一般設定の更新

最終更新日: 2023-12-07

AEM Formsアプリの一般設定では、添付ファイルの取得、オフラインモード、ランディング画面、デフォルトカテゴリ、自動保存頻度などの設定を指定できます。

アプリの一般設定の更新

アプリケーションをAEM Formsサーバーと同期すると、すべてのフォームと定義済みのタスクがモバイルデバイスにダウンロードされます。

アプリケーションが同期されたときに、デフォルトの AEM Forms アプリケーションソリューションは、各フォームに関連付けられた添付ファイルをダウンロードすることはありません。

「一般」タブで、ダウンロードの添付ファイルや、オフラインモード、ランディング画面、自動保存、および同期設定変更してください。アプリケーションのホーム画面を変更できます。

設定画面の「一般」タブに移動します。

  1. [ 設定 ] 画面に移動するには、[ ホーム ] 画面の左上隅にある [ メニュー ] ボタンを選択し、[ 選択 ] をクリックします。 設定.

  2. 設定画面で、「一般」タブを選択します。

    AEM Forms アプリケーションの一般設定

    一般設定画面

    メモ

    オプションは、モバイルデバイスごとに異なる表示になる場合があります。

一般設定

アプリの設定では、次の項目を変更することができます。

  • タスク添付ファイルを取得: 各タスクがアプリケーションにダウンロードされたときに、関連の添付ファイルをダウンロードするかどうかを指定します。

  • オフラインモード:AEM Formsアプリのオフラインサービスを有効または無効にします。 詳しくは、 オフラインモードでの作業 」を参照してください。

  • ランディング画面: アプリケーションの開始場所(ホーム画面)を設定します。選択可能なオプション:

    • フォーム
    • タスク
    • お気に入り
  • デフォルトのカテゴリ:ホーム画面に表示するフォームのカテゴリを選択できます。 「すべて」を選択すると、すべてのフォームがホーム画面に表示されます。 カテゴリは、アプリケーションに読み込まれたフォームに基づいて設定されます。 フォームは、AEM Forms サーバーで指定したフォーム設定に基づいてアプリケーション内で使用できます。

  • 自動保存頻度モバイルアプリケーションがフォームデータをローカルに保存する頻度を設定します。

  • 同期頻度:オンラインモードで AEM Forms サーバーとモバイルアプリケーションが同期される頻度を設定します。
    ローカルデータの消去:デバイス上からデータベースを消去します。この中には、すべてのユーザやファイルストレージ用の設定とローカルデータが含まれます。

メモ

キャッシュを消去すると、直後にアプリからログアウトされます。

ただし、キャッシュ消去の操作を確認するプロンプトが表示されます。

このページ