プロセスレポートの概要

プロセスレポート

プロセスレポートは、AEM Formsのプロセスとタスクに関するレポートを作成および表示するために使用する、ブラウザーベースのツールです。

Process Reportingは、長時間実行されるプロセス、プロセス期間、ワークフローの量に関する情報をフィルター、表示できる、あらかじめ用意された一連のレポートを提供します。

さらに、プロセスレポートには、アドホッククエリを実行し、カスタムレポートビューをプロセスレポートユーザーインターフェイスに統合するためのインターフェイスが用意されています。

サポートされているブラウザーの一覧については、「AEM Formsでサポートされているプラットフォーム」を参照してください。

Process Reportingは、次のモジュールに基づいて構築されています。

  • AEM Forms Databaseからのプロセスデータの読み取り
  • 埋め込みのProcess Reportingリポジトリへのプロセスデータの公開
  • レポートを表示するためのブラウザーベースのユーザーインターフェイスを提供します

主な機能

常時稼動するレポート

site-management

長時間実行されているプロセスのリスト、プロセス期間グラフの表示、フィルターを使用したカスタムクエリの実行を行います。

プロセスレポートには、レポートおよびクエリデータをCSV形式で書き出すオプションも用意されています。

アドホックレポート

print-&-color

フィルターを使用して、データの特定の表示を取得します。

ID、期間、開始日と終了日、プロセス開始者などで、プロセスまたはタスクを検索できます。

複数のフィルターを組み合わせて、特定のレポートを作成できます。

その後、後で実行するようにレポートフィルターを保存できます。

プロセス/タスクの履歴

ファイル管理

AEM Formsサーバーは、多数のプロセスを並行して実行します。 これらのプロセスは、ある状態から別の状態への移行を継続します。 Formsのデータを一定の間隔でProcess Reportingリポジトリに公開すると、Process ReportingはAEM Formsで実行されているプロセスに関する移行情報を保持します。

アクセス制御

名称未設定

Process Reportingは、ユーザーインターフェイスに対する権限ベースのアクセスを提供します。

つまり、レポート権限を持つユーザーのみがProcess Reportingユーザーインターフェイスにアクセスできます。

このページ