される (NPR-34953)。
  • W3C バリデーターが、クライアントライブラリ JavaScript ファイルの準拠に関する警告を報告します(NPR-34898)。
  • AudienceOmniSearchHandler 関数が非推奨のインデックスを使用します(NPR-34870)。
  • Experience Manager からサインアウトしても、Cookie がクリアされません(NPR-34743)。
  • タグ名に特殊文字が含まれている場合、TagManager API の findByTitle 関数が機能しません(NPR-34357)。
  • ユーザー同期パッケージを読み込むプロセスが失敗します(NPR-34399)。
  • ariaLabel プロパティと ariaLabelledby プロパティのサポートを Coral.Masonry コンポーネントに追加しました(GRANITE-29962)。
  • 最新のコアコンポーネントパッケージをインストールした後、コンテンツフラグメントを含むページで Dispatcher キャッシュが更新されません(CQ-4306788)。
  • 引用符(")を含むローカライズされたタグ名が、ユーザーインターフェイスに正しく表示されません(CQ-4305439)。

ユーザーインターフェイス

  • コンポーネントプロパティの「リンク先」フィールドに、指定した文字列と一致しないオートコンプリート候補が表示されます(NPR-34865)。

  • 日別メンテナンスウィンドウを 2 日間にわたってスケジュールすると、AEM に次のエラーメッセージが表示されます(NPR-35280)。

    ERROR The start time must precede (be less than) the end time
    

統合

  • 既存の Adobe Launch 設定の編集に失敗します(NPR-35045)。
  • IMS 設定と Adobe Target Standard 環境を利用している場合に、Experience Fragments を Adobe Target に書き出せません(NPR-34555)。
  • フォルダーからオーディエンスページに移動すると、「作成」オプションがオーディエンスページに表示されます(NPR-35151)。

Sling

  • デフォルトのログインヘルスチェックで資格情報の検証対象になっているユーザーが存在しません(NPR-34686)。

翻訳プロジェクト

  • Experience Manager で翻訳プロジェクトをキャンセルする際、キャンセルリクエストが翻訳プロバイダーに送信されません(NPR-34433)。

Communities

  • 公正でない用語が使われている製品内のインスタンスがすべて、適正なものに置き換えられます(NPR-34311)。
  • Google+ がソーシャル共有オプションのリストから削除されます(NPR-33877)。

Brand Portal

  • リスト表示でアセットを選択したとき、ユーザーインターフェイスが応答しなくなります(NPR-34728)。

Forms

メモ

Experience Manager Forms では、Experience Manager サービスパックのリリース予定日の 1 週間後にアドオンパッケージをリリースします。

メモ

Experience Manager サービスパックには、Forms の修正は含まれません。それらは、別の Forms アドオンパッケージを使用して配布されます。さらに、JEE 上の Experience Manager Forms 向けの修正を含む累積的なインストーラーがリリースされています。詳しくは、AEM Forms アドオンのインストールおよび JEE 上の AEM Forms のインストールを参照してください。

アダプティブフォーム

  • Experience Manager サービスパック 6 の適用後に、クラシック UI を使用してアダプティブフォームを編集できなくなります(NPR-35126)。

  • PDF をアダプティブフォームに変換する際、タブ付きレイアウトでフォームデータモデルを使用して、ネストされたパネルの値を設定することができません。また、コードエディターで静的な配列を使用して、ラジオボタングループの値を動的に設定する際に問題が発生します(NPR-35062)。

  • アダプティブフォームのテキストフィールドコンポーネントに日本語の文字を入力する場合、最大文字数の 35 文字を超える文字を指定できます(NPR-35039)。

  • アダプティブフォームの送信後に表示される​ありがとう​ページに、ownerstatus などの不要なパラメーターが表示されます(NPR-34989)。

  • 添付ファイルコンポーネントの「ファイル選択」ダイアログに、サポートされていないファイルタイプも選択対象として表示され、アダプティブフォームの送信時にエラーが発生します(NPR-34970)。

  • アダプティブフォームを Experience Manager Sites ページのテキストの後に挿入すると、カーソルのフォーカスが、フォームの前のテキストではなくフォームに直接移動します(NPR-34947)。

  • Experience Manager 6.2 データ XML ファイルを使用してアダプティブフォームに事前入力する「データを使用してプレビュー」オプション が適切に動作しません(NPR-35087)。

  • アダプティブフォームのデータディクショナリを更新すると、アダプティブフォームはキャッシュされた値を返すので、フォームが翻訳されません(NPR-34845)。

  • キャッシュを無効化する必要があるため、フラグメントをアダプティブフォームに読み込むのに時間がかかります(NPR-34567)。

  • アダプティブフォームのスクリーンリーダーで、タブナビゲーションが適切に機能しません(NPR-34544)。

Correspondence Management

  • float 型を含む数値データを持つ XML タグの値をドラフトとして保存できません(NPR-35050)。

  • ES3 からアセットを移行する場合、そのアセットに、編集できない 2 つのデフォルト条件が含まれます(NPR-34972)。

  • レター内のデータディクショナリを編集する際、「貸したコンテンツ」セクションに、有用な情報ではなく回転中の長方形が表示されます(NPR-34853)。

インタラクティブ通信

  • Forms アドオンパッケージのインストール後に使用可能なインタラクティブ通信のロールアウト設定名が、標準のロールアウト設定名を複製します(NPR-34976)。

Document Security

  • 新しい Document Security ポリシーを保存すると、Experience Manager Forms に Relative validity period is required というエラーメッセージが表示されます(NPR-34679)。

  • Document Security で PDF 2.0 ドキュメントを保護できません(CQ-4305851)。

セキュリティの更新内容について詳しくは、Experience Manager のセキュリティ情報ページを参照してください。

UberJar

Experience Manager 6.5.7.0 の UberJar は、Maven 中央リポジトリーで使用できます。

Maven プロジェクトで UberJar を使用するには、UberJar の使用方法を参照し、プロジェクト POM に次の依存関係を含めます。

<dependency>
     <groupId>com.adobe.aem</groupId>
     <artifactId>uber-jar</artifactId>
     <version>6.5.7</version>
     <scope>provided</scope>
</dependency>
メモ

UberJar およびその他の関連アーティファクトは、Adobe のパブリック Maven リポジトリー (repo.maven.apache.org) ではなく、Maven Central リポジトリーで入手できます。 メインの UberJar ファイルの名前は、「uber-jar-<version>.jar」に変更されます。そのため classifier が存在せず、apis が値として dependency タグに使用されます。

このページ