画像マップ

最終更新日: 2023-11-03
  • 作成対象:
  • Developer
    User

IS は、画像画像マップの使用を簡略化するHTMLを提供します。 IS の JAVA ベースおよびFlashベースのビューアでも、画像マップのサポートは制限されています。

ソース画像マップは、 catalog::Map または map= コマンドを実行すると、処理されたマップは req=map コマンドを使用します。

画像マップは、1 つ以上のHTMLAREA 要素で構成され、「<」と「>」で適切に区切られます。 catalog::Map を使用して指定した場合、すべてのピクセル座標値は元の画像解像度で、(未変更の)ソース画像の左上隅を基準とした相対値と見なされます。 次の方法で提供される場合: map= の場合、座標値は画層の左上隅を基準とした画層座標と見なされます ( rotate= および extend=) をクリックします。

メモ

現在、%座標は許可されていないので、正しく処理されない場合があります。

IS は、各構成レイヤのソースイメージマップから、マップ座標に空間変換(拡大・縮小、回転など)を適用し、処理されたレイヤマップを適切な z 順(前から後)に、適切な位置に組み立てて合成イメージマップを生成する。

画像マップの処理では、 req=map ( リクエスト内、カタログテンプレート経由、または catalog::Modifier 文字列 ):

  • align=
  • wid=
  • hei=
  • scl=
  • crop=
  • flip=
  • rotate=
  • scale=
  • layer=
  • size=
  • extend=
  • origin=
  • pos=
  • anchor=
  • src=
  • map=

その他のコマンドはすべて、事実上無視されます。

The SHAPE および COORDS の属性 AREA 処理中に変更される可能性がある req=map リクエスト、その他のすべての属性 AREA 要素は変更されずに渡されます。 ほとんどの場合、これには SHAPE 値: DEFAULT から RECT ( これはまた、 COORDS 属性 )、または COORDS 値。

任意 AREA 処理中に空になる要素は完全に削除されます。 マップが layer=comp 他の全ての地図の後ろに置かれています データは、1 つ以上のHTMLでテキスト形式で返されます AREA 要素。 空の返信文字列は、指定したオブジェクトに画像マップが存在しないことを示します。

マップの処理では、レイヤの透明度は考慮されません。 完全に透明なレイヤーには、画像マップが関連付けられた状態を保つことができます。 部分的に透明なレイヤのマップは、透明な領域にクリップされません。

関連項目

map= , catalog::Map, HTML4.01 の仕様

このページ