コンテンツのプロパティを使用したコンテンツの書き出し

メモ

単一ページアプリケーションフレームワークを基にしたクライアント側レンダリング(React など)が必要なプロジェクトでは、SPA エディターを使用することをお勧めします。詳細情報を参照してください。

AEMでは、アプリは​cq:Pages​と表されます。

cq:Page​と同じ共通のプロパティを共有します。また、以下に示す統合サポートプロパティを表す共通のプロパティも共有します。

アプリのプロパティ

次の表に、アプリのプロパティとノード​を示します。

プロパティ名 種類 説明
dps-cloudConfig String:Path

設定済みのMobile On-DemandCloud Serviceへのパス。 AEM MobileからMobile On-Demandへのアクション(API呼び出し)に使用

この関連付けは、作成者がアプリを関連付けるMobile On-DemandCloud Serviceを選択した場合に、接続を管理タイルを介して設定されます。

dps-exportTemplate String:Path

アプリのエクスポート設定のパス 書き出し設定は、2つの子ContentSync書き出し設定テンプレートを持つフォルダーです。

dps-article:記事のコンテンツを書き出すためのContentSync書き出し設定

dps-HTMLResources:アプリ/記事の共有リソースを書き出すためのContentSync書き出し設定

dps-projectId String

このアプリがリンクまたは連結されるMobile On-DemandプロジェクトのID/URI。

この関連付けは、関連付けられたMobile On-DemandCloud Serviceで使用可能なプロジェクトのリストから作成者がプロジェクトを選択した場合に、接続の管理タイルを介して設定されます。

dps-projectTitle 文字列 アプリのタイトル。
dps-resourceType 文字列 コンテンツタイプ.
dps-sharedHTMLResources-lastUploaded 日付 共有リソースをAEMからAEM Mobileに最後にアップロードした日付。
dps-sharedHTMLResources-lastUploadedBy String:userid AEMからAEM Mobileへの共有リソース要求の最後のアップロードを実行したユーザーのID。
page-ダッシュボード-config String:Path ダッシュボード設定へのパス。 パスは、必要に応じてカスタムのダッシュボード設定にリダイレクトできます。
sling:resourceType 文字列:パス

mobileapps/core/components/instance.を拡張または拡張するcq:Componentへのパス

これにより、アプリカタログでの配置とレンダリングが可能になります。

コンテンツプロパティ​を使用して、コンテンツを作成できます。 記事および共有リソースの作成と書き出しについては、以下のリソースを参照してください。

このページ