ページラベルの管理

ビューアのユーザインターフェイスには、ページラベルが表示される場所が2つあります。サムネールモードと目次ドロップダウン

定義できるラベルには次の3つのタイプがあります。

  • 作成者がシンボルローカライゼーションメカニズムを使用して定義するラベル。
  • 作成者がバックエンド時に定義する、Dynamic Mediaクラシック内のラベル。
  • ビューアによって自動生成されるラベル。

シンボルベースのラベルは、MediaSet.LABEL_XX[_YY]SYMBOLとMediaSet.LABEL_DELIM SYMBOLを使用して定義されます。これらのSYMBOLは、ユーザインターフェイス要素のローカライゼーションで説明されています。 このようなラベルは、eCatalog見開き全体に対して定義できます。定義する場合は、短いシンボル構文(MediaSet.LABEL_XX)を使用する必要があります。 または、完全なシンボル構文(MediaSet.LABEL_XX_YY)を使用して、各ページに対して個別に指定します。

eCatalog見開きの両方のページにラベルを定義する場合、ビューアでは、MediaSet.LABEL_DELIM記号を使用してこれらのラベルが1つの文字列に連結されます。 シンボルベースのラベルは、バックエンドで定義されたラベルや、ビューアによって自動的に生成されたラベルよりも優先されます。

Dynamic Mediaクラシックで定義されたラベルは、個々のページ画像のUserDataレコードに保存されます。 シンボルベースのラベルと同じです。 eCatalog見開きの両方のページにラベルが定義されている場合、ランドスケープモードではMediaSet.LABEL_DELIM記号を使用してラベルが連結されます。 Dynamic Mediaクラシックのラベルは、自動生成されるラベルよりも優先されますが、シンボルベースのラベルによって上書きされます。

自動生成されるラベルは、eCatalog内のすべてのページに割り当てられる連番です。 シンボルベースのラベルが定義されているか、Dynamic Mediaクラシックのラベルが定義されている場合、自動的に生成されたラベルは、指定された見開きに対して無視されます。

目次では、showdefaultパラメーターを使用して、自動生成されるラベルの表示を無効にすることができます。

このページ