前のスライド

このボタンをクリックまたはタップすると、カルーセルセットの前のスライドに戻ります。 このボタンは、タッチデバイスには表示されません。 CSSを使用して、このボタンのサイズ設定、スキン表示および配置を行うことができます。

メインビューア領域のCSSプロパティ

ボタンの外観は、以下のCSSクラスセレクターを使用して制御します。

.s7carouselviewer .s7panleftbutton

CSSプロパティ

説明

トップ

ビューアの境界線の上からの位置。

ビューアの境界線の右側からの位置。

ビューアの境界線の左からの位置。

ビューアの境界線の下端からの位置。

width

ボタンの幅。

height

ボタンの高さ。

background-image

ボタンの特定の状態に対して表示される画像。

background-position

CSSスプライトを使用する場合の、アートワークスプライト内の位置。

CSSスプライトも参照してください。

cursor

カーソルタイプ。

メモ

このボタンでは、 state属性セレクターがサポートされます。このセレクターは、ボタンの状態ごとに異なるスキンを適用するのに使用できます。

ボタンのツールチップはローカライズできます。 詳しくは、 ユーザーインターフェイス要素のローカライゼーションを参照してください。

例 — 60 x 60ピクセルで、ビューアの左の境界線から10ピクセルの位置に配置し、垂直方向に中央揃えで配置し、ボタンの4つの状態ごとに異なる画像を表示する前のスライドボタンを設定します。

.s7carouselviewer .s7panleftbutton { 
 bottom: 50%; 
 left: 10px; 
 background-size:60px; 
 cursor: pointer; 
 } 
.s7carouselviewer.s7mouseinput .s7panleftbutton { 
 width:60px; 
 height:60px; 
 margin-bottom: -20px; 
} 
.s7carouselviewer.s7mouseinput .s7panleftbutton[state]  { 
    background-image: url(../../viewers/s7viewers/html5/images/v2/CarouselDotsLeftButton_dark_sprite.png); 
} 
 
.s7carouselviewer.s7mouseinput .s7panleftbutton[state='up'] { background-position: -0px -60px;  } 
.s7carouselviewer.s7mouseinput .s7panleftbutton[state='over'] { background-position: -0px -0px; } 
.s7carouselviewer.s7mouseinput .s7panleftbutton[state='down'] { background-position: -0px -0px; } 
.s7carouselviewer.s7mouseinput .s7panleftbutton[state='disabled'] { background-position: -0px -60px; }

このページ