プロジェクト

プロジェクトを使用すると、リソースを 1 つのエンティティにグループ化できます。共通の共有環境で、プロジェクトを簡単に管理できます。プロジェクトに関連付けることができるリソースのタイプは、AEM ではタイルと呼ばれます。タイルには、プロジェクトとチームの情報、アセット、ワークフローおよびその他のタイプの情報を含めることができます。詳しくは、プロジェクトタイルを参照してください。

ユーザーは、次の操作を実行できます。

  • プロジェクトの作成と削除
  • プロジェクトへのコンテンツフォルダーおよびアセットフォルダーの関連付け
  • コンテンツリンクのプロジェクトからの削除

アクセス要件

プロジェクトは標準の AEM 機能なので、追加の設定は必要ありません。

ただし、プロジェクト内のユーザーがプロジェクトを使用中(プロジェクトの作成、タスクやワークフローの作成、チームの表示と管理など)に、他のユーザーやグループを表示するには、/home/users および /home/groups に対する読み取りアクセス権が必要です。

これを行う最も簡単な方法は、projects-users グループに /home/users および /home/groups に対する読み取りアクセス権を付与することです。

プロジェクトコンソール

プロジェクトコンソールで、AEM 内のプロジェクトにアクセスし、管理します。

プロジェクトコンソール

プロジェクトコンソールは、AEM の他のコンソールと同様に、個々のプロジェクトに対して様々なアクションを実行したり、プロジェクトの表示を調整したりできます。

モードを切り替え

パネルセレクターを使用して、コンソールモードを切り替えることができます。

パネルセレクター

コンテンツのみ

コンソールを開く際のデフォルトのモードは「コンテンツのみ」です。このモードでは、すべてのプロジェクトが表示されます。

タイムライン

タイムライン表示を使用すると、個々のプロジェクトを選択し、そのプロジェクトに関するアクティビティを表示できます。パネルセレクターまたはホットキー alt+1 を使用して、このビューに変更します。

タイムラインモード

表示を切り替え

表示セレクターを使用して、プロジェクトを大きなタイル(デフォルト)で表示するか、リストとして表示するか、カレンダーで表示するかを変更できます。

表示

表示をフィルター

フィルターを使用して、すべてのプロジェクトを表示するか、アクティブなプロジェクトのみ表示するかを切り替えることができます。

フィルター

プロジェクトの選択と表示

プロジェクトタイルにカーソルを置き、チェックマークをクリックして、プロジェクトを選択します。

プロジェクトの詳細を表示するには、プロジェクトをクリックし、ドリルダウンして詳細を表示します。

新規プロジェクトの作成

作成」をクリックして、新しいプロジェクトを作成します。

プロジェクトタイル

プロジェクトは、一緒に管理したい様々なタイプの情報で構成されています。この情報は、様々な​タイル​で表されます。

以下のタイルをプロジェクトと関連付けることができます。

任意のタイルの右上にあるドロップダウンメニューをクリックして、タイルにデータを追加します。

タイルの右下にある省略記号ボタンをクリックすると、関連付けられたコンソールでタイルのデータが開きます。

Assets

Assets タイルでは、特定のプロジェクトに使用するすべてのアセットを集めることができます。

アセットタイル

タイル内でアセットを直接アップロードします。

アセットコレクション

アセットと同様に、アセットコレクションをプロジェクトに直接追加できます。アセット内にコレクションを定義します。

アセットコレクションタイル

コレクションを追加するには、「コレクションを追加」をクリックし、適切なコレクションをリストから選択します。

エクスペリエンス

エクスペリエンス​タイルでは、モバイルアプリ、web サイトまたは公開物をプロジェクトに追加できます。

エクスペリエンスタイル

アイコンは、エクスペリエンスの種類を表します。

  • Web サイト
  • モバイルアプリケーション

リンク​タイルでは、外部リンクとプロジェクトを関連付けることができます。

リンクタイル

リンクにわかりやすい名前を付けたり、サムネールを変更したりできます。

プロジェクト情報

プロジェクト情報​タイルには、説明、プロジェクトステータス(非アクティブまたはアクティブ)、期限、メンバーなどプロジェクトに関する一般的な情報が表示されます。さらに、メインのプロジェクトページに表示されるプロジェクトサムネールを追加できます。

プロジェクト情報タイル

翻訳ジョブ

翻訳ジョブ​タイルでは、翻訳を開始したり、翻訳のステータスを表示したりもできます。

翻訳ジョブタイル

翻訳を設定するには、翻訳プロジェクトの作成ドキュメントを参照してください。

チーム

このタイルでは、プロジェクトチームのメンバーを指定できます。編集時に、チームメンバー名を入力して、ユーザーの役割を割り当てることができます。

チームタイル

チームメンバーをチームに追加したり、チームから削除したりできます。さらに、チームメンバーに割り当てられているユーザーの役割を編集できます。

ランディングページ

ランディングページタイルでは、新しいランディングページをリクエストできます​

ランディングページタイル

このワークフローについては、ランディングページを作成ワークフロードキュメントで説明します。

電子メール

電子メール​タイルを使用して、電子メールのリクエストを管理できます。このタイルで、電子メールをリクエスト​ワークフローを開始します。

電子メールタイル

詳しくは、電子メールをリクエストワークフローで説明します。

ワークフロー

プロジェクトのワークフローを開始できます。動作しているワークフローがある場合、そのステータスが​ワークフロー​タイルに表示されます。

ワークフロータイル

作成するプロジェクトに応じて、使用できるワークフローは異なります。

使用可能なワークフローについては、プロジェクトワークフローの操作で説明します。

ローンチ

ローンチ​タイルには、ローンチをリクエストワークフローを使用してリクエストされたローンチがすべて表示されます。

ローンチタイル

タスク

タスクを使用して、ワークフローを含む、すべてのプロジェクト関連タスクのステータスを監視できます。タスクについて詳しくは、タスクの操作を参照してください。

タスクタイル

プロジェクトテンプレート

テンプレートは、プロジェクトを開始するための基礎となります。AEM には、これらの標準プロジェクトテンプレートが用意されています。

  • メディアプロジェクト - メディア関連のアクティビティ用の参照サンプルプロジェクトです。メディア関連の複数のプロジェクトの役割が含まれ、メディアコンテンツに関連するワークフローも含まれます。
  • 製品写真撮影プロジェクト - e コマース関連製品写真を管理するためのリファレンスサンプルです。
  • 翻訳プロジェクト - 翻訳関連アクティビティを管理するためのリファレンスサンプルです。基本的な役割と翻訳を管理するためのワークフローが含まれます。
  • 単純なプロジェクト - 他のカテゴリに当てはまらないプロジェクトのリファレンスサンプルです。これには、3 つの基本的な役割と 4 つの一般的な AEM ワークフローが含まれます。

選択したテンプレートに基づいて、提供されるユーザーの役割やワークフローなど、プロジェクト内で使用できる様々なオプションがあります。

プロジェクト内のユーザーの役割

プロジェクトテンプレートでは様々なユーザーの役割を定義します。これらの役割は、主に次の目的に使用されます。

  1. 権限:ユーザーの役割は、監視者、編集者、所有者という 3 つのカテゴリのいずれかに分類されます。例えば、フォトグラファーまたはコピーライターは、編集者と同じ特権を持ちます。権限によって、ユーザーがプロジェクト内のコンテンツに何を行えるかが決定されます。
  2. ワークフロー:ワークフローによって、プロジェクト内のタスクに誰を割り当てるかが決定されます。タスクは、プロジェクトの役割と関連付けることができます。例えば、タスクをフォトグラファーに割り当てると、フォトグラファーの役割を持つすべてのチームメンバーがそのタスクを取得します。

セキュリティと権限を管理するために、すべてのプロジェクトが以下のデフォルトの役割をサポートしています。

役割 説明 権限 グループのメンバーシップ
監視者 この役割のユーザーは、プロジェクトステータスなどプロジェクトの詳細を表示できます。 プロジェクトに対する読み取り専用権限 workflow-users グループ
編集者 この役割のユーザーは、プロジェクトのコンテンツをアップロードおよび編集できます。 プロジェクト、関連メタデータ、関連アセットに対する読み取りおよび書き込みアクセス権。
撮影リストや撮影した写真をアップロードし、アセットをレビューおよび承認するための特権
/etc/commerce
に対する書き込み権限。特定のプロジェクトに対する変更権限
workflow-users グループ
所有者 この役割のユーザーは、プロジェクトの作成、プロジェクトでの作業の開始、承認されたアセットの実稼動フォルダーへの移動を行うことができます。所有者は、プロジェクト内のその他すべてのタスクも表示および実行できます。 /etc/commerce に対する書き込み権限 dam-users グループ(プロジェクトを作成可能)、
project-administrators グループ(プロジェクトの作成とアセットの移動が可能)

クリエイティブプロジェクトの場合、追加の役割(フォトグラファーなど)もあります。これらの役割を使用して、特定のプロジェクト用のカスタム役割を派生させることができます。

グループの自動作成

プロジェクトを作成してユーザーを様々な役割に追加すると、関連する権限を管理するため、プロジェクトに関連付けられたグループが自動的に作成されます。

例えば、「Myproject」というプロジェクトには Myproject OwnersMyproject EditorsMyproject Observers という 3 つのグループがあります。

プロジェクトを削除する場合、プロジェクトの削除時に適切なオプション を選択した場合にのみ、これらのグループが削除されます。管理者は、ツールセキュリティグループ​から、手動でグループを削除することもできます。

その他のリソース

プロジェクトの使用の詳細については、次の追加ドキュメントを参照してください。

このページ