AEM での Adobe PhoneGap Enterprise のコンテンツの管理

メモ

単一ページアプリケーションフレームワークを基にしたクライアント側レンダリング(React など)が必要なプロジェクトでは、SPA エディターを使用することをお勧めします。詳細情報を参照してください。

AEM管理者​は、新しいアプリを作成ウィザードを使用して作成するか、既存のアプリを読み込むことで、新しいアプリをAEM Mobileカタログに追加します。 AEM Mobileの​作成ウィザード​を使用して新しいアプリを作成するAEM管理者は、通常、標準搭載の参照サンプルから、または(ほとんどの場合は)AEM開発者が作成したカスタムアプリテンプレートのいずれかを選択します。

HTML5 および PhoneGap を使用してモバイルアプリケーションをビルドしたら、コマンドセンター内でそのアプリケーションを管理できます。もちろん、コマンドセンターでは Cordova WebView を使用してネイティブアプリ向けの HTML5 コンテンツも管理できます(PhoneGap プラグインを利用すれば、ネイティブの機能にアクセスできます)。

AEM アプリコントロールセンターでは、モバイルアプリケーションをビルドしてデプロイし、モバイルアプリケーションを公開する前にアプリケーションメタデータを作成および編集できます。また、アプリケーションストアへの提出プロセスをやり直すことなく、最新の関連するコンテンツを共同で管理して頻繁に公開できます。さらに、アプリケーションのライフサイクルおよび使用状況の指標を分析して、顧客コンバージョンおよびブランドロイヤルティを高めることができます。

AEM Mobileアプリを作成するには、Developersセクションのモバイルアプリの作成ページを参照してください。

環境を設定し、コントロールセンターを開始するには:

  1. ユーザーとグループを設定します。
  2. リファラーフィルターを「空の値を許可」に設定します。
  3. Adobe PhoneGap Build クラウドサービスを設定します。
  4. Adobe Analytics クラウドサービスを設定します。

Content ServicesのContent Servicesについて詳しくは、「Content Servicesの管理」を参照してください。

メモ

AEM Verify​は、iOSやAndroidのモバイルデバイスでAEMモバイルアプリケーションをすばやく簡単に実行する方法です。 AEM Verify​はモバイルアプリで、デバイス上でクイックスタートを実行するサーバーに接続し、表示にアプリのリストを取得します。 ここをクリックして詳細を表示します。

その他のリソース

作成者および開発者の役割と責任について詳しくは、以下のリソースを参照してください。

このページ