Twitter共有

Twitter共有ツールは、ソーシャル共有パネルに追加されるボタンで構成されます。 ボタンをクリックすると、ソーシャルサービスで提供される共有ダイアログボックスにリダイレクトされます。 ボタンの位置は、ソーシャル共有ツールで完全に管理されます。

Twitter共有ボタンの外観は、以下のCSSクラスセレクターを使用して制御します。

.s7video360viewer .s7twittershare

Twitter共有ツールのCSSプロパティ

width

ボタンの幅。

height

ボタンの高さ。

background-image

ボタンの特定の状態に対して表示する画像。

background-position

CSSスプライトを使用する場合、アートワークスプライト内の位置。

CSSスプライトを参照してください。

メモ

このボタンでは、state属性セレクターがサポートされます。このセレクターは、ボタンの状態ごとに異なるスキンを適用するのに使用できます。

CSSクラスにdisplay:none CSSプロパティを設定すると、ソーシャル共有パネルからボタンを削除できます。

ボタンのツールチップをローカライズできます。 ユーザインターフェイス要素のローカライゼーションを参照してください。

- 28 x 28ピクセルで、ボタンの4つの状態ごとに異なる画像を表示するTwitter共有ボタンを設定するには、次のように記述します。

.s7video360viewer .s7twittershare { 
 width:28px; 
 height:28px; 
} 
.s7video360viewer .s7twittershare[state='up'] { 
background-image:url(images/v2/TwitterShare_dark_up.png); 
} 
.s7video360viewer .s7twittershare[state='over'] { 
background-image:url(images/v2/TwitterShare_dark_over.png); 
} 
.s7video360viewer .s7twittershare[state='down'] { 
background-image:url(images/v2/TwitterShare_dark_down.png); 
} 
.s7video360viewer .s7twittershare[state='disabled'] { 
background-image:url(images/v2/TwitterShare_dark_disabled.png); 
}

このページ