編集可能なレイアウトを使用した Forms の事前入力

編集可能なレイアウトを使用した Forms の事前入力

フォームに事前入力すると、レンダリングされたフォーム内でユーザーにデータが表示されます。 例えば、あるユーザーが、ユーザー名とパスワードを使用して web サイトにログインしたとします。 認証に成功した場合、クライアントアプリケーションはデータベースに対してユーザー情報を問い合わせます。 データがフォームに結合され、フォームがユーザーにレンダリングされます。 その結果、ユーザーはフォーム内でパーソナライズされたデータを表示できます。

フォームの事前入力には次の利点があります。

  • ユーザーがフォーム内にカスタムデータを表示できる。
  • ユーザーがフォームに入力する作業を削減できる。
  • データを配置する場所を制御できるため、データの整合性を確保できる。

次の 2 つの XML データソースから、 フォームの自動埋め込み行うことができます。

  • XDP データソース。XFA 構文に準拠する XML です ( または、Acrobat を使用して作成されたフォームに事前入力する XFDF データ )。
  • フォームのフィールド名に一致する名前と値のペアを含む任意の XML データソース(この節の例では、任意の XML データソースを使用します)。

事前入力するフォームフィールドごとに、XML 要素が存在する必要があります。 XML 要素名は、フィールド名と一致する必要があります。XML 要素がフォームフィールドに対応していない場合や、XML 要素名がフィールド名と一致しない場合、XML 要素は無視されます。すべての XML 要素が指定されている場合、XML 要素の表示順序を一致させる必要はありません。

既にデータを含むフォームに事前入力する場合は、XML データソース内に既に表示されているデータを指定する必要があります。 10 個のフィールドを含むフォームの 4 個のフィールドにデータが含まれているとします。 次に、残り 6 個のフィールドに事前入力するとします。 この場合、フォームの事前入力に使用する 10 個の XML 要素を XML データソースに指定する必要があります。 6 個の要素のみを指定した場合、元の 4 個のフィールドは空になります。

例えば、サンプルの確認フォームなどのフォームを事前入力することができます。 (インタラクティブ PDF Forms のレンダリングを参照。)

サンプルの確認フォームを事前入力するには、フォーム内の 3 個のフィールドに一致する 3 個の XML 要素を含む XML データソースを作成する必要があります。 このフォームには、 FirstNameLastNameAmount の 3 個のフィールドが含まれています。最初のステップでは、フォームデザイン内のフィールドと一致する XML 要素を含む XML データソースを作成します。 次のステップでは、次の XML コードに示すように、XML 要素にデータ値を割り当てます。

     <Untitled>
         <FirstName>Jerry</FirstName>
         <LastName>Johnson</LastName>
         <Amount>250000</Amount>
     </Untitled>

次の図に示すように、この XML データソースを確認フォームに事前入力し、フォームをレンダリングすると、XML 要素に割り当てたデータ値が表示されます。

pf_pf_confirmxml3

編集可能なレイアウトを使用したフォームの事前入力

レイアウトが編集可能な Forms は、未定量のデータをユーザーに表示する場合に役立ちます。 フォームのレイアウトは結合されるデータ量に合わせて自動的に調整されるので、固定レイアウトのフォームの場合とは異なり、フォームの固定レイアウトやページ数を事前に決定する必要はありません。

通常、フォームには、実行時に取得されるデータが入力されます。 その結果、メモリ内 XML データソースを作成し、そのデータをメモリ内 XML データソースに直接配置することで、フォームに事前入力することができます。

Web ベースのアプリケーション(オンラインストアなど)を考えてみましょう。 オンライン買い物客が品目の購入を完了すると、購入したすべての品目は、フォームの事前入力に使用されるメモリ内 XML データソースに配置されます。 次の図に、このプロセスを示します。このプロセスについて、図の後の表で説明します。

pf_pf_finsrv_webapp_v1

次の表に、この図の手順を示します。

ステップ

説明

1

ユーザーは、web ベースのオンラインストアから品目を購入します。

2

ユーザーが品目の購入を完了し、「送信」ボタンをクリックすると、メモリ内 XML データソースが作成されます。 購入した品目とユーザー情報は、メモリ内 XML データソースに配置されます。

3

XML データソースが、発注書フォームの事前入力に使用されます(このフォームの例を次の表に示します)。

4

発注書フォームがクライアントの web ブラウザーにレンダリングされます。

次の図に、発注書フォームの例を示します。 テーブル内の情報は、XML データ内のレコード数に合わせて調整できます。

pf_pf_poform

メモ

フォームには、エンタープライズデータベースや外部アプリケーションなど、他のソースからのデータを事前入力することができます。

フォームデザインの考慮事項

編集可能なレイアウトの Forms は、Designer で作成されたフォームデザインに基づいています。 フォームデザインでは、ユーザー入力に基づく値の計算を含む、レイアウト、プレゼンテーション、データ取得のルールのセットを指定してください。 ルールは、データがフォームに入力される際に適用されます。 フォームに追加されるフィールドは、フォームデザイン内のサブフォームです。 例えば、前の図で示した発注書フォームでは、各行がサブフォームになっています。 サブフォームを含むフォームデザインの作成について詳しくは、 編集可能なレイアウトを含む発注書フォームの作成を参照してください。

データのサブグループについて

固定レイアウトと編集可能なレイアウトを使用したフォームの事前入力には、XML データソースが使用されます。 ただし、編集可能なレイアウトのフォームの事前入力に使用される XML データソースには、フォーム内で繰り返されるサブフォームの事前入力に使用される「繰り返し XML 要素」が含まれているという相違点があります。これらの繰り返し XML 要素は、データサブグループと呼ばれます。

前の図に示す発注書フォームの事前入力に使用する XML データソースには、4 つの繰り返しデータのサブグループが含まれています。 各データサブグループは、購入した品目に対応します。 購入した品目は、モニター、デスクランプ、電話、アドレス帳です。

発注書フォームの事前入力には、次の XML データソースが使用されます。

     <header>
         <!-- XML elements used to prepopulate non-repeating fields such as address
         <!and city
         <txtPONum>8745236985</txtPONum>
         <dtmDate>2004-02-08</dtmDate>
         <txtOrderedByCompanyName>Any Company Name</txtOrderedByCompanyName>
         <txtOrderedByAddress>555, Any Blvd.</txtOrderedByAddress>
         <txtOrderedByCity>Any City</txtOrderedByCity>
         <txtOrderedByStateProv>ST</txtOrderedByStateProv>
         <txtOrderedByZipCode>12345</txtOrderedByZipCode>
         <txtOrderedByCountry>Any Country</txtOrderedByCountry>
         <txtOrderedByPhone>(123) 456-7890</txtOrderedByPhone>
         <txtOrderedByFax>(123) 456-7899</txtOrderedByFax>
         <txtOrderedByContactName>Contact Name</txtOrderedByContactName>
         <txtDeliverToCompanyName>Any Company Name</txtDeliverToCompanyName>
         <txtDeliverToAddress>7895, Any Street</txtDeliverToAddress>
         <txtDeliverToCity>Any City</txtDeliverToCity>
         <txtDeliverToStateProv>ST</txtDeliverToStateProv>
         <txtDeliverToZipCode>12346</txtDeliverToZipCode>
         <txtDeliverToCountry>Any Country</txtDeliverToCountry>
         <txtDeliverToPhone>(123) 456-7891</txtDeliverToPhone>
         <txtDeliverToFax>(123) 456-7899</txtDeliverToFax>
         <txtDeliverToContactName>Contact Name</txtDeliverToContactName>
     </header>
     <detail>
         <!-- A data subgroup that contains information about the monitor>
         <txtPartNum>00010-100</txtPartNum>
         <txtDescription>Monitor</txtDescription>
         <numQty>1</numQty>
         <numUnitPrice>350.00</numUnitPrice>
     </detail>
     <detail>
         <!-- A data subgroup that contains information about the desk lamp>
         <txtPartNum>00010-200</txtPartNum>
         <txtDescription>Desk lamps</txtDescription>
         <numQty>3</numQty>
         <numUnitPrice>55.00</numUnitPrice>
     </detail>
     <detail>
         <!-- A data subgroup that contains information about the Phone>
             <txtPartNum>00025-275</txtPartNum>
             <txtDescription>Phone</txtDescription>
             <numQty>5</numQty>
             <numUnitPrice>85.00</numUnitPrice>
     </detail>
     <detail>
         <!-- A data subgroup that contains information about the address book>
         <txtPartNum>00300-896</txtPartNum>
         <txtDescription>Address book</txtDescription>
         <numQty>2</numQty>
         <numUnitPrice>15.00</numUnitPrice>
     </detail>

各データサブグループには、この情報に対応する 4 つの XML 要素が含まれています。

  • 品目のパーツ番号
  • 品目の説明
  • 品目の数量
  • 単価

データサブグループの親 XML 要素の名前は、フォームデザイン内のサブフォームの名前と一致する必要があります。 例えば、前の図では、データサブグループの親 XML 要素の名前が detail になっています。これは、発注書フォームの基になるフォームデザインにあるサブフォームの名前に対応します。 データサブグループの親 XML 要素の名前とサブフォームが一致しない場合、サーバー側のフォームは事前入力されません。

各データサブグループには、サブフォーム内のフィールド名に一致する XML 要素が含まれている必要があります。 フォームデザインにある detail サブフォームには、次のフィールドが含まれます。

  • txtPartNum
  • txtDescription
  • numQty
  • numUnitPrice
メモ

繰り返し XML 要素を含むデータソースをフォームに事前入力しようとして、RenderAtClient 選択肢を No に設定すると、最初のデータレコードのみがフォームに結合されます。 すべてのデータレコードが確実にフォームに結合されるようにするには、RenderAtClientYes に設定してください。RenderAtClient オプションについて詳しくは、クライアントでの Forms のレンダリングを参照してください。

メモ

Forms サービスについて詳しくは、AEM Forms サービスリファレンスを参照してください。

手順の概要

フォームに編集可能なレイアウトを事前入力するには、次のタスクを実行します。

  1. プロジェクトファイルを含めます。
  2. メモリ内 XML データソースを作成します。
  3. XML データソースを変換します。
  4. 事前入力されたフォームをレンダリングします。

プロジェクトファイルを含める

必要なファイルを開発プロジェクトに含めます。 Java を使用してクライアントアプリケーションを作成する場合は、必要な JAR ファイルを含めます。Web サービスを使用している場合は、プロキシファイルを必ず含めてください。

プロジェクトファイルを含める

必要なファイルを開発プロジェクトに含めます。 Java を使用してクライアントアプリケーションを作成する場合は、必要な JAR ファイルを含めます。Web サービスを使用している場合は、プロキシファイルを必ず含めてください。

メモリ内 XML データソースの作成

org.w3c.dom クラスを使用して、メモリ内の XML データソースを作成し、編集可能なレイアウトでフォームを事前入力できます。フォームに準拠する XML データソースにデータを配置する必要があります。 編集可能なレイアウトを含むフォームと XML データソースとの関係について詳しくは、データのサブグループについてを参照してください。

XML データソースを変換

org.w3c.dom クラスを使用して作成されたメモリ内 XML データソースは、フォームの事前入力に使用する前に、com.adobe.idp.Document オブジェクトに変換できます。メモリ内 XML データソースは、Java XML 変換クラスを使用して変換できます。

メモ

Forms サービスの WSDL を使用してフォームを事前入力する場合は、 org.w3c.dom.Document オブジェクトを BLOB オブジェクトに変換する必要があります。

事前入力されたフォームをレンダリング

事前入力されたフォームは、他のフォームと同様にレンダリングされます。 唯一の違いは、XML データソースを含む com.adobe.idp.Document オブジェクトを使用してフォームに事前入力するということです。

関連トピック

AEM Forms Java ライブラリファイルを含める

接続プロパティの設定

Forms サービス API のクイックスタート

インタラクティブ PDF Forms のレンダリング

Forms をレンダリングする web アプリケーションの作成

Java API を使用したフォームの事前入力

Forms API(Java)を使用して、編集可能なレイアウトでフォームに事前入力するには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトファイルを含める

    adobe-livecycle-client.jar などのクライアント JAR ファイルを Java プロジェクトのクラスパスに含めます。これらのファイルの場所については、AEM Forms Java ライブラリファイルを含めるを参照してください。

  2. メモリ内 XML データソースの作成

    • DocumentBuilderFactory クラスの newInstance メソッドを呼び出して、Java の DocumentBuilderFactory オブジェクトを作成します。

    • DocumentBuilderFactory オブジェクトの newDocumentBuilder メソッドを呼び出して、Java の DocumentBuilder オブジェクトを作成します。

    • DocumentBuilder オブジェクトの newDocument メソッドを呼び出して、org.w3c.dom.Document オブジェクトをインスタンス化します。

    • org.w3c.dom.Document オブジェクトの createElement メソッドを呼び出して、XML データソースのルート要素を作成します。これにより、ルート要素を表す Element オブジェクトが作成されます。要素名を表す文字列値を createElement メソッドに渡します。戻り値を Element にキャストします。次に、Document オブジェクトの appendChild メソッドを呼び出してルート要素オブジェクトを引数として渡すことによって、ルート要素をドキュメントに追加します。次のコード行に、このアプリケーションロジックを示します。

       Element root = (Element)document.createElement("transaction");  document.appendChild(root);

    • Document オブジェクトの createElement メソッドを呼び出して、XML データソースのヘッダー要素を作成します。要素名を表す文字列値を createElement メソッドに渡します。戻り値を Element にキャストします。次に、root オブジェクトの appendChild メソッドを呼び出してヘッダー要素オブジェクトを引数として渡すことによって、ヘッダー要素をルート要素に追加します。ヘッダー要素に追加される XML 要素は、フォームの静的な部分に対応します。次のコード行は、このアプリケーションロジックを示しています。

       Element header = (Element)document.createElement("header");  root.appendChild(header);

    • Document オブジェクトの createElement メソッドを呼び出して要素名を表す文字列値を渡すことによって、ヘッダー要素に属する子要素を作成します。戻り値を Element にキャストします。次に、appendChild メソッドを呼び出して、Document オブジェクトの createTextNode メソッドを引数として渡すことによって、子要素の値を設定します。子要素の値として表示される文字列値を指定します。最後に、ヘッダー要素の appendChild メソッドを呼び出して、子要素オブジェクトを引数として渡すことによって、子要素をヘッダー要素に追加します。次のコード行は、このアプリケーションロジックを示しています。

       Element poNum= (Element)document.createElement("txtPONum");  poNum.appendChild(document.createTextNode("8745236985"));  header.appendChild(LastName);

    • フォームの静的部分に表示される各フィールドに対して最後のサブ手順を繰り返して、残りのすべての要素をヘッダー要素に追加します(XML データソース図では、これらのフィールドがセクション A に表示されます(データのサブグループについてを参照)。

    • Document オブジェクトの createElement メソッドを呼び出して、XML データソースの詳細要素を作成します。要素の名前を表す文字列値を createElement メソッドに渡します。戻り値を Element にキャストします。次に、root オブジェクトの appendChild メソッドを呼び出して、詳細要素オブジェクトを引数として渡すことによって、詳細要素をルート要素に追加します。詳細要素に追加される XML 要素は、フォームの動的な部分に対応します。次のコード行は、このアプリケーションロジックを示しています。

       Element detail = (Element)document.createElement("detail");  root.appendChild(detail);

    • Document オブジェクトの createElement メソッドを使用して、要素の名前を表す文字列値を渡すことによって、詳細要素に属する子要素を作成します。戻り値を Element にキャストします。次に、appendChild メソッドを呼び出して Document オブジェクトの createTextNode メソッドを引数として渡すことによって、子要素の値を設定します。子要素の値として表示される文字列値を指定します。最後に、詳細要素の appendChild メソッドを呼び出して、子要素オブジェクトを引数として渡すことによって、子要素を詳細要素に追加します。次のコード行は、このアプリケーションロジックを示しています。

       Element txtPartNum = (Element)document.createElement("txtPartNum");  txtPartNum.appendChild(document.createTextNode("00010-100"));  detail.appendChild(txtPartNum);

    • 詳細要素に追加するすべての XML 要素に対して、最後のサブ手順を繰り返します。発注書フォームの入力に使用される XML データソースを適切に作成するには、詳細要素に XML 要素 txtDescriptionnumQtynumUnitPrice を追加する必要があります。

    • フォームの事前入力に使用されるすべてのデータ項目に対して、最後の 2 つのサブ手順を繰り返します。

  3. XML データソースの変換

    • javax.xml.transform.Transformer オブジェクトの静的 newInstance メソッドを呼び出すことによって、javax.xml.transform.Transformer オブジェクトを作成します。
    • TransformerFactory オブジェクトの newTransformer メソッドを呼び出すことによって、Transformer オブジェクトを作成します。
    • コンストラクターを使用して、ByteArrayOutputStream オブジェクトを作成します。
    • コンストラクターを使用して手順 1 で作成した org.w3c.dom.Document オブジェクトを渡すことによって、javax.xml.transform.dom.DOMSource オブジェクトを作成します。
    • コンストラクターを使用して ByteArrayOutputStream オブジェクトを渡すことによって、javax.xml.transform.dom.DOMSource オブジェクトを作成します。
    • javax.xml.transform.Transformer オブジェクトの transform メソッドを呼び出して javax.xml.transform.dom.DOMSource および javax.xml.transform.stream.StreamResult オブジェクトを渡すことによって、Java の ByteArrayOutputStream オブジェクトを設定します。
    • バイト配列を作成して、ByteArrayOutputStream オブジェクトのサイズをバイト配列に割り当てます。
    • ByteArrayOutputStream オブジェクトの toByteArray メソッドを呼び出して、バイト配列を設定します。
    • コンストラクターを使用してバイト配列を渡すことによって、com.adobe.idp.Document オブジェクトを作成します。
  4. 事前入力されたフォームをレンダリング

    FormsServiceClient オブジェクトの renderPDFForm メソッドを呼び出して、次の値を渡します。

    • ファイル名拡張子を含んだフォームデザイン名を指定する文字列値。
    • フォームに結合するデータを含む com.adobe.idp.Document オブジェクト。 手順 1 と 2 で作成した com.adobe.idp.Document オブジェクトを使用するようにしてください。
    • 実行時オプションを保存する PDFFormRenderSpec オブジェクト。
    • Forms サービスで必要な URI 値を格納する URLSpec オブジェクト。
    • 添付ファイルを保存する java.util.HashMap オブジェクト。 オプションのパラメーターです。フォームにファイルを添付しない場合は null を指定できます。

    renderPDFForm メソッドは、 FormsResult クライアントの web ブラウザーに書き込む必要があるフォームデータストリームを含むオブジェクトを返します。

    • フォームデータストリームをクライアントの web ブラウザーに送信するために使用する javax.servlet.ServletOutputStream オブジェクトを作成します。
    • FormsResult オブジェクトの getOutputContent メソッドを呼び出すことによって、com.adobe.idp.Document オブジェクトを作成します。
    • com.adobe.idp.Document オブジェクトの getInputStream メソッドを呼び出すことによって java.io.InputStream オブジェクトを作成します。
    • InputStream オブジェクトの read メソッドを呼び出してバイト配列を引数として渡すことによって、バイト配列を作成し、フォームデータストリームを設定します。
    • javax.servlet.ServletOutputStream オブジェクトの write メソッドを呼び出して、フォームデータストリームをクライアントの web ブラウザーに送信します。バイト配列を write メソッドに渡します。

関連トピック

クイックスタート(SOAP モード):Java API を使用した、編集可能なレイアウトを含む Forms の事前入力

AEM Forms Java ライブラリファイルを含める

接続プロパティの設定

Web サービス API を使用したフォームの事前入力

Forms API(web サービス)を使用してフォームに編集可能なレイアウトを事前入力するには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトファイルを含める

  2. メモリ内 XML データソースの作成

    • DocumentBuilderFactory クラスの newInstance メソッドを呼び出して Java の DocumentBuilderFactory オブジェクトを作成します。

    • DocumentBuilderFactory オブジェクトの newDocumentBuilder メソッドを呼び出して、Java の DocumentBuilder オブジェクトを作成します。

    • DocumentBuilder オブジェクトの newDocument メソッドを呼び出して、org.w3c.dom.Document オブジェクトをインスタンス化します。

    • org.w3c.dom.Document オブジェクトの createElement メソッドを呼び出して、XML データソースのルート要素を作成します。 これにより、ルート要素を表す Element オブジェクトが作成されます。 要素名を表す文字列値を createElement メソッドに渡します。 戻り値を Element にキャストします。次に、 Document オブジェクトの appendChild メソッドを呼び出してルート要素オブジェクトを引数として渡し、ルート要素をドキュメントに追加します。次のコード行は、このアプリケーションロジックを示しています。

       Element root = (Element)document.createElement("transaction");  document.appendChild(root);

    • Document オブジェクトの createElement メソッドを呼び出して、XML データソースのヘッダー要素を作成します。要素名を表す文字列値を createElement メソッドに渡します。 戻り値を Element にキャストします。次に、 root オブジェクトの appendChild メソッドを呼び出してヘッダー要素オブジェクトを引数として渡し、ヘッダー要素をドキュメントに追加します。ヘッダー要素に追加される XML 要素は、フォームの静的な部分に対応します。次のコード行は、このアプリケーションロジックを示しています。

       Element header = (Element)document.createElement("header");  root.appendChild(header);

    • ヘッダー要素に属する子要素を作成するには、 Document オブジェクトの createElement メソッドを使用して、要素の名前を表す文字列値を渡します。 戻り値を Element にキャストします。次に、 appendChild メソッドを呼び出して、子要素の値を設定し、Document オブジェクトの createTextNode メソッドを引数として渡します。 子要素の値として表示される文字列値を指定します。最後に、子要素をヘッダー要素に追加するには、ヘッダー要素の appendChild メソッドを呼び出し、子要素オブジェクトを引数として渡します。 次のコード行に、このアプリケーションロジックを示します。

       Element poNum= (Element)document.createElement("txtPONum");  poNum.appendChild(document.createTextNode("8745236985"));  header.appendChild(LastName);

    • フォームの静的部分に表示される各フィールドに対して最後のサブステップを繰り返し、残りのすべての要素をヘッダー要素に追加します。(XML データソース図では、これらのフィールドが A のセクションに表示されます。詳しくは、データのサブグループについてを参照してください。)

    • XML データソースの詳細要素を作成するには、Document オブジェクトの createElement メソッドを呼び出します。 createElement メソッドに要素の名前を表す文字列値を渡します。戻り値を Element にキャストします。次に、root オブジェクトの appendChild メソッドを呼び出してルート要素に詳細要素を追加することで、詳細要素オブジェクトを引数として渡します。 詳細要素に追加される XML 要素は、フォームの動的な部分に対応します。次のコード行に、このアプリケーションロジックを示します。

       Element detail = (Element)document.createElement("detail");  root.appendChild(detail);

    • 詳細要素に属する子要素を作成するには、 Document オブジェクトの createElement メソッドを呼び出して、要素の名前を表す文字列値を渡します。 戻り値を Element にキャストします。次に、 子要素の値を設定するには、appendChild メソッドを使用して、 Document オブジェクトの createTextNode メソッドを引数として渡します。 子要素の値として表示される文字列値を指定します。最後に、詳細要素の appendChild メソッドを呼び出して子要素を詳細要素に追加することで、子要素オブジェクトを引数として渡します。 次のコード行に、このアプリケーションロジックを示します。

       Element txtPartNum = (Element)document.createElement("txtPartNum");  txtPartNum.appendChild(document.createTextNode("00010-100"));  detail.appendChild(txtPartNum);

    • 詳細要素に追加するすべての XML 要素に対して、最後のサブ手順を繰り返します。発注書フォームの入力に使用する XML データソースを適切に作成するには、詳細要素に次の XML 要素を追加する必要があります。 txtDescriptionnumQty、および numUnitPrice

    • フォームの事前入力に使用されるすべてのデータ項目に対して、最後の 2 つのサブ手順を繰り返します。

  3. XML データソースの変換

    • javax.xml.transform.Transformer オブジェクトを作成するには、javax.xml.transform.Transformer オブジェクトの静的 newInstance メソッドを呼び出します。
    • Transformer オブジェクトを作成するには、TransformerFactory オブジェクトの newTransformer メソッドを呼び出します。
    • コンストラクタを使用して ByteArrayOutputStream オブジェクトを作成します。
    • javax.xml.transform.dom.DOMSource オブジェクトを作成するには、コンストラクターを使用して、手順 1 で作成した org.w3c.dom.Document オブジェクトを渡します。
    • javax.xml.transform.dom.DOMSource オブジェクトを作成するには、コンストラクタを使用して、ByteArrayOutputStream オブジェクトを渡します。
    • Java ByteArrayOutputStream オブジェクトを設定するには、javax.xml.transform.Transformer オブジェクトの transform メソッドを呼び出して、javax.xml.transform.dom.DOMSource オブジェクト及び javax.xml.transform.stream.StreamResult オブジェクトを渡します。
    • バイト配列を作成し、 バイト配列に ByteArrayOutputStream オブジェクトのサイズを割り当てます。
    • ByteArrayOutputStream オブジェクトの toByteArray メソッドを呼び出して、バイト配列に入力します。
    • コンストラクターを使用して BLOB オブジェクトを作成し、setBinaryData メソッドを呼び出して、バイト配列を渡します。
  4. 事前入力されたフォームをレンダリング

    FormsService オブジェクトの renderPDFForm メソッドを呼び出して、次の値を渡します。

    • ファイル名拡張子を含んだフォームデザイン名を指定する文字列値。
    • フォームに結合するデータを含む BLOB オブジェクト。 手順 1 と 2 で作成した BLOB オブジェクトを使用していることを必ず確認してください。
    • 実行時オプションを保存する PDFFormRenderSpecc オブジェクト。詳しくは、「AEM Forms のデータ統合」を参照してください。
    • Forms サービスで必要な URI 値を格納する URLSpec オブジェクト。
    • 添付ファイルを保存する java.util.HashMap オブジェクト。 これはオプションのパラメーターで、 フォームにファイルを添付しない場合に、nullを指定します。
    • メソッドによって設定される空の com.adobe.idp.services.holders.BLOBHolder オブジェクト。これは、レンダリングされた PDF フォームを保存するために使用されます。
    • メソッドによって設定される空の javax.xml.rpc.holders.LongHolder オブジェクト。(この引数は、フォームのページ数を保存します)。
    • メソッドによって設定される空の javax.xml.rpc.holders.StringHolder オブジェクト。(この引数はロケール値を格納します)。
    • この操作の結果を格納する空の com.adobe.idp.services.holders.FormsResultHolder オブジェクト。

    renderPDFForm メソッドは、最後の引数値で渡される com.adobe.idp.services.holders.FormsResultHolder オブジェクトに、クライアント Web ブラウザーに書き込む必要のあるフォームデータストリームを設定します。

    • com.adobe.idp.services.holders.FormsResultHolder オブジェクトの value データメンバーの値を取得して FormResult オブジェクトを作成します。
    • FormsResult オブジェクトの getOutputContent メソッドを呼び出して、フォームデータを含む BLOB オブジェクト を作成します。
    • getContentType メソッドを呼び出して、BLOB オブジェクトのコンテンツタイプを取得します。
    • setContentType メソッドを呼び出して BLOB のコンテンツタイプを渡すことによって、javax.servlet.http.HttpServletResponse オブジェクトのコンテンツタイプを設定します。
    • javax.servlet.http.HttpServletResponse オブジェクトの getOutputStream メソッドを呼び出して、クライアント web ブラウザーにフォームデータストリームを書き込むのに使用する javax.servlet.ServletOutputStream オブジェクトを作成します。
    • バイト配列を作成し、BLOB オブジェクトの getBinaryData メソッドを呼び出してそのバイト配列にデータを入力します。このタスクは、FormsResult オブジェクトの内容をバイト配列に割り当てます。
    • javax.servlet.http.HttpServletResponse オブジェクトの write メソッドを呼び出して、フォームデータストリームをクライアント web ブラウザーに送信します。バイト配列を write メソッドに渡します。
    メモ

    renderPDFForm メソッドによって、最後の引数値として渡される com.adobe.idp.services.holders.FormsResultHolder オブジェクトに、クライアント web ブラウザーに書き込む必要があるフォームデータストリームが入力されます。

関連トピック

Base64 エンコーディングを使用した AEM Forms の呼び出し

このページ