多言語のアセット

Adobe Experience Manager Assets を使用して、アセット(バイナリ、メタデータ、タグを含む)に対する翻訳ワークフローを自動化し、多言語プロジェクトで使用するために他の言語のアセットを生成できます。

翻訳ワークフローを自動化するには、翻訳サービスプロバイダーをExperience Managerと統合し、アセットを複数の言語に翻訳するためのプロジェクトを作成します。 Experience Manager では人間による翻訳と機械翻訳のワークフローがサポートされます。

人による翻訳:翻訳済みのアセットが返され、Experience Managerに読み込まれます。 翻訳プロバイダーがExperience Managerと統合されている場合、アセットはExperience Managerと翻訳プロバイダーの間で自動的に送信されます。

機械翻訳:機械翻訳サービスでは、アセットのメタデータとタグがすぐに翻訳されます。

アセットの翻訳には次の手順が含まれます。

  1. Experience Managerと翻訳サービスプロバイダーの接続
  2. 翻訳統合フレームワーク設定の作成
  3. 翻訳するアセットの準備
  4. フォルダーへの翻訳クラウドサービスの適用
  5. 翻訳プロジェクトの作成

翻訳サービスプロバイダーにExperience Managerと統合するコネクタがない場合は、代替プロセスを使用します。

コンテンツフラグメント用の翻訳プロジェクトを作成するも参照してください。

このページ