Process Reporting の仕組み

Process Reporting は、JEE 上の AEM Forms のレポートモジュールです。

Process Reporting を使用すると、AEM Forms のプロセスとタスクに関するレポートを実行できます。

Process Reporting は、組み込みの Process Reporting リポジトリを使用して Forms データを公開します。その後、そのデータを使用してレポートを実行します。

Process Reporting は、以下のモジュールで構成されています。

Process Reporting のアーキテクチャー

processreportingarchitecture

Process Reporting モジュール

ProcessDataPublisher サービス

ProcessDataPublisher サーバーは、AEM Forms データベースで定期的に実行され、サービスの最後の実行以降に変更されたデータを抽出します。その後、Process Data Storage サービスにデータを公開します。

サービスの設定について詳しくは、ProcessDataPublisher サービスの設定を参照してください。

ProcessDataStorageProvider サービス

ProcessDataStorageProvider サービスは、ProcessDataPublisher サービスからプロセスデータを受け取り、そのデータを Process Reporting リポジトリに保存します。

サービスの設定について詳しくは、ProcessDataStorageProvider サービスの設定を参照してください。

OSGi サービス

QueryDataServlet は、このサービスを使用して、Process Reporting リポジトリからレポートデータを取得します。

QueryDataServlet サービス

QueryDataServlet サービスは、Process Reporting ユーザーインターフェイスからクエリを受け入れます。

次に、このサービスは OSGi サービスを使用して関連するレポートデータを取得し、そのデータを処理して、ユーザーインターフェイスにデータを返します。

Process Reporting ユーザーインターフェイス

Process Reporting のユーザーインターフェイスは、web ブラウザーベースのインターフェイスです。このインターフェイスを使用して、AEM Forms データベースから公開されたプロセスおよびタスク情報を表示します。

Process Reporting のユーザーインターフェイスの概要については、Process Reporting ユーザーインターフェイスを参照してください。

QueryDataServlet サービス

QueryDataServlet サービスは、Process Reporting ユーザーインターフェイスからクエリを受け入れます。

次に、このサービスは OSGi サービスを使用して関連するレポートデータを取得し、そのデータを処理して、ユーザーインターフェイスにデータを返します。

カスタムレポート

独自のカスタムレポートを作成し、これらのレポートを Process Reporting ユーザーインターフェイスの「カスタムレポート」タブに表示できます。

カスタムレポートを作成する手順については、Process Reporting のカスタムレポート記事の「カスタムレポートを作成するには」を参照してください。

このページ