イベントコールバック

ビューアでは、Web ページでビューアの初期化処理または実行時の動作の追跡に使用される JavaScript イベントコールバックがサポートされています。

コールバックハンドラーは、イベント名と対応するハンドラー関数を handlers プロパティを config ビューアのコンストラクター内の JSON オブジェクト。 または、 setHandlers() API メソッド。

サポートされるビューアイベントには、次のものがあります。

  • initComplete — ビューアの初期化が完了し、すべての内部コンポーネントが作成されたときにトリガーが発生し、 getComponent() API コールバックハンドラーは引数を取りません。

  • trackEvent - Adobe Analyticsなどのイベントトラッキングシステムで処理できるビューア内でイベントが発生するたびにトリガーされます。 コールバックハンドラーは次の引数を取ります。

    • objID {String} 現在は使用されていません。
    • compClass {String} 現在は使用されていません。
    • instName {String} イベントをトリガーしたビューア SDK コンポーネントのインスタンス名。
    • timeStamp {Number} イベントのタイムスタンプ。
    • eventInfo {String} イベントペイロード

関連トピック ZoomViewer および setHandlers.

このページ