タスクまたはフォームをドラフトとして保存する

「ドラフトとして保存」オプションでは、関連フォームに記入済みのデータとともに、タスクまたはフォームのスナップショットが保存されます。テンプレートからドラフトを作成することもできます。ドラフトはモバイルデバイスに保存され、今後取得できるように Adobe Experience Manager Forms サーバーと同期されます。

フォームを更新し、写真や手書きメモを使用してに注釈を付けることができます。 フォームの更新を続ける際は、ドラフトとして保存することをお勧めします。記入したフォームを後で送信する場合は、ドラフトとして保存しておくと便利です。

フォームポータルに保存したフォームに対して「ドラフトとして保存」機能を有効にするには、「HTML5フォームをドラフトとして保存する 」を参照してください。
アダプティブフォームの送信を設定するには、「ドラフトと送信コンポーネント」を参照してください。 (AEM Forms JEEサーバーと同期されたフォームに対しては無効です)。

ドラフトを作成するには、フォームを開き、「ドラフトとして保存ドラフトとして保存」をタップします。 ドラフトの名前を入力して、「保存」をタップします。ドラフトは Drafts フォルダーに保存され、サーバーと同期されます。アプリケーションがオフラインの場合は、Outbox フォルダーに保存されます。

対応するフォームを後で更新した場合、変更内容はすぐに反映されます。AEM Forms アプリケーションを AEM Forms サーバーと同期すると、ドラフトが AEM Forms サーバーにアップロードされます。さらに、ドラフトは Outbox フォルダーから Tasks フォルダーか Drafts フォルダーに移動されます。その横には編集アイコンが表示されます。

複数のタスクやスタートポイントを使用しているときにタスクやスタートポイントを保存すると、ドラフトが保存されます。アプリケーションが AEM Forms サーバーと同期されるたびに、ドラフトがサーバー上に保存されます。これにより、最後に保存した日付と時刻のドラフトをいつでも回復できます。例えば、アプリケーションを再インストールするか、モバイルデバイスを変更する場合は、サーバーからドラフトをダウンロードできます。

ドラフトの削除

Drafts フォルダーにはすべてのドラフトが一覧表示されます。「ドラフトを削除」オプションを使用すると、ドラフトをモバイルデバイスとサーバーから完全に削除できます。

タスクから作成されたドラフトを削除するオプションは使用できません。タスクから作成されたドラフトを削除すると、タスクは中断されます。

ドラフトの破棄はオフラインモードとオンラインモードのいずれにおいても実行できます。オフラインモードでドラフトを破棄すると、サーバーとの接続が復元された後、ドラフトがサーバーから削除されます。

以下の手順を実行し、ドラフトを削除します。

  1. AEM Formsアプリで、Forms.​に移動します。
  2. 「検索」の横のドロップダウンから「ドラフト」を選択します。
  3. 編集アイコンedit-draft-appを持つフォームは、ドラフトを表します。 ドラフトの横にある水平省略記号をタップします。
  4. 水平省略記号をタップして表示されたオプションの一覧から、「ドラフトを削除」をタップします。

このページ