画像マップ

ISは、HTML画像マップの使用を簡略化するメカニズムを提供します。 ISのJAVAベースのビューアおよびFlashベースのビューアでも、画像マップのサポートは限定的です。

ソース画像マップは、catalog::Mapまたはmap=コマンドを介してISに提供され、処理されたマップは、req=mapコマンドを使用して取得されます。

画像マップは、1つ以上のHTML AREA要素で構成され、「<」と「>」で適切に区切られています。 catalog::Mapを介して指定した場合、すべてのピクセル座標値は、元の画像解像度で、(変更されていない)ソース画像の左上隅を基準とした相対位置にあると見なされます。 map=コマンドを使用して指定した場合、座標値は、レイヤーの左上隅を基準としたレイヤー座標と見なされます(rotate=extend=の後)。

メモ

現在、%座標は使用できないため、正しく処理されない場合があります。

ISは、各構成レイヤーのソース画像マップから、マップ座標に空間変換(拡大・縮小、回転など)を適用して合成画像マップを生成し、処理済みのレイヤーマップを適切なz順(前から後)、適切な位置にアセンブリします。

次のコマンドは、req=mapと組み合わせて(要求内で直接、カタログテンプレート経由、またはcatalog::Modifier文字列内で)提供する場合の画像マップ処理に使用します。

  • align=
  • wid=
  • hei=
  • scl=
  • crop=
  • flip=
  • rotate=
  • scale=
  • layer=
  • size=
  • extend=
  • origin=
  • pos=
  • anchor=
  • src=
  • map=

その他のコマンドはすべて、実際には無視されます。

AREASHAPE属性とCOORDS属性は、req=map要求の処理中に変更できます。AREA要素の他のすべての属性は、変更せずに渡されます。 ほとんどの場合、SHAPE値をDEFAULTからRECTに変更するか(これもCOORDS属性を追加します)、COORDS値を変更します。

処理中に空になるAREA要素はすべて削除されます。 マップがlayer=compに関連付けられている場合は、他のすべてのマップの背後に配置されます。 データは、1つ以上のHTML AREA要素としてテキスト形式で返されます。 空の返信文字列は、指定したオブジェクトの画像マップが存在しないことを示します。

レイヤーの透明度は、マップの処理には考慮されません。 完全に透明なレイヤーには、画像マップを関連付けることができます。 部分的に透明なレイヤーのマップは、透明な領域にクリップされません。

関連項目

map= , catalog::Map, HTML 4.01仕様

このページ