レターとインタラクティブ通信の後処理

最終更新日: 2024-02-16

後処理

エージェントは、レターとインタラクティブ通信に対して後処理ワークフローを関連付け、実行できます。 実行する後処理は、レターテンプレートのプロパティビューで選択できます。 最終レターを電子メールで送信、印刷、FAX、またはアーカイブする後処理を設定できます。

後処理

後処理をレターとインタラクティブ通信に関連付けるには、まず後処理を設定する必要があります。送信済みのレターに対しては、次の 2 つのタイプのワークフローが実行できます。

  1. Forms Workflow: AEM Forms on JEE のプロセス管理ワークフローです。Forms Workflow の設定手順。

  2. AEM Workflow: AEM Workflow は、送信済みレターに対する後処理として使用することもできます。AEM Workflow の設定手順。

Forms のワークフロー

  1. AEM で次の URL を使用して、ご使用のサーバーの Adobe Experience Manager web コンソール設定を開きます:https://<server>:<port>/<contextpath>/system/console/configMgr

    Config Manager

  2. このページで AEM Forms Client SDK Configuration を探し、それをクリックして展開します。

  3. サーバーの URL で、AEM Forms on JEE サーバーの名前とログインの詳細を入力し、「保存」をクリックします。

    Livecycle サーバーの名前を入力します。

  4. ユーザー名とパスワードを指定します。

  5. sun.util.calendar がファイアウォールのデシリアライゼーション設定に追加されていることを確認します。

    デシリアライゼーションファイアウォール設定に移動し、パッケージ接頭辞の許可リスト登録済みクラスに sun.util.calendar を追加します。

  6. これで、サーバーのマッピングが行われ、レターの作成時に、AEM Forms on JEE 内の後処理が AEM ユーザーインターフェイスで使用できるようになります。

    リスト表示された後処理を使ってレター画面を作成します

  7. 処理/サービスを認証するには、処理の名前をコピーし、Adobe Experience Manager Web Console Configurations ページ/AEM Forms Client SDK Configuration に戻ってこのプロセスを新しいサービスとして追加します。

    例えば、レターのプロパティページのドロップダウンに、処理の名前が Forms Workflow -> ValidCCPostProcess/SaveXML として表示されている場合は、サービス名を ValidCCPostProcess/SaveXML として追加します。

  8. 後処理にAEM Forms on JEE ワークフローを使用するには、必要なパラメーターと出力を設定します。 パラメーターのデフォルト値を以下に示します。

    Adobe Experience Manager web コンソール設定ページの「Correspondence Management の設定」に移動して、以下のパラメーターを設定します。

    1. inPDFDoc(PDF ドキュメントパラメーター): PDF ドキュメントを入力とします。この入力はレンダリングされたレターを入力として含みます。示されたパラメーター名は設定可能です。これらのパラメーター名は、「設定」の「Correspondence Management の設定」で編集することができます。
    2. inXMLDoc(XML データパラメーター): XML ドキュメントを入力とします。この入力には、XML 形式でユーザーが入力したデータが含まれます。
    3. inXDPDoc(XDP ドキュメントパラメーター): XML ドキュメントを入力とします。この入力には、基になるレイアウト(XDP)が含まれます。
    4. inAttachmentDocs(添付ドキュメントパラメーター): リスト入力パラメーター。この入力には、すべての添付ファイルが入力として含まれます。
    5. redirectURL(リダイレクト URL 出力): リダイレクト先の URL を示す出力タイプ。

    フォームワークフローには、PDFドキュメントパラメーターまたは XML データパラメーターのどちらかが、入力として指定された名前と同じ名前を持つ必要があります Correspondence Management 設定. これは、後処理ドロップダウンにプロセスがリスト表示されるために必要です。

パブリッシュインスタンスでの設定

  1. https://localhost:publishport/aem/forms にログインします。
  2. に移動します。 レター をクリックして、パブリッシュインスタンスで使用可能な発行済みレターを表示します。
  3. AEM DS の設定を行います。 詳しくは、 AEM DS 設定の指定.
メモ

Forms または AEM ワークフローを使用する場合は、パブリッシュサーバーから送信する前に、DS 設定サービスを設定する必要があります。これを設定しないと、フォームの送信が失敗します。

レターインスタンスの取得

保存されたレターインスタンスは、LetterInstanceService で定義された次の API を使用して、レターインスタンスの取得やレターインスタンスの削除など、さらに操作できます。

サーバーサイド API 操作名 説明

公開 LetterInstanceVO

getLetterInstance(String letterInstanceId)

ICCException をスロー

getLetterInstance 指定したレターインスタンスを取得します
公開ボイド deleteLetterInstance(String letterInstanceId) が ICCException; をスロー deleteLetterInstance 指定したレターインスタンスを削除しました
リスト getAllLetterInstances(Query) が ICCException; をスロー getAllLetterInstances この API は、入力クエリパラメーターに基づいてレターインスタンスを取得します。すべてのレターインスタンスを取得するには、クエリパラメーターをヌルとして渡すことができます。
公開ブール letterInstanceExists(String letterInstanceName) が ICCException; をスロー letterInstanceExists レターインスタンスが指定した名前で存在するかどうかをチェックします

後処理とレターの関連付け

CCR ユーザーインターフェイスで、次の手順を実行して後処理をレターに関連付けます。

  1. レターの上にマウスポインターを置いて、「 プロパティを表示.
  2. 編集」を選択します。
  3. 基本プロパティで、後処理ドロップダウンを使用して、レターに関連付ける後処理を選択します。 AEM関連の後処理とForms関連の後処理の両方がドロップダウンに表示されます。
  4. 保存」を選択します。
  5. 「後処理」でのレターの設定が完了したら、レターを発行します。必要な場合は、パブリッシュインスタンスの AEM DS 設定サービスで、処理 URL を指定します。これにより、後処理が処理インスタンス上で実行されるようになります。

ドラフトレターインスタンスを再読み込み 

ドラフトレターインスタンスは、次の URL を使用してユーザーインターフェイスで再読み込みできます。

https://<server>:<port>/aem/forms/

createcorrespondence.html?/random=$&cmLetterInstanceId=$<LetterInstanceId>

LetterInstaceID:送信されたレターインスタンスの一意の ID。

ドラフトレターの保存について詳しくは、 ドラフトの保存とレターインスタンスの送信.

このページ