Experience Manager DAMのファイルのチェックインとチェックアウト

Adobe Experience Manager Assets では、編集のためにアセットをチェックアウトし、変更終了後にアセットをチェックインすることができます。アセットをチェックアウトした後は、その人だけがアセットを編集、注釈、公開、移動、削除できるようになります。アセットのチェックアウトでアセットにロックがかかることになります。アセットをAssetsに再度チェックインするまで、他のユーザーはアセットに対してこれらの操作を実行できません。 ただし、ロックされたアセットのメタデータは変更することができます。

アセットをチェックイン/チェックアウトするには、アセットへの書き込み権限が必要です。

この機能は、複数のユーザーが複数のチームにわたるワークフローの編集で共同作業をする際、ある作成者が変更した内容を他のユーザーが書き換えてしまう事態を防ぐのに役立ちます。

アセットのチェックアウト

  1. Assetsユーザーインターフェイスで、チェックアウトするアセットを選択します。 チェックアウトしたいアセットは複数選択することもできます。

  2. ツールバーの「チェックアウト」をクリックします。 「Checkout」オプションが「Checkin」に変わります。
    チェックアウトしたアセットを他のユーザーが編集できるかを確認するには、別のユーザーとしてログインします。チェックアウトしたアセットのサムネールにロック記号が表示されます。

    chlimage_1-471

    アセットを選択します。アセットを編集、注釈、公開または削除するためのオプションがツールバーに一切表示されないことを確認します。

    chlimage_1-472

    ロックされたアセットのメタデータを編集するには、「プロパティを表示」をクリックします。

  3. 編集」をクリックして、アセットを編集モードで開きます。

    chlimage_1-473

  4. アセットを編集して、変更内容を保存します。例えば、画像を切り抜いて保存します。

    chlimage_1-474

    アセットに注釈を付けたり公開したりすることもできます。

  5. Assetsインターフェイスで編集したアセットを選択し、ツールバーの「チェックイン」をクリックします。 変更されたアセットはAssetsにチェックインされ、他のユーザーが編集できるようになります。

強制チェックイン

管理者は他のユーザーがチェックアウトしたアセットをチェックインできます。

  1. 管理者として Assets にログインします。

  2. Assetsユーザーインターフェイスから、他のユーザーがチェックアウトした1つ以上のアセットを選択します。

    chlimage_1-476

  3. ツールバーの「ロックを解除」をクリックします。 アセットはチェックインされ、他のユーザーが編集できるようになります。

ベストプラクティスと制限事項

  • チェックアウトされたアセットファイルを含む​フォルダー​を削除できます。 フォルダーを削除する前に、ユーザーがチェックアウトしているデジタルアセットがないことを確認します。

このページ