コメントコンポーネントの拡張

デフォルトのコンポーネントを拡張する目的は、特定の用途に合わせてコンポーネントの外観や動作を変更することです。

コンポーネントへのパスは一意で、デフォルトのコンポーネントをスーパーリソースタイプとして参照します。 コンポーネントオーバーレイのグローバルスコープと比較して、スコープが制限されるので、リスクが少なくなります。

メモ

オーバーレイされるコンポーネントの拡張はサポートされていません。

例えば、AEMインスタンスの1つのサイトで、コメントコンポーネントのヘッダーが別の外観で表示され、別のサイトではデフォルト表示で表示される必要があるとします。 デフォルトのコメントをオーバーレイする(すべてのインスタンスのコメントコンポーネントを変更)の代わりに、様々なサイトで使用できる複数のコメントコンポーネントを確実に使用する方がよい解決策です。

この解決策を実装するには、既存のコンポーネントを拡張(上書き)する新しいコンポーネントを作成し、Handlebars スクリプトを変更します。新しいコメントを使用するサイトの領域は拡張されたものを使用できますが、デフォルトの外観を使用するサイトは影響を受けません。

コメントコンポーネントは実際には、コメントシステムを構成する 2 つのコンポーネントのうちの 1 つです。したがって、次の2つのコンポーネントを拡張できます。comments​と​comment。 編集するスクリプトは、comment​コンポーネントのheader.hbsファイル内にあり、親の​comments​コンポーネント(コメントシステム)は、作成者が実際にページに追加するものです。

コメントを拡張するには、次の手順を実行する必要があります。

  1. コンポーネントの作成
  2. サンプルページへのコメントの追加
  3. 外観の変更

このページ