デジタルアセットに透かしをつける

バージョン 記事リンク
AEM as a Cloud Service ここをクリックしてください
AEM 6.5 この記事
AEM 6.4 ここをクリックしてください

Adobe Experience Manager Assets では、アセットにデジタル透かしを追加し、ユーザーがアセットの信頼性や著作権の所有権を確認できるようにします。Experience Manager Assets では、PNG および JPEG ファイル上の透かしとしてテキストを使用できます。

アセットに透かしを適用できるようにするには、DAM アセットの更新 ワークフローに透かしステップを追加してください。

  1. Experience Manager ユーザインターフェイスにアクセスし、ツールワークフローモデル​に移動してください。

  2. ワークフローモデル​ページで、DAM アセットの更新​ワークフローを選択し、編集​をクリックしてください。

  3. サイドパネルから、透かしを追加​ステップを DAM アセットの更新ワークフローにドラッグしてください。

    透かしを追加手順をドラッグして、DAM アセットの更新ワークフローに追加

    図:透かしを追加手順をドラッグして DAM アセットの更新ワークフローに追加します。

    メモ

    透かしを追加手順は、サムネールを処理手順の前の任意の位置に配置します。

  4. 透かしを追加」ステップを開いて、プロパティを表示します。

  5. 引数」タブで、各種フィールド(テキスト、フォントタイプ、サイズ、カラー、位置、向きなど)に有効な値を指定します。変更を確定するには、「完了」をクリックしてください。

    以下に「透かしを追加」ステップの引数を指定Assets

    図:Assetsにおいて「透かしを追加」ステップの引数を指定

  6. 透かしステップを追加した DAM アセットの更新​ワークフローを保存します。

  7. Assets ユーザーインターフェイスから、サンプルアセットをアップロードします。透かしがフォントサイズやカラーなどと共に、上記手順で設定した位置に表示されます。

プログラムで、あるいは動的情報を使用して PDF ドキュメントに透かしを付ける場合は、 Experience Manager ドキュメントサービスの使用を検討してください。

ヒントと制限事項

  • テキストベースの透かしのみがサポートされます。 透かしプロセスの追加を作成する際には画像をアップロードできますが、画像は透かしとして使用されません。
  • 透かしの使用は、PNG ファイルと JPEG ファイルのみでサポートされています。 その他のアセット形式には透かしは入りません。

このページ