プロセスレポートの仕組み

Process Reportingは、JEE上のAEM Formsのレポートモジュールです。

プロセスレポートを使用すると、AEM Formsのプロセスとタスクに関するレポートを実行できます。

Process Reportingは、組み込みのProcess Reportingリポジトリを使用してFormsデータを公開します。 その後、そのデータを使用してレポートを実行します。

Process Reportingは、次のモジュールで構成されています。

プロセスレポートアーキテクチャ

processreportingarchitecture

プロセスレポートモジュール

ProcessDataPublisherサービス

ProcessDataPublisherサーバーは、AEM Formsデータベースで定期的に実行され、サービスの最後の実行以降に変更されたデータを抽出します。 次に、データをProcess Data Storageサービスに公開します。

サービスの設定について詳しくは、ProcessDataPublisherサービスの設定を参照してください。

ProcessDataStorageProviderサービス

ProcessDataStorageProviderサービスは、ProcessDataPublisherサービスからプロセスデータを受け取り、そのデータをProcess Reportingリポジトリに保存します。

サービスの設定について詳しくは、ProcessDataStorageProviderサービスの設定を参照してください。

OSGi サービス

QueryDataServletは、このサービスを使用して、Process Reportingリポジトリからレポートデータを取得します。

QueryDataServletサービス

QueryDataServletサービスは、プロセスレポートユーザーインターフェイスからクエリを受け入れます。

次に、サービスはOSGiサービスを使用して関連するレポートデータを取得し、データを処理して、ユーザーインターフェイスにデータを返します。

Process Reportingユーザーインターフェイス

Process Reportingのユーザーインターフェイスは、Webブラウザーベースのインターフェイスです。 このインターフェイスを使用して、AEM Formsデータベースから公開されたプロセスおよびタスク情報を表示します。

プロセス・レポートのユーザー・インタフェースの概要は、プロセス・レポートのユーザー・インタフェースを参照してください。

QueryDataServletサービス

QueryDataServletサービスは、プロセスレポートユーザーインターフェイスからクエリを受け入れます。

次に、サービスはOSGiサービスを使用して関連するレポートデータを取得し、データを処理して、ユーザーインターフェイスにデータを返します。

カスタムレポート

独自のカスタムレポートを作成し、これらのレポートをプロセスレポートユーザーインターフェイスの「カスタムレポート」タブに表示できます。

カスタムレポートを作成する手順については、「プロセスレポートのカスタムレポート」の記事「カスタムレポートを作成するには」を参照してください。

このページ