Adobe Target との統合の前提条件

AEM と Adobe Target の統合の一環として、Adobe Target を登録し、レプリケーションエージェントを設定して、パブリッシュノードでアクティビティ設定を保護する必要があります。

Adobe Target の登録

AEM と Adobe Target を統合するには、有効な Adobe Target アカウントが必要です。このアカウントには、少なくとも​承認者​レベルの権限が必要です。 Adobe Target に登録すると、クライアントコードを受け取ります。AEM を Adobe Target に接続するには、クライアントコードおよび Adobe Target のログイン名とパスワードが必要です。

クライアントコードは、Adobe Target サーバーを呼び出すときに Adobe Target の顧客アカウントを識別します。

メモ

統合を使用するには、Target チームによってご自身のアカウントも有効にされている必要があります。

そうでない場合は、Adobe Target カスタマーケアにご連絡ください。

Target レプリケーションエージェントの有効化

Test & Target レプリケーションエージェントを作成者インスタンス上で有効にする必要があります。AEM のインストールに nosamplecontent 実行モードを使用した場合、このレプリケーションエージェントはデフォルトでは有効になっていません。実稼動環境の保護に関する情報については、セキュリティチェックリストを参照してください。

  1. AEM のホームページで、ツール導入レプリケーション​をクリックまたはタップします。

  2. 作成者のエージェント」をクリックまたはタップします。

  3. Test & Target​レプリケーションエージェントをクリックまたはタップして、「編集」をクリックまたはタップします。

  4. 「有効」オプションをオンにして、「OK」をクリックまたはタップします。

    メモ

    Test & Target レプリケーションエージェントを設定する場合、URI は、「トランスポート」タブでデフォルトで tnt:/// に設定されています。このURIを​https://admin.testandtarget.omniture.com​に置き換えないでください。

    tnt:/// を使用して接続をテストしようとすると、エラーが発生することに注意してください。このURIは内部でのみ使用され、接続のテスト​では使用できないので、この動作は期待どおりです。

アクティビティ設定ノードの保護

権限のないユーザーがアクセスできないように、パブリッシュインスタンスでアクティビティ設定ノード cq:ActivitySettings を保護する必要があります。アクティビティ設定ノードには、Adobe Target へのアクティビティの同期を処理するサービスのみがアクセスできるようにしてください。

cq:ActivitySettings​ノードは、CRXDE Liteの/content/campaigns/*nameofbrand** アクティビティjcr:contentノード; *例えば/content/campaign/we-retail/master/myactivity/jcr:content/cq:ActivitySettingsの下で使用できます。 このノードは、コンポーネントのターゲティング後にのみ作成されます。

アクティビティのjcr:contentの下の​cq:ActivitySettings​ノードは、次のACLで保護されています。

  • すべて拒否(全員)
  • "target-activity-authors" に jcr:read,rep:write を許可(デフォルトで作成者はこのグループのメンバー)
  • "targetservice" に jcr:read,rep:write を許可

これらの設定により、権限を持たないユーザーがノードプロパティにアクセスできなくなります。オーサーインスタンスとパブリッシュインスタンスの両方で同じ ACL を使用します。詳しくは、ユーザー管理とセキュリティを参照してください。

AEM Externalizer の設定

Adobe Target でアクティビティを編集する場合、AEM オーサーノードで URL を変更していなければ、URL は localhost を指しています。

AEM Externalizer を設定するには:

  1. OSGi Webコンソール(https://<server>:<port>/system/console/configMgr.)に移動します。

  2. Day CQ Link Externalizer を探し、オーサーノードのドメインを入力します。

    chlimage_1-120

このページ