フォームデータモデルを作成する

AEM Forms のデータ統合機能には、フォームデータモデルを作成して使用するための直感的なユーザーインターフェイスが付属しています。フォームデータモデルでは、データソースを使用してデータが交換されますが、データソースを使用せずにフォームデータモデルを作成することも、設定済みのデータソースを使用してフォームデータモデルを作成することもできます。フォームデータモデルを作成する方法には、以下の 2 つがあります。データソースが既に設定されているかどうかに応じて、いずれかの方法を選択してください。

  • 事前に設定されたデータソースを使用する場合:データソースを設定した場合は 、データソースの設定の説明に従って、フォームデータモデルの作成時にデータソースを選択できます。この方法の場合、選択したデータソースのすべてのデータモデルオブジェクト、プロパティ、サービスを、フォームデータモデル内で使用することができます。

  • データソースが設定されていない場合:フォームデータモデル用のデータソースが設定されていない場合であっても、データソースを使用することなくフォームデータモデルを作成することができます。フォームデータモデルを使用して、アダプティブフォームとインタラクティブ通信を作成し、サンプルデータを使用してテストを行うことができます。データソースが使用可能な状態になっている場合は、フォームデータモデルをそのデータソースに連結すると、関連するアダプティブフォームとインタラクティブ通信内でその連結内容が自動的に反映されます。

メモ

フォームデータモデルを作成して操作するには、fdm-author​および​forms-user​グループのメンバーである必要があります。 これらのグループのメンバーになるには、AEM の管理者に依頼してください。

フォームデータモデルを作成する

データソースの設定の説明に従って、フォームデータモデルで使用するデータソースを設定していることを確認します。 設定済みのデータソースに基づいてフォームデータモデルを作成するには、次の手順を実行します。

  1. AEM オーサーインスタンスで、フォーム/データ統合​に移動します。

  2. 作成/フォームデータモデル​の順にタップします。

  3. フォームデータモデルの作成ダイアログで、以下の操作を実行します。

    • フォームデータモデルの名前を指定します。
    • 任意)フォームデータモデルのタイトル、説明、タグを指定します。
    • 任意、データソースが既に設定されている場合のみ)「データソース設定」の横にあるチェックマークアイコンをタップし、使用するデータソース用のクラウドサービスが存在する設定ノードを選択します。この操作により、選択した設定ノード内の有効なデータソースだけが、次のページに選択可能なデータソースとして表示されます。ただし、JDBC データベースと AEM ユーザープロファイルのデータソースは、デフォルトで表示されます。設定ノードを選択しなかった場合、すべての設定ノード内のデータソースが表示されます。

    次へ」をタップします。

  4. データソースが既に設定されている場合のみ)「データソースを選択」画面に、使用可能なデータソースが表示されます(有効なデータソースが存在する場合)。フォームデータモデルで使用するデータソースを選択します。

  5. 作成」をタップし、確認ダイアログで「開く」をタップして、フォームデータモデルエディターを開きます。

フォームデータモデルのエディターUIの様々なコンポーネントを確認します。

RESTful サービス、AEM ユーザープロファイル、RDBMS という 3 つのデータソースが含まれているフォームデータモデル

A.データ ソースフォームデータモデル内のデータソースを一覧表示します。データソースを展開して、データモデルのオブジェクトおよびサービスを表示します。

B.データソース 定義の更新設定済みのデータソースからデータソース定義の変更を取得し、フォームデータモデルエディターの「データソース」タブで更新します。

C.追加されたデータモデルオブジェクトが表示される ModelContent領域

D.追加されたデータソース操作やサービスが表示される ServicesContent領域。

E.フォームデータモデルを操作する ツールバーツール選択したフォームデータモデルのオブジェクトに応じて、追加のオプションがツールバーに表示されます。

F追加.選択したデータモデルのオブジェクトおよびサービスをフォームデータモデルに追加します。

フォームデータモデルエディターの詳細、およびフォームデータモデルの編集と設定を行う方法については、「フォームデータモデルの使用」を参照してください。

データソースの更新

既存のフォームデータモデルにデータソースを追加するには(または、既存のフォームデータモデルのデータソースを更新するには)、以下の手順を実行します。

  1. Forms/データ統合​に移動し、データソースを追加または更新するフォームデータモデルを選択し、プロパティ​をタップします。

  2. フォームデータモデルのプロパティで、「ソースを更新」タブに移動します。

    「ソースを更新」タブで、以下の操作を実行します。

    • コンテキスト認識設定」フィールドで参照アイコンをタップし、追加するデータソースのクラウド設定が存在する設定ノードを選択します。ノードを選択しなかった場合、「globalソースを追加​」をタップすると、 ノード内のクラウド設定だけが表示されます。

    • 新しいデータソースを追加する場合は、「ソースを追加」をタップし、フォームデータモデルに追加するデータソースを選択します。global ノード内で設定されているデータソースと、選択した設定ノード内で構成されているデータソースが、すべて表示されます。

    • 既存のデータソースを、同じタイプの別のデータソースで置き換える場合は、置き換え前のデータソースの「編集」アイコンをタップし、有効なデータソースのリストで、置き換え後のデータソースを選択します。

    • 既存のデータソースを削除するには、データソースの​削除​アイコンをタップします。 データソース内のデータモデルオブジェクトがフォームデータモデルに追加されている場合、削除アイコンは無効です。

    fdm-properties

  3. 保存して閉じる」をタップして、変更内容を保存します。

メモ

フォームデータモデルに新しいデータソースを追加したら(または、フォームデータモデル内の既存のデータソースを更新したら)、更新後のフォームデータモデルが使用されるアダプティブフォームとインタラクティブ通信で、連結参照を適切に更新する必要があります。

次の手順

これで、データソースが追加されたフォームデータモデルが作成されました。この状態で、フォームデータモデルを編集してデータモデルオブジェクトとサービスの作成と設定を行ったり、データモデルオブジェクト間の関連付けを行ったり、プロパティを編集したり、カスタムのデータモデルオブジェクトとプロパティを追加したり、サンプルデータを生成したりすることができます。

詳しくは、「フォームデータモデルの使用」を参照してください。

このページ