AEM 6.5 における Assets リポジトリの再構築

AEM 6.5 におけるリポジトリの再構築ページで説明しているように、AEM 6.5 にアップグレードする場合は、このページを参考に、AEM Assets ソリューションに影響を与えるリポジトリ変更に伴う作業量を評価する必要があります。一部の変更は AEM 6.5 アップグレードプロセス中に作業が必要ですが、それ以外は今後のアップグレードまで延期できます。

6.5 へのアップグレード時におこなう変更

今後のアップグレードまでにおこなう変更

6.5 へのアップグレード時におこなう変更

その他

以前の場所 /etc/dam/jobs
新しい場所 /var/dam/jobs
再構築の手引き

カスタムコードがこの場所に依存している(コードがこのパスに明示的に依存している)場合は、アップグレード前に、新しい場所を使用するようにコードを更新する必要があります。JCR 内の特定パスへの依存を減らすために Java API が利用可能な場合は、Java API を使用することをお勧めします。

クライアントがダウンロードする zip ファイルを一時的に保存するための場所。クライアントがアセットのダウンロードを要求するので、更新する必要はありません。新しい場所にファイルが生成されます。

備考 該当なし

今後のアップグレードまでにおこなう変更

アセット/コレクションイベントのメール通知テンプレート

以前の場所 /etc/notification/email/default
新しい場所

/libs/settings/dam/notification

/apps/settings/dam/notification

再構築の手引き

メールテンプレートが顧客によって変更されている場合は、新しいリポジトリ構造に合わせるために以下の操作を実行します。

  1. /libs/settings/dam/notification メールテンプレートを /etc/notification/email/default から /apps/settings/notification/email/default にコピーする必要があります。
    1. コピー先が /apps にあるので、この変更は SCM に保存されます。
  2. /etc/dam/notification/email/default フォルダー内のメールテンプレートを移動したら、このフォルダーを削除します。
    1. /etc/notification/email/default 内のメールテンプレートが更新されていない場合は、このフォルダーを削除してかまいません。インストールされた AEM 4 の一部として元のメールテンプレートが /libs/settings/notification/email/default に存在するからです。
備考 該当なし

従来のアセット共有デザイン

以前の場所 /etc/designs/assetshare
新しい場所

/libs/settings/wcm/designs/assetshare

/apps/settings/wcm/designs/assetshare

再構築の手引き

SCM で管理されており、実行時にデザインダイアログから書き込まれていないデザインについては、以下の操作を実行して最新のモデルに合わせます。

  1. デザインを以前の場所から /apps 内の新しい場所にコピーします。
  2. allowProxy = true を使用して、デザイン内の CSS、JavaScript、静的リソースをクライアントライブラリに変換します。
  3. AEM/DAM 管理/アセット共有ページ/ページのプロパティ/詳細タブ/デザインフィールドを使用して、cq:designPath プロパティで以前の場所への参照を更新します。
  4. 以前の場所を参照しているすべてのページを更新して、新しいクライアントライブラリカテゴリを使用するようにします。それには、ページの実装コードを更新する必要があります。
  5. Dispatcher ルールを更新して、/etc.clientlibs/ プロキシサーブレット経由でクライアントライブラリを提供できるようにします。

SCM で管理されておらず、実行時にデザインダイアログで変更されるデザインの場合は、オーサリング可能なデザインを /etc から移動しないでください。

備考 該当なし

アセットダウンロード電子メール通知テンプレート

以前の場所 /etc/dam/workflow/notification/email/downloadasset
新しい場所

/libs/settings/dam/workflownotification/email/downloadasset

/apps/settings/dam/workflownotification/email/downloadasset

再構築の手引き

メールテンプレート(downloadasset または transientworkflowcompleted)が変更されている場合は、以下の手順に従って新しい構造に合わせます。

  1. 更新されたメールテンプレートを /etc/dam/workflow/notification/email/downloadasset から /apps/settings/dam/workflow/notification/email/downloadasset にコピーします。
    1. コピー先が /apps にあるので、この変更は SCM に保存されます。
  2. /etc/dam/workflow/notification/email/downloadasset フォルダー内のメールテンプレートを移動したら、このフォルダーを削除します。
    1. /etc 内のメールテンプレートが更新されていない場合は、このフォルダーを削除してかまいません。インストールされた AEM 6.4 の一部として元のメールテンプレートが /libs/settings/dam/workflownotification/email/downloadasset に存在するからです。
備考 /conf/global/settings/dam/workflownotification/email/downloadasset がルックアップ対象として技術的にサポートされている間は(通常の Sling CAConfig ルックアップでは /apps より優先されますが、/etc の方が優先されます)、テンプレートを /conf/global/settings/dam/workflownotification/email/downloadasset に格納することもできます。ただし、電子メールテンプレートを容易に編集できる実行時 UI がないので、これはお勧めできません。

サンプル DRM ライセンス

以前の場所 /etc/dam/drm/licenses/
新しい場所 /libs/settings/dam/drm
再構築の手引き 該当なし
備考 該当なし
以前の場所 /etc/dam/adhocassetshare
新しい場所

/libs/settings/dam/adhocassetshare

/apps/settings/dam/adhocassetshare

再構築の手引き

メールテンプレートが顧客によって変更されている場合は、新しいリポジトリ構造に合わせるために以下を実行します。

  1. 更新されたメールテンプレートを /etc/dam/adhocassetshare から /apps/settings/dam/adhocassetshare にコピーします。
    1. コピー先が /apps にあるので、この変更は SCM に保存されます。
  2. /etc/dam/adhocassetshare フォルダー内のメールテンプレートを移動したら、このフォルダーを削除します。
    1. /etc 内のメールテンプレートが更新されていない場合は、このフォルダーを削除してかまいません。インストールされた AEM 6.4 の一部として元のメールテンプレートが /libs/settings/dam/adhocassetshare に存在するからです。
備考 /conf/global/settings/dam/adhocassetshare がルックアップ対象として技術的にサポートされている間は(通常の Sling CAConfig ルックアップでは /apps より優先されますが、/etc の方が優先されます)、テンプレートを /conf/global/settings/dam/adhocassetshare に格納することもできます。ただし、メールテンプレートを容易に編集できる実行時 UI がないので、これはお勧めできません。

InDesign ワークフロースクリプト

以前の場所 /etc/dam/indesign/scripts
新しい場所

/libs/settings/dam/indesign

/apps/settings/dam/indesign

再構築の手引き

新しいリポジトリ構造に合わせるには:

  1. すべてのカスタムスクリプトまたは変更済みスクリプトを /etc/dam/indesign/scripts から /apps/settings/dam/indesign/scripts
    にコピーします。
    1. AEM に用意されている未変更のスクリプトは、AEM 6.5 では /libs/settings から利用できるので、新規または変更済みのスクリプトのみコピーします。
  2. メディア抽出プロセスワークフローステップを使用するすべてのワークフローモデルを探し、以下の操作を実行します。
    1. ワークフローステップのインスタンスごとに、config のパスを更新して、 /apps/settings/dam/indesign/scripts または /libs/settings/dam/indesign/scripts(該当する場合)内の適切なスクリプトを明示的に指すようにします。
  3. /etc/dam/indesign/scripts を完全に削除します。
備考 カスタマイズしたスクリプトは、コードの格納先である /apps 内に格納することをお勧めします。

ビデオトランスコーディング設定

以前の場所 /etc/dam/video
新しい場所

/libs/settings/dam/video

/apps/settings/dam/video

再構築の手引き

必要に応じて、プロジェクトレベルのカスタマイズを、対応する /apps または /conf パスに移動(切り取って貼り付け)する必要があります。

AEM 6.4 のリポジトリ構造に合わせるには:

  1. 変更されたビデオ設定を /etc/dam/video からコピーし、次の場所に貼り付けます: /apps/settings/dam/video
  2. 削除 /etc/dam/video
備考 該当なし

ビューアプリセット設定

以前の場所 /etc/dam/presets/viewer
新しい場所

/libs/settings/dam/dm/presets/viewer

/conf/global/settings/dam/dm/presets/viewer

再構築の手引き

既製のビューアプリセットの場合は、新しい場所でのみ使用できます。

カスタムビューアプリセットの場合:

  • 移行スクリプトを実行して、ノードを /etc から /conf に移動する必要があります。スクリプトの URL は https://serveraddress:serverport/libs/settings/dam/dm/presets.migratedmcontent.json です。
  • または、設定を編集できます。編集した設定は新しい場所に自動保存されます。

なお、/conf を指すようにコピー URL や埋め込みコードを調整する必要はありません。/etc への既存のリクエストは、/conf 内の適切なコンテンツに再ルーティングされます。

備考 該当なし

その他

以前の場所

/etc/clientlibs/foundation/asseteditor

/etc/clientlibs/foundation/assetshare

/etc/clientlibs/foundation/assetinsights

新しい場所 /libs/dam/clientlibs
再構築の手引き

/libs 内の新しいリソースを指すようにすべての参照を調整します。それには、/etc.clientlibs/ を使用してプロキシプレフィックスを許可します。

最後に、移行した clientlibs のフォルダーを / / から削除して、クリーンアップをおこないます。 /etc/clientlibs/foundation/

備考 該当なし

このページ