PDF/A ドキュメントの操作

DocConverter サービスについて

DocConverter サービスは、PDF ドキュメントを PDA/A ドキュメントに変換できます。このサービスを使用して、次のタスクを実行できます。

メモ

DocConverter サービスについて詳しくは、AEM Forms のサービスリファレンスを参照してください。

ドキュメントを PDF/A ドキュメントに変換する

DocConverter サービスを使用して、PDF ドキュメントを PDF/A ドキュメントに変換できます。PDF/A はドキュメントの内容を長期保存するためのアーカイブ形式なので、すべてのフォントが埋め込まれ、ファイルが非圧縮になります。変換の結果、PDF/A ドキュメントのサイズは通常、標準の PDF ドキュメントより大きくなります。なお、PDF/A ドキュメントには、オーディオおよびビデオのコンテンツは含まれません。PDF ドキュメントを PDF/A ドキュメントに変換する前に、PDF ドキュメントが PDF/A ドキュメントでないことを確認してください。

PDF/A-1 仕様は、A と B という 2 つの適合レベルで構成されます。2 つの主な違いは、論理構造(アクセシビリティ)のサポートに関するもので、適合レベル B には必要ありません。いずれの適合レベルであれ、PDF/A-1 では、生成された PDF/A ドキュメントにすべてのフォントが埋め込まれます。現時点では、検証(および変換)では PDF/A-1b のみがサポートされています。

PDF/A は PDFドキュメントをアーカイブするときの標準ですが、標準の PDF ドキュメントが会社の要件に適合している場合は、アーカイブに PDF/A を使用する必要はありません。PDF/A 規格の目的は、長期的なアーカイブやドキュメントの保存のニーズに対応できる PDF ファイルを構築することです。

メモ

DocConverter サービスについて詳しくは、AEM Forms のサービスリファレンスを参照してください。

手順の概要

PDF ドキュメントを PDF/A ドキュメントに変換するには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトファイルを含めます。
  2. DocConvert クライアントの作成
  3. PDF ドキュメントを参照して、PDF/A ドキュメントに変換します。
  4. トラッキング情報を設定します。
  5. ドキュメントを変換します。
  6. PDF/A ドキュメントを保存します。

プロジェクトファイルを含める

必要なファイルを開発プロジェクトに含めます。Java を使用してクライアントアプリケーションを作成する場合は、必要な JAR ファイルを含めます。Web サービスを使用している場合は、必ずプロキシファイルを含めてください。

次の JAR ファイルをプロジェクトのクラスパスに追加する必要があります。

  • adobe-livecycle-client.jar
  • adobe-usermanager-client.jar
  • adobe-docconverter-client.jar
  • adobe-utilities.jar(AEM Forms が JBoss Application Server にデプロイされている場合に必要)
  • jbossall-client.jar(AEM Forms が JBoss Application Server にデプロイされている場合に必要)

これらの JAR ファイルの場所については、AEM Forms Java ライブラリファイルを含めるを参照してください。

DocConvert クライアントの作成

DocConverter の操作をプログラム的に実行する前に、DocConverter クライアントを作成する必要があります。Java API を使用する場合は、DocConverterServiceClient オブジェクトを作成します。DocConverter web サービス API を使用している場合は、 DocConverterServiceService オブジェクトを作成してください。

PDF ドキュメントを参照して PDF/A ドキュメントに変換

PDF ドキュメントを取得して PDF/A ドキュメントに変換します。Acrobat フォームなどの PDF ドキュメントを PDF/A ドキュメントに変換しようとすると、例外が発生します。

トラッキング情報を設定

変換処理中に追跡する情報の量を指定する実行時オプションを設定できます。つまり、PDF ドキュメントを PDF/A ドキュメントに変換する際に DocConverter サービスが追跡する情報の量を 9 つの異なるレベルで設定できます。

ドキュメントを変換

DocConverter サービスクライアントを作成して、変換する PDF ドキュメントを参照しながら、追跡すべき情報の量を指定する実行時オプションを設定した後、PDF ドキュメントをPDF/A ドキュメントに変換できます。

PDF/A ドキュメントを保存

PDF/A ドキュメントは、PDF ファイルとして保存できます。

関連トピック

Java API を使用して、PDF/A ドキュメントにドキュメントを変換する

Web サービス API を使用してドキュメントを PDF/A ドキュメントに変換

AEM Forms Java ライブラリファイルを含める

接続プロパティの設定

プログラムによる PDF/A の適合性の判断

Java API を使用して、PDF/A ドキュメントにドキュメントを変換する

Java API を使用して、PDF ドキュメントを PDF/A ドキュメントに変換します。

  1. プロジェクトファイルを含める

    adobe-docconverter-client.jar などのクライアント JAR ファイルを Java プロジェクトのクラスパスに含めます。

  2. DocConvert クライアントの作成

    • 接続プロパティが格納された ServiceClientFactory オブジェクトを作成します。
    • コンストラクターを使用し、DocConverterServiceClient オブジェクトを渡すことによって、ServiceClientFactory オブジェクトを作成します。
  3. PDF ドキュメントを参照して PDF/A ドキュメントに変換

    • コンストラクターを使用して、変換ファイルの場所を指定する文字列値を渡すことによって、変換する PDF ドキュメントを表す java.io.FileInputStream オブジェクトを作成します。
    • コンストラクターを使用し、java.io.FileInputStream オブジェクトを渡すことによって、com.adobe.idp.Document オブジェクトを作成します。
  4. トラッキング情報を設定

    • コンストラクターを使用して PDFAConversionOptionSpec オブジェクトを作成します。
    • PDFAConversionOptionSpec オブジェクトの setLogLevel メソッドを呼び出し、トラッキングレベルを指定する文字列値を渡すことにより、情報のトラッキングレベルを設定します。 例えば、値 FINE を渡します。様々な値について詳しくは、AEM Forms API リファレンスsetLogLevel メソッドを参照してください。
  5. ドキュメントを変換

    DocConverterServiceClient オブジェクトの toPDFA メソッドを呼び出して次の値を渡すことによって、PDF ドキュメントを PDF/A ドキュメントに変換します。

    • 変換する PDF ドキュメントを含む com.adobe.idp.Document オブジェクト
    • トラッキング情報を指定する PDFAConversionOptionSpec オブジェクト

    toPDFA メソッドは、PDF/A ドキュメントを含む PDFAConversionResult オブジェクトを返します。

  6. PDF/A ドキュメントを保存

    • PDFAConversionResult オブジェクトの getPDFA メソッドを呼び出して PDF/A ドキュメントを取得します。 このメソッドは、PDF/A ドキュメントを表す com.adobe.idp.Document オブジェクトを返します。
    • PDF/A ファイルを表す java.io.File オブジェクトを作成します。ファイル名の拡張子が .pdf であることを確認します。
    • com.adobe.idp.Document オブジェクトの copyToFile メソッドを呼び出して java.io.File オブジェクトを渡すことによって、PDF/A データをファイルに入力します。

関連トピック

PDF/A ドキュメントの操作

クイックスタート(SOAP モード):Java API を使用した PDF/A ドキュメントへのドキュメントの変換

AEM Forms Java ライブラリファイルを含める

接続プロパティの設定

Web サービス API を使用してドキュメントを PDF/A ドキュメントに変換

DocConverter API(web サービス)を使用して、PDF ドキュメントを PDF/A ドキュメントに変換します。

  1. プロジェクトファイルを含める

    • DocConverter WSDL を使用する Microsoft .NET クライアントアセンブリを作成します。
    • Microsoft .NET クライアントアセンブリを参照します。
  2. DocConvert クライアントの作成

    • Microsoft .NET クライアントアセンブリを使用して、デフォルトのコンストラクターを呼び出すことによって DocConverterServiceService オブジェクトを作成します。
    • DocConverterServiceService オブジェクトの Credentials データメンバーを、ユーザー名とパスワードの値を指定する System.Net.NetworkCredential 値で設定します。
  3. PDF ドキュメントを参照して PDF/A ドキュメントに変換

    • コンストラクターを使用して BLOB オブジェクトを作成します。BLOB オブジェクトは、PDF/A ドキュメントに変換される PDF ドキュメントを格納するために使用されます。
    • コンストラクターを呼び出し、暗号化する PDF ドキュメントのファイルの場所とファイルを開くモードを表す文字列値を渡して、System.IO.FileStream オブジェクトを作成します。
    • System.IO.FileStream オブジェクトの内容を格納するバイト配列を作成します。System.IO.FileStream オブジェクトの Length プロパティを取得することで、バイト配列のサイズを決定できます。
    • バイト配列にストリームデータを入力するには、System.IO.FileStream オブジェクトの Read メソッドを呼び出し、バイト配列、開始位置、読み取るストリーム長を渡します。
    • binaryData プロパティにバイト配列のコンテンツを割り当てることによって BLOB オブジェクトを設定します。
  4. トラッキング情報を設定

    • コンストラクターを使用して PDFAConversionOptionSpec オブジェクトを作成します。
    • トラッキングレベルを指定する値を PDFAConversionOptionSpec オブジェクトの logLevel データメンバーに割り当てることによって、情報トラッキングレベルを設定します。例えば、FINE の値をこのデータメンバーに割り当てます。
  5. ドキュメントを変換

    DocConverterServiceService オブジェクトの toPDFA メソッドを呼び出して次の値を渡すことによって、PDF ドキュメントを PDF/A ドキュメントに変換します。

    • 変換する PDF ドキュメントを含む BLOB オブジェクト
    • トラッキング情報を指定する PDFAConversionOptionSpec オブジェクト

    toPDFA メソッドは、PDF/A ドキュメントを含む PDFAConversionResult オブジェクトを返します。

  6. PDF/A ドキュメントを保存

    • PDF/A ドキュメントを格納する BLOB オブジェクトを作成するには、PDFAConversionResult オブジェクトの PDFADocument データメンバーの値を取得します。
    • PDFAConversionResult オブジェクトを使用して、返された BLOB オブジェクトの内容を格納するバイト配列を作成します。 BLOB オブジェクトの binaryData データメンバーの値を取得して、バイト配列に入力します。
    • System.IO.FileStream オブジェクトを作成するには、そのコンストラクターを呼び出し、PDF/A ドキュメントのファイルの場所を表す文字列の値を渡します。
    • コンストラクターを使用して System.IO.FileStream オブジェクトを渡すことにより、System.IO.BinaryWriter オブジェクトを作成します。
    • System.IO.BinaryWriter オブジェクトの Write メソッドを呼び出して、バイト配列を渡すことによって、バイト配列の内容を PDF ファイルに書き込みます。

関連トピック

PDF/A ドキュメントの操作

Base64 エンコーディングを使用した AEM Forms の呼び出し

Base64 エンコーディングを使用する .NET クライアントアセンブリの作成

プログラムによる PDF/A 準拠の判別

DocConverter サービスを使用すると、PDF ドキュメントが PDF/A に準拠しているかどうかを検証できます。PDF/A ドキュメントの詳細と、PDF ドキュメントを PDF/A ドキュメントに変換する方法について詳しくは、ドキュメントを PDF/A ドキュメントに変換を参照してください。

メモ

DocConverter サービスについて詳しくは、AEM Forms のサービスリファレンスを参照してください。

手順の概要

PDF/A 準拠を判断するには、次の手順に従います。

  1. プロジェクトファイルを含めます。
  2. DocConvert クライアントの作成
  3. PDF/A の準拠を判断するために使用される PDF ドキュメントを参照してください。
  4. 実行時オプションを設定します。
  5. PDF ドキュメントに関する情報を取得します。

プロジェクトファイルを含める

必要なファイルを開発プロジェクトに含めます。Java を使用してクライアントアプリケーションを作成する場合は、必要な JAR ファイルを含めます。Web サービスを使用している場合は、必ずプロキシファイルを含めてください。

次の JAR ファイルをプロジェクトのクラスパスに追加する必要があります。

  • adobe-livecycle-client.jar
  • adobe-usermanager-client.jar
  • adobe-docconverter-client.jar
  • adobe-utilities.jar(AEM Forms が JBoss Application Server にデプロイされている場合に必要)
  • jbossall-client.jar(AEM Forms が JBoss Application Server にデプロイされている場合に必要)

これらの JAR ファイルの場所については、AEM Forms Java ライブラリファイルを含めるを参照してください。

DocConvert クライアントの作成

DocConverter の操作をプログラム的に実行する前に、DocConverter クライアントを作成する必要があります。Java API を使用する場合は、DocConverterServiceClient オブジェクトを作成します。DocConverter web サービス API を使用する場合は、DocConverterServiceService オブジェクトを作成してください。

PDF/A 準拠の判断に使用する PDFドキュメントを参照

PDFドキュメントが PDF/ A に準拠しているかどうかを判断するには、PDFドキュメントを参照し、DocConverter サービスに渡す必要があります。

実行時オプションの設定

変換処理中に追跡する情報の量を指定する実行時オプションを設定できます。つまり、PDF ドキュメントを PDF/A ドキュメントに変換する際に DocConverter サービスが追跡する情報の量を 9 つの異なるレベルで設定できます。

PDF ドキュメントに関する情報を取得

DocConverter サービスクライアントを作成し、PDFドキュメントを参照し、実行時オプションを設定した後、PDFドキュメントが PDF/A 準拠のドキュメントであるかどうかを判断できます。

関連トピック

Java API を使用して PDF/A の準拠を判断

Web サービス API を使用した PDF/A の準拠の判断

AEM Forms Java ライブラリファイルを含める

接続プロパティの設定

Java API を使用して PDF/A の準拠を判断

Java API を使用して PDF/A の準拠を判断します。

  1. プロジェクトファイルを含める

    adobe-docconverter-client.jar などのクライアント JAR ファイルを Java プロジェクトのクラスパスに含めます。

  2. DocConvert クライアントの作成

    • 接続プロパティが格納された ServiceClientFactory オブジェクトを作成します。
    • コンストラクターを使用して ServiceClientFactory オブジェクトを渡し、DocConverterServiceClient オブジェクトを作成します。
  3. PDF/A 準拠の判断に使用する PDF ドキュメントを参照

    • コンストラクターを使用して、PDF ファイルの場所を指定する文字列値を渡すことにより、変換するインタラクティブ PDF ドキュメントを表す java.io.FileInputStream オブジェクトを作成します。
    • コンストラクターを使用して java.io.FileInputStream オブジェクトを渡すことにより、com.adobe.idp.Document オブジェクトを作成します。
  4. 実行時オプションを設定

    • コンストラクターを使用して PDFAValidationOptionSpec オブジェクトを作成します。
    • PDFAValidationOptionSpec オブジェクトの setCompliance メソッドを呼び出し、PDFAValidationOptionSpec.Compliance.PDFA_1B を渡して、準拠レベルを設定します。
    • PDFAValidationOptionSpec オブジェクトの setLogLevel メソッドを呼び出し、トラッキングレベルを指定する文字列値を渡して、情報トラッキングレベルを指定します。例えば、値 FINE を渡します。様々な値について詳しくは、 AEM Forms API リファレンスsetLogLevel メソッドを参照してください。
  5. PDF ドキュメントに関する情報を取得

    DocConverterServiceClient オブジェクトの isPDFA メソッドを呼び出し、次の値を渡して、PDF/A 準拠を判断します。

    • PDF ドキュメントが含まれる com.adobe.idp.Document オブジェクト。
    • 実行時オプションを指定する PDFAValidationOptionSpec オブジェクト。

    この isPDFA メソッドは、この操作の結果を格納する PDFAValidationResult オブジェクトを返します。

関連トピック

PDF/A ドキュメントの操作

クイックスタート(SOAP モード):Java API を使用した PDF/A の適合性の判断

AEM Forms Java ライブラリファイルを含める

接続プロパティの設定

Web サービス API を使用した PDF/A の準拠の判断

Web サービス API を使用して、PDF/A の準拠を判断します。

  1. プロジェクトファイルを含める

    • DocConverter WSDL を使用する Microsoft .NET クライアントアセンブリを作成します。
    • Microsoft .NET クライアントアセンブリを参照します。
  2. DocConvert クライアントの作成

    • Microsoft .NET クライアントアセンブリを使用して、デフォルトのコンストラクターを呼び出すことによって DocConverterServiceService オブジェクトを作成します。
    • DocConverterServiceService オブジェクトの Credentials データメンバーを、System.Net.NetworkCredential ユーザー名とパスワードの値を指定する値を使用して設定します。
  3. PDF/A 準拠の判断に使用する PDF ドキュメントを参照

    • BLOB オブジェクトのコンストラクタを使用して、このオブジェクトを作成します。BLOB オブジェクトは、PDF/A ドキュメントに変換される PDF ドキュメントを格納するために使用されます。
    • コンストラクターを呼び出し、暗号化する PDF ドキュメントのファイルの場所とファイルを開くモードを表す文字列値を渡して、System.IO.FileStream オブジェクトを作成します。
    • System.IO.FileStream オブジェクトの内容を格納するバイト配列を作成します。System.IO.FileStream オブジェクトの Length プロパティを取得することで、バイト配列のサイズを決定できます。
    • バイト配列にストリームデータを入力するには、System.IO.FileStream オブジェクトの Read メソッドを呼び出し、バイト配列、開始位置、読み取るストリーム長を渡します。
    • BLOB オブジェクトに入力するには、オブジェクトの binaryData プロパティに、バイト配列の内容を入力します。
  4. 実行時オプションを設定

    • PDFAValidationOptionSpec オブジェクトを作成するには、このオブジェクトのコンストラクタを使用します。
    • コンプライアンスレベルを設定するには、 PDFAValidationOptionSpec オブジェクトの、PDFAConversionOptionSpec_Compliance.PDFA_1B の値を持つ compliance データメンバーを渡します。
    • 情報トラッキングレベルを設定するには、 PDFAValidationOptionSpec オブジェクトの、PDFAValidationOptionSpec_ResultLevel.DETAILED の値を持つ resultLevel データメンバーを渡します。
  5. PDF ドキュメントに関する情報を取得

    DocConverterServiceService オブジェクトの isPDFA メソッドを呼び出し、次の値を渡して、PDF/A 準拠を判断します。

    • PDF ドキュメントを含む BLOB オブジェクト。
    • 実行時オプションを含む PDFAValidationOptionSpec オブジェクト。

    この isPDFA メソッドは、この操作の結果を格納する PDFAValidationResult オブジェクトを返します。

関連トピック

PDF/A ドキュメントの操作

Base64 エンコーディングを使用した AEM Forms の呼び出し

Base64 エンコーディングを使用する .NET クライアントアセンブリの作成

このページ