Video360 player

ビデオプレーヤーは、ビューア内でビデオコンテンツが表示される矩形の領域です。

再生中のビデオのサイズがビデオプレーヤーのサイズと一致しない場合、ビデオコンテンツはビデオプレーヤーの矩形の表示領域内に中央配置されます。

以下に示すCSSクラスセレクターで、ビデオプレーヤーの外観を制御します。

.s7video360viewer .s7video360player

ビデオプレーヤーのCSSプロパティ

background-color

メイン表示の背景色。

システムがビデオを再生できない場合に表示されるエラーメッセージをローカライズできます。

ユーザインターフェイス要素のローカライゼーションを参照してください。

例 — サイズが512 x 288ピクセルのビデオプレーヤーを持つビデオビューアを設定するには、次のように記述します。

.s7video360viewer .s7video360player{ 
background-color: transparent; 
}

バッファリングアニメーションの外観は、以下のCSSクラスセレクターを使用して制御します。

.s7video360viewer .s7video360player .s7waiticon

待機アイコンのCSSプロパティ

CSSプロパティ

説明

width

アニメーションアイコンの幅。

height

アニメーションアイコンの高さ。

margin-left

アニメーションアイコンの左マージン。通常はアイコンの幅の半分を引いた値。

margin-top

アニメーションアイコンの上余白。通常はアイコンの高さの半分を引いた値です。

background-image

ノブのアートワーク。

例 — 幅が101ピクセル、高さが29ピクセルのバッファリングアニメーションを設定するには、次のように記述します。

.s7video360viewer .s7video360player .s7waiticon { 
 width: 101px; 
 height: 29px; 
 margin-left: -50px; 
 margin-top: -15px; 
 background-image: url(images/sdk/busyicon.gif); 
}

このページ