e コマースの概要

AEM の汎用 e コマースは、標準インストールの一部として提供され、e コマースフレームワークのすべての機能を含みます。

アドビでは、2 つのバージョンの Commerce 統合フレームワークを提供しています。

CIF オンプレミス CIF クラウド
サポートされている AEM バージョン AEM オンプレミスまたは AMS 6.x AEM AMS 6.4 および 6.5
バックエンド - AEM、Java
- モノリシック統合、ビルド前のマッピング(テンプレート)
- JCR リポジトリ
- Adobe Commerce
- Java と JavaScript
- JCR リポジトリにコマースデータが保存されていません
フロントエンド AEM サーバー側によってページをレンダリング 混在型ページアプリケーション(ハイブリッドレンダリング)
製品カタログ - AEMでの製品インポーター、エディター、キャッシュ
- AEM またはプロキシページを含む通常のカタログ
- 製品のインポートなし
- 汎用テンプレート
- コネクタを介したオンデマンドデータ
スケーラビリティ - 数億個までの製品をサポート可能(ユースケースによって異なる)
- Dispatcher でのキャッシュ
- ボリューム制限なし
- Dispatcher または CDN でのキャッシュ
標準化されたデータモデル 不可 はい、Adobe Commerce GraphQL スキーマ
入手方法 はい:
- SAP Commerce Cloud(AEM 6.4 と Hybris 5(デフォルト)をサポートし、Hybris 4 との互換性を維持するように更新された拡張機能)
- Salesforce Commerce Cloud(AEM 6.4 をサポートする オープンソースコネクタ)
GitHub を通じてオープンソースで使用可能。
Adobe Commerce(2.3.2(デフォルト)をサポートし、2.3.1 との互換性 )。
用途 限定的なユースケース:小規模で静的なカタログのインポートが必要なシナリオの場合 ほとんどの使用例で好ましいソリューション

その他の実装のデプロイ

AEMおよびAdobe Commerceの場合は、 AEMとAdobe Commerceの統合 の使用 コマース統合フレームワーク.

メモ

e コマースの実装の概念および管理について詳しくは、e コマースの管理を参照してください。

e コマース機能の拡張について詳しくは、e コマースの開発を参照してください。

このページ